【ジムカーナ】初心者でも申し込みやすそうなスカラシップを調べてみた

スポンサーリンク




スカラシップ。

 

簡単に言えば、メーカーがスポンサーに付いてくれるって感じでしょうか。

イメージしやすいので言えば、ジムカーナやダートラの全日本選手権に出ているタイヤメーカーのスカラシップかな。

 

今回は、そんなスカラシップのお話。

 

 

 

スカラシップを受けるには…

スカラシップ制度を実施しているメーカーに、スカラシップを申請します。

 

そして、メーカーから認められたら、

広告塔としてそのメーカーのパーツを使う代わりに、サポートが受けられます。

 

※サポートの内容は、メーカーによって異なります。

大会に出場して貯まるポイント数に応じて、パーツ供給を受けられたり、

パーツが安く購入できたり

といった感じ。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

スカラシップのルール

これもメーカーによりますが、基本的には…

 

申し込んだメーカーの部品を使って、大会に出る

当たり前のことですよね(笑)

そのメーカーの製品の広告塔になるわけですがら、当然そのメーカーのパーツを使わないといけません。

 

BSのスカラシップを受けながら、ダンロップのタイヤで走る…

なんてことは、絶対にダメです。

 

 

 

エントリー名に、メーカーor製品名を入れる

これは、大会に参加した場合ですが…

 

エントリー名(車両名)に、スカラシップを申し込んでいるメーカーor製品名を入れる必要があります。

これも、広告塔としての役割ですよね。

○○BSデミオ

とか、

○○ポテンザデミオ

みたいにね。

 

ネーミングセンスが問われます(笑)

 

 

 

メーカーのステッカーを貼る必要がある

これも、広告塔としての役割。

メーカーによっては、フロントに〇枚、サイドに〇枚…という風に、枚数も定めている場合もあるので、ちゃんと従いましょう。

 

 

 

大会・走行会の結果を報告する

パーツを提供してくれたメーカーに対しては、自分の成績を報告する必要があります。

大体の場合は、順位に応じてメーカーからポイントが貰えて、

そのポイント数に応じてパーツが供給される

っていう感じになるので、大会では上位に入れるよう頑張りましょう。

 

 

 

 

初心者でも申し込みできそうなスカラシップを探してみた

という、スカラシップですが、

これが使えるのは、全日本トップレベルの選手だけではありません。

ということで、公式戦以外でも対象になるスカラシップを探してみました。

 

 

 

TAKUMIモーターオイル

勢いのあるオイルメーカー。

 

こちらのメーカーも、スカラシップ制度があるようで、ホームページから申し込みができます。

また、このスカラシップで嬉しいのが、

公式大会だけではなく、草レース、ジムカーナ、ダートラ、ドリフトの地方大会の参加者もスカラシップの対象となること。

気になる方は、TAKUMIモーターオイルHPへ。

TAKUMIモーターオイル

 

 

 

DIXCEL(ディクセル)

続いて、ブレーキ。

ディクセルがスカラシップ制度をやってます。

こちらは、ポイントに応じてパーツのサポートが受けられるんですが、

入賞ポイント以外にも、完走ポイントが用意されるなど、初心者にもハードルの低いスカラシップかと思います

デミオに乗っていた頃は、私も申し込みを考えてました(笑)

 

また、JAF/JMRCの公式戦はもちろんのこと、全国のいろんなショップが開催しているシリーズ戦も対象になっています。

HPに掲載されている大会のほか、年間3戦以上開催されるシリーズイベントであれば対象になる可能性もあるので、気になる方はお問い合わせを。

ディクセル スカラシップページ

 

 

 

 

スポンサードサーチ

スカラシップを利用して、ランニングコストを下げよう

とりあえず、2つしか見つけられませんでした(;´∀`)

 

ただ、これらのメーカーのスカラシップを活用したら、走るのに必要なコストが結構抑えられるかと思います。

本気で走りたい!って人は、申し込む価値はあると思いますので、検討してみてはいかがでしょう。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク