ロッドインプレ 〜ボーダレスショートスペック 180L-T その1〜


いい竿。

 

 

ということで、(ほぼ)メインで使っているライトゲームロッドの簡単なインプレでも書いてみようかと。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

シマノ ボーダレスショートスペック180LT

 

 

 

ボーダレスとは???

シマノが発売している、磯竿をベースとしたハイスペック汎用ロッド。

 

 

フカセ釣りや軽い投げ釣り、はたまたルアーを使ったシーバスゲームまで、これ1本で何でもやっちゃえよっていうロッド。

 

 

っつても、オリジナルモデルから始まり、ガイドレス仕様にキャスティング仕様等々、いろんな仕様が出てきていて、ボーダレスの中にボーダーができてね?と思ったり思わなかったり(笑)

 

 

 

まあそれは置いておいて、今回はシリーズ中最もライトなモデルである180L-Tについて書こうかと。

 

 

 

 

 

 

全体のディティールとか

グリップ

現行型ソアレSS以上で採用されている、ブリッジライクシートが使われています。

 

 

滑りにくいようにラバーコーティングされた感じなんで、ソアレエクスチューンで使われているものと同じやつかな?と思います。

 

 

 

ただこちらのグリップ、感度は良いんでしょうけど、ちょっと気になるところが…

 

私の場合、ライトゲームタックルは写真のように持つんですが、ブリッジライクシートの場合、シートに厚みが出るんで、タックルを支える手が疲れるんですよね(ㆀ˘・з・˘)

 

 

感度は良いんでしょうけど、私の場合、ソアレBBとかで使われているごく普通のEVAグリップの方が好みだったり…(笑)

 

 

 

 

バット〜グリップエンド

バット部分の太さは、手持ちロッドのソアレBBアジングとほぼ同じ。

 

 

 

 

ただし、グリップエンドまでの長さが結構違います。

 

 

ソアレBBアジングに比べると、結構長めな感じ。

 

ソアレの上位グレード(ソアレCI4+とか)もグリップエンドが長めだったんで、シマノのライトゲームロッドはこういう設計をしてるんでしょうか。

 

 

個人的には、取り回しの良い短めのグリップエンドが好みではあるんですが(苦笑)

 

 

まあ、取り回しが悪いわけでもないので、特に問題はないかと。

 

 

 

 

ティップ部分

ティップ部分の細さは、ソアレBBアジングとほぼ同じ。

 

ガイドセッティングなどは違いますが、結構繊細なロッドです。

 

 

 

 

ガイド

根元側2つは移動式のチタン製KLガイド、それより上はチタン製IMガイドが採用されてます。

 

IMガイドについてはよく知りません(苦笑)

 

まあ、どちらも糸絡みしにくい上等がなガイドです。

 

 

 

 

ちなみに、ガイドライン(白い線)が引かれているため、手元を見ながらガイドを真っ直ぐセットすることができますよ。

 

 

 

 

付属品とか

まずはロッドケース。

 

かなり固くて頑丈なケースが付属します。

 

全体の長さは、写真に写っているカタログ(A4サイズ)を参考にしてもらえれば…。

 

 

 

 

あとはトップカバー。

 

こちらも、フジ製のものが最初から付属します。

 

 

 

 

ベントカーブ

約200gの負荷(マヨネーズ)をかけた場合、写真のようなベントカーブを描きます。

 

 

結構、胴の方から曲がってますな。

 

自分で写真を撮っておいて、なるほど〜と思ってしまった(笑)

 

 

 

参考までに、アジングロッド(ソアレBBアジング)に同じ負荷をかけた際のベントカーブはこんな感じ。

 

 

ボーダレスも結構張りのあるロッドですが、テーパーの違いがわかるかと。

 

 

 

 

 

ということで、今回は全体のディティールとかを写真を交えて書いてみました。

 

 

使った感じとかは、また別に書こうと思います。

 

 

 

 

一気に書いたら長いからな!

 

 

 

 

 

というわけで、アディオス(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。