これから釣りを始める人へ 〜初心者のリール選び&お勧めリール〜

スポンサーリンク




以前、(私も初心者のくせに)釣り初心者の道具選びについて書きました。

初心者の道具選び〜ロッド編〜

 

で、そこにロッド編って書いちゃったんですよ。

 

ってことは、リール編も書かないかんやんけ!!

 

…と思ったので、初心者の最初のリール選びについて、思うがままに書いてみようと思います。

 

 

 

 

前提条件として…

釣り具というものは値段に比例して性能が上がります。

 

そのため、予算に余裕がある人はできるだけ良いもの(≒高いもの)を買いましょう。

 

 

ただ、ここでは「え!?釣り具一つに一万円!?」っていう感覚の人(=釣りを初めた頃の私みたいな)に向けて、

「これくらいは押さえておいたほうが良いよ」

ってものをお伝えしようと思いますんで、そのあたりご理解のうえお付き合いください。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ごく簡単に(私なりの)基準をお伝えします

メーカーは?

シマノ・ダイワにしましょう。

 

この二大メーカーにしておけば間違いありません。

世界に誇るものづくりメーカーです。

 

無名メーカーのワゴンリール(釣具屋のワゴンに並んでいるようなリール)は、あまりにも性能や耐久性に不安が残ります。

 

また、アブガルシアなどのリールもしっかりしているんでしょうけど、最初のリールとして勧められるかと言われると…(;´∀`)

シマノ・ダイワ以外にこだわるのはもっと釣りにハマった後で良いんじゃないかな。

 

 

 

 

グレード・価格帯は?

⇨ホームページで「定価が書かれている」グレードをお薦めします。

 

シマノ・ダイワのホームページを除くと、廉価グレード〜ハイグレード品まで、様々な商品が並んでいます。

 

どれにしたらいいのか、ほんと悩みますよね(笑)

 

その中で、最初のリールを選ぶとしたら、商品ページに定価が書かれている物以上のグレードを選ぶことをお薦めします。

つまり、オープン価格・サービス価格と書かれた商品は避けるということ

 

オープン価格より上のグレードになると、ボディやギアの作りや耐久性・巻き心地のレベルが上がり、結果的に長く愛用できるようになります。

 

また、デザイン面から見ても非常にかっこいいモデルが増えてきます(笑)

 

※オープン価格品を避けたとしたら、狙うべき商品の実売価格は概ね6,000円前後〜でしょうか。

※「シマノ・セドナやダイワ・クレストなど、オープン価格でも良いものがあるやんけ!」っていう意見もあるでしょうが、1,000円そこそこの価格差と性能差の大きさを考えたら、1,000円払ってワンランク上の商品を買った方が幸せになれると、私は思ってます。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

リールのサイズは???

⇨巻きたい糸の太さに合わせて選べばいいよ。

 

こればっかりは、用途に合わせる必要があります。

 

私の場合にはなりますが…

・ライトショアジギング用

シマノ:4000番 or C5000番

ダイワ:LT4000 or LT5000

 

 

・エギング用

シマノ:2500 or C3000

ダイワ:LT2500 or LT3000

 

 

・シーバス用

シマノ:2500~4000番

ダイワ:LT2500~LT4000番

 

 

・ライトゲーム用

シマノ:1000~C2000

ダイワ:LT1000~LT2000

 

 

と、こんな感じでしょうか。

 

ちなみにですが、ドラグ力はそれぞれのサイズごとに適切に設計されているため、そこまで難しく考えなくてOK。

スペック迷子にならないよう気を付けましょう。

 

 

 

 

じゃあ、お薦めリールは?

せっかくここまで書いたので、お薦めのリールを2点ほど挙げておきます。

 

 

ダイワ・18レガリス

 

2018年に発売された、LTコンセプトのリール。

 

防水機能(マグシールド)は搭載されていませんが、基本性能はばっちり。

 

アンダー1万円とはいえ、スムーズな巻き心地とLTコンセプトの名に恥じない軽さ、そしてデザイン。

コスパの化け物かと。

 

釣りを始めたいという人には、まずこれを勧めてます。

 

 

 

シマノ・17サハラ

 

私が「ちゃんとしたリール欲しい…」と思い最初に買ったリールで、個人的に思い入れがあります。

 

防水機能や、ワンピースベールといった目に見える機能は省かれていますが、

HAGANEギアやGフリーボディーなど、最近のシマノの基本的な技術が詰め込まれており、どちらかというと、外見よりも内部構造に力を入れている印象です。

 

この辺、なんか渋いものづくりしてて好きですね(笑)

 

 

巻き心地に関しては、ダイワに比べてしっとりとした巻き心地といった印象。

※「しっとり」以外の形容詞が出てこないのが辛いところですが、シマノのリールってほんとにそんな感じなんですよ。

 

あと、もうすぐモデルチェンジするかも、っていうのが気になるところかな。

 

 

 

と、二つのリールを挙げましたが、それぞれ良いところがあり、選ぶのに本当に迷っちゃいます(笑)

 

なので、あまり難しいことは考えずにデザインやメーカーの好みで選んじゃうのもアリじゃないかな?

 

 

 

ってなわけで、これから釣りを初めたい人のリール選びのお役に立てたら幸いです。

 

 

ではでは、今日はこの辺で。

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク