ロッドインプレ 〜ボーダレスショートスペック 180L-T その2〜

スポンサーリンク




さて、ボーダレスショートスペックのお話の続き。

 

※前回はこちら⇨ インプレ ボーダレスショートスペック180L-T その1

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

使った感じを書いていくぞ

合わせるリールは?

私は、シマノ・ストラディックCI4+のC2000番を合わせてます。

 

 

ロッドがかなり軽量(65g)かつ短いため、軽めのリールを合わせるとバランス的にもGood。

 

 

 

 

持ち運び性は?

抜群に良い(笑)

 

ケースに入れていてもかなりコンパクトなんで、気軽に持ち運べます(*´∀`)

 

 

 

 

 

いろんなリグを投げてみたぞ

ジグヘッド+ワーム

このロッドでキャスティング可能なルアーウェイトは、0.8g〜21g

 

 

ということで、まずは軽いリグから。0.9gのジグヘッド+ワームを投げてまみす。

 

 

 

結果は…普通に飛びます。飛距離に不満はありません。

 

投げ心地はアジングロッドに似てるかなー。

 

 

 

あと、ロッドの感度の良好で、軽いリグを使っていても潮の流れの変化を感じられます。

 

 

 

 

次に、4gのジグヘッドでライトワインド。

当然ながら、普通に飛びます。

 

 

そして、ワインドの動作も問題なし。

 

チューブラーのメバリングロッドよりは張りがあるけど、アジングロッドほどパッツンじゃない。

 

そんな調子なんで、リグを跳ねさせる動作も快適♪~(´ε` )。

 

 

 

 

メタルジグ&メタルバイブ

写真が無い(;´∀`)

 

5gくらいのメタルジグが一番良く飛びますねー。

 

 

ただ、10gになると、やや「よっこらしょ」感が出てきます。

 

キャスティングスピードにティップの動きがついてこないというか。

※ゆっくり目のペンデュラムキャストで投げれば、結構な飛距離が出ますけどね。

 

 

 

あと、5gのメタルバイブをただ巻きしていても、手元までブルブル感がちゃんと伝わってきますよー。

 

 

 

 

重めのリグを

上限の20g前後は投げたことは無いんですが、15gのメタルジグを投げた感じだと、

 

「投げられする」

 

って感じですかね。

 

 

しゃくりなどのルアーアクションも厳しいですし(;´∀`)

 

 

まあ、メインになるルアーウェイトじゃないでしょうから、予想通りといえば予想通り。

 

 

 

15〜20gっていうのは、ルアーフィッシングというよりも、3号くらいの錘を使ったちょい投げへのキャパシティだと思っておいてもらえたらと。

※錘負荷も1〜3号ってなってますし。

 

 

 

 

エギ

写真がねぇなー。

 

 

ボーダレスということで、無限の汎用性を期待してエギも投げてみました。

 

 

キャスティングに関しては、3号だとちょっと怖い。

 

ということで、2〜2.5号のエギがちょうどいいかな、と。

 

 

 

で、使ってみた感じは……

 

 

うーん、イマイチ(苦笑)

 

 

 

やはり、エギングロッドに比べると柔らかめ&胴調子なんで、ロッドの柔軟性がしゃくりの力を吸収してしまいます。

 

ということで、エギングがやりたい日は大人しくエギングロッドを用意しましょう。

 

 

 

ただし、ライトゲームをやっていて急にイカの姿が見えた時には、ささっとエギに付け替えてキャストすることはできるんで、ボーダレスを使う日は小さいエギを忍ばせておくのも良いかもね。

※ちなみに私は忍ばせてます(笑)

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

オススメはできるのか?

まず、このボーダレスというロッド、すごく良いロッドです。

 

 

ボーダレスショートスペック欲しい!って思っている方は、そのまま購入しちゃえば良いかと思います。

 

きっと、期待を裏切らないクオリティにニヤニヤが止まらなくなります。

 

 

 

 

ただ、バイルロッドが欲しい」「汎用ロッドが欲しい」「ハイスペックなライトゲームロッドが欲しい」……等々と思っている人は、一度他のロッドを考えるのも良いかと。

 

 

 

というのも、ボーダレスって高いんですよね。

 

 

定価で3万8,000円、実売価格でも2万円台後半のお値段…。

 

 

汎用ロッドとして気軽に買うには、なかなかハードルが高い…(ㆀ˘・з・˘)

 

 

 

 

ということで、持ち運びの手軽さ汎用性の高さに重点を置いてロッドを探している方は、もっとお手軽なロッドを検討するのもアリなんじゃないかな、とも思ったり。

 

 

同じシマノだと、フリーゲームシリーズとか

 

 

 

 

ロッドケースが欲しければ、アブガルシアのクロスフィールドシリーズとか

 

 

 

もうすぐ発売の、 ソルパラのテレスコピックモデルとか

 

 

お値段的にもお手軽なロッドも沢山ありますんでね。

 

 

 

あと、ハイスペックなライトゲームロッドを探している方は、ソアレシリーズを買った方が良くね?とも思ったり(笑)

 

定価で言えば、ソアレCI4+が大体同じお値段でしょうか。

 

 

 

 

 

とは言え、良いロッドであることは間違いないぞ

と、万人にオススメするかと言われると、(個人的には)「他のロッドも見てみたら?」と言いたくはなりますが、買って後悔することも無いかと。

 

 

 

汎用×コンパクト(お手軽)×ハイスペックというロッドって、なかなか無いもんでね。

 

 

お高いロッドですが、少なくとも私はかなり気に入ってます(笑)

 

 

繰り返しにはなりますが、ボーダレスショートスペック欲しい!って思っている方は、前向きに検討してみてはいかがでしょう(笑)

 

 

 

 

ではでは、アディオス(`・ω・´)ゞ

関連記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。