サイドターンの第一歩【小さなヒントだけでも】

スポンサーリンク




ジムカーナ特有のテクニックといえば、サイドターンでしょうか。

 

 

最初のうちは、とにかくターンしたい!って思うんですけど、なかなか最初のコツが掴めなくて苦労した覚えがあります。

 

ということで、今回はサイドターンについて持論を展開したいと思います

 

 

初めに断っておきますが、私も速いターンはできません

180度以上のターンも、ろくずっぽ回れません。

 

 

ただ、ターンの第一歩で行き詰まっている人に何かヒントがあれば…と思ったので、恥を覚悟で書きます(笑)

あと、私はFFの車しか乗ったことがないんで、基本的にFF車について書いていきます。

 

 

 

 

 

サイドターンもコーナリングだ

いきなりなんだって話ですが…

 

パイロンを回る時、(同じ速度なら)当然ながら回転半径が小さくなればなるほど速く曲がれますよね?

 

しかし、ハンドルをフルロックにしても、普通にリアタイヤがグリップして追従している限り、車の最小回転半径には限界がある。

 

 

そこで、車の限界を超えた小さい回転円を描いて、パイロンを回っちゃおうっていうのが、サイドターンの目的なんじゃないかと。

 

だから、綺麗に速いサイドターンをするには、リアタイヤを綺麗に追従させることが重要なんじゃね?と思うわけですよ。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

素人のくせに小難しいこと言うんじゃない

はい、すみません(;´Д`)

 

まあ、上には小難しいことを偉そうに書いてますが、簡単に言えば、

 

勢いで車を吹き飛ばすようなターンは、サイドターンじゃねぇ!

 

ってことです。

 

 

サイドターンする時、ドリフトみたいに車を吹っ飛ばすイメージでパイロンに突っ込んでません?

 

そんなやり方だと、ただ横向きにパイロンに突っ込んでるだけですよ。

 

 

進入〜脱出のラインはめちゃくちゃになるし

タイヤが引っかかるように進入するから、無駄に失速するし

姿勢がグジャグジャになるから、立ち上がりが遅れるし

下手したらパイロン横で一時停止するし

そもそも綺麗にリアタイヤがロックしないし

 

 

勢いだけでサイドターンをしようとするんなら、サイドなしで普通に回る方が何倍もマシって感じ。

 

 

 

 

じゃあどうしたらいいんだよ

⇨しっかりとブレーキングをしながら進入する。

 

これがないと始まりません。

 

 

最初に書いたとおり、サイドターンはコーナリングの一手段です。

 

ターン前にもちゃんとブレーキを入れて、フロントのバネとタイヤをしっかり潰して、グリップ走行でパイロンをクリアしましょう。

 

ちゃんとしたコーナリングができないと、綺麗なサイドターンはできません。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

リアがロックする感覚を身に着けよう

続いては、リアタイヤのロックのさせ方。

 

 

こちらも、キモになるのはブレーキです。

 

ガツンっとブレーキを入れて、フロントに荷重を乗せてやらないと、リアタイヤはロックしません。

 

 

といことで練習してみよう

まずは、真っ直ぐの状態でリアタイヤをロックさせてみましょうか

 

ギアをローに入れて、40km/hくらいまでスピードが出たら、ガツンっとブレーキを入れます

※躊躇せずガツンといっちゃってください。

 

で、ブレーキを入れて1秒経つか経たないかくらいのタイミングで、サイドブレーキを一気に引きます

※一気に引くのが大事。じわじわ引いたら、綺麗にロックしません。

 

 

すると、リアタイヤがザーーーー……っとロックします

※エンストしそうになったらクラッチ踏んでね。

 

 

ここで綺麗にロックしなかったら、どこかに原因があります。

サイドを引くタイミングや、フットブレーキの強さなど、条件を変えながら試行錯誤してみましょう。

 

上手くロックしない人を見ると、サイドを引くタイミングが早すぎる(=フロントに荷重が乗りきる前にサイドを引いちゃう)っていう人が多かったように思います。

 

 

まあ、繰り返し練習したらそのうちできるんで、頑張りましょう。

考えるのも結構練習になるもんです。

 

 

ちなみに、サイドブレーキを引いても減速すらしないって場合は、そもそもサイドブレーキの調整ができていない可能性が大きいので、調整をしてから出直しましょう。

※調整方法はこちら⇒サイドブレーキ調整をしよう

 

 

 

 

次はハンドルを入れてみる

さて、真っ直ぐでリアロックできました?

 

あとは、ハンドルを切ってアクセルを入れてやれば、車はクルッと回ります。

 

 

イメージ的には、

進入⇨ブレーキ⇨サイドブレーキ⇨ハンドル⇨アクセル⇨サイドブレーキリリース……かな?

文字に起こすと難しいな(´-﹏-`;)

 

 

簡単に書いてますけど、

 

サイドブレーキを引くのが、早すぎても遅すぎても綺麗にリアロックしないし、

ハンドル切りすぎたりサイドブレーキのリリースが遅れたりするとスピンするし、

アクセル開けすぎるとタイヤが空転するし

 

数秒の操作の間にも、ポイントが沢山あるのです。

 

 

そして、ここが難しいし、私も上手いことできないというね(;´Д`)

速く走るって難しい…。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

サイドターンの練習をする時の注意点

と、これまで練習方法(?)について書いてきましたが、幾つか注意点を。

 

練習は安全な場所で

当然ですが、公道でこんな練習しないように

 

サーキットとか、ジムカーナの練習場とか、安全な場所で練習しましょう。

 

 

 

サイドターン用パッド/シューは必須

サイドターンには技術も大事ですが、道具も大事です

 

サイドターン用パッド/シューがあるのと無いのとでは、ロック率に雲泥の差があるので、ジムカーナをするのであれば、リアパッド/シューの交換を強く強く強くお勧めします。

 

 

 

綺麗にロックしなかったら、ターンを諦めるのも手

いざパイロンに進入したけど、リアがロックしなかった!って時は、普通にグリップで曲がるのも一つの手です。

 

ロックしないまま無理やりサイドブレーキを引いても、ただタイムロスするだけです(リアブレーキが無駄な抵抗になるだけ)。

 

あと、ドラシャにもよろしくない。

デミオだと折れるかもよ

 

 

というわけで、綺麗にリアロックしなかった時は、大人しくサイドブレーキをリリースして、グリップで回るのも一つの手だと思います

 

 

まあ、上級者の方はそこからターンに持ち込めるのかもしれませんけどね。

練習次第なのかな。ま、その辺は臨機応変に(逃げ)。

 

 

 

というわけで、今回はサイドターンのお話。

 

文字ばっかりで、非常に見にくいね。

 

 

 

あんまり偉そうなことは言えませんが、少しはヒントになったかな(苦笑)

 

 

一番大事なのは…

 

練習を繰り返すことやで。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク