メタルジグのカラーで悩んだら 〜ジグパラの話〜


メタルジグって、各社様々な商品を出してて、釣具屋に行くたびに目移りしちゃいますよね。

 

 

「このカラー持ってない…」って考えてたら、際限なくジグが増えていきます。

 

ほんと、魚よりも釣り人の方がリアクションバイトしちゃってんじゃないかと(笑)

 

 

 

というわけで、今回は私なりのジグカラー選び方と、オススメのジグについて書いてみようかと。

 

 

スポンサードサーチ

私のジグカラー展開

私は、ナチュラルグローアピール変わり種を基準に5個程度のジグを持つようにしています。

 

性格の違うジグを5個くらいローテーションしてやれば、どれかは魚の目に止まるんじゃないかと思って。

時間帯や潮の濁り具合などを見ながら、色々と試していますよ。

 

 

ちなみに、あんまり大量に持ってても、頻繁に使うジグって決まってきますからね。

同じ重さだったら、持って4個か5個かな…と、個人的には思います。

 

 

 

オススメのジグは?

定番ですが、メジャークラフトの「ジグパラシリーズ」です。

中でも、イワシスペシャルカラーシリーズをオススメします(というか、個人的に好みです)。

 

 

オススメする理由① 全てをカバーするカラー展開

イワシスペシャルカラーには、ブルーイワシ、リアルイワシ、ピンクイワシ、ゼブラグローイワシ、キャンディイワシの5色がラインナップされているのですが、この5色があれば、ナチュラル系〜グロー系〜アピール系まで、広い範囲をしっかりとカバーすることができます。

 

 

 

オススメする理由② 5色展開でもう悩まない

イワシカラーシリーズは5色のみの展開となっていますが、「このシリーズで勝負する」と決めてしまえば、メタルジグ選びで悩むこともなくなるかと。

 

 

 

(全部ではないけど)私も使ってます

ここでオススメするからには、私も使ってますよ。

というか、私のメインルアーです。

 

 

 

 

 

まずはゼブラグローイワシ。

 

 

 

ナチュラル系カラーかつグローという、私の中では最強のジグで、私が持つ全ルアーの中でACE的存在です。

 

 

お守り的存在でもあります。

 

 

ダイソージグでボトムを探った後の第一投は、いつもこいつ。

 

初めて青物を釣ったのもこいつ。

 

キャスティングの時は「GO ACE!」と叫んでます。これは嘘です。

 

 

 

 

こちらはキャンディイワシ

 

ナチュラル系担当…かな。リアルイワシと悩みましたが、こちらの方が綺麗だったので(笑)

 

LSJロッド用の40gと、シーバスロッド用の20gを持ってます。

 

 

 

 

こいつはブルーイワシ

 

20gのみ所持。濃いめのブルーピンクといった感じでしょうか。

 

 

 

 

こちらはリアルイワシ

 

30gを持っていました…が、30gのジグを使わなくなったため、ルアー整理の際に手放しました。

 

 

 

………

……

…まあ、イワシスペシャル以外のジグパラシリーズも持ってるんですけどね(笑)

なんという矛盾。

手前のカタクチカラーはイワシスペシャルと合わせてスタメン入り。

ナチュラル系かつ変わり種として、イワシスペシャルからガラっと雰囲気を変えたい時に使います。

 

 

ゼブラグローパープルはタチウオ用。

 

 

ジグパラサーフは、(ピンクイワシが海に還ったから)派手系かつ変化球としてスタメン入り。

 

 

 

と、今回はメタルジグのお話でした。

 

ルアーってほんとに際限なく増えていきますからね。

 

自分なりに、コイツだ!っていうジグを探しましょう。

 

 

 

あ、なんだかんだジグパラは本当に良いですよ

 

お安いし、塗装は綺麗だし、コーティングはしっかりしてるし、綺麗に泳ぐし。

 

 

セミロングとかスローとか、いろいろな派生シリーズがありますが、まずはノーマルタイプ(ジグパラショート)を買うことをお勧めします。

 

 

 

というわけで、今回はこの辺で。

 

 

(マジで車の記事も書かないとな…)

 

 

 

では、アディオス(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。