シマノ・フリーゲームXTが気になる

スポンサーリンク




シマノの猛攻が止まらない。

 

 

と思うのは私だけでしょうか。

 

 

19ストラディックに続き、このタイミングでシマノから新製品が発表。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

フリーゲームXT

いつでも、どこへでも FREEGAME XT

※上の画像とトップ画像は、㈱シマノのホームページ画像を使わせていただいています。

 

 

 

さて、ボーダレスショートスペックや19スコーピオンなど、最近パックロッドが好きな私からしたら、寝耳に水なお話ですよ。

 

 

元々フリーゲームっていう振出しモデルが発売されていて、そちらもかなりコンパクト&リーズナブルということで、面白そうなロッドだなーと思ってたんですが

 

 

上位機種になる(?)ボーダレス(ショートスペックとキャスティングモデル)を持っていることから、購入はしないでおりました。

 

 

で、ここに来てのフリーゲームXTの発表ですよ。

 

 

フリーゲームの並継ぎモデルの発表ですよ。

 

 

いやぁ…購買意欲を刺激するのはやめてくれよ。

 

 

 

 

 

スペックを見てみると

で、こちらのフリーゲームXTですが、シマノのホームページを見てみると

 

・ハイパワーX採用

 

・CI4+リールシート採用

 

・ステンレスフレームKガイド採用

 

・定価24,500円〜

 

 

 

と、なかなか普通にスペック高めの様子

 

 

振出のフリーゲーム(定価1万円前後)と同じテンションでホームページを確認したので、少々意表を突かれました(笑)

 

 

 

説明文を読むと、「それぞれの釣種で高い支持を得る、人気アイテムをベースに設計」という文言があるので、同様の長さのエギングロッドやシーバスロッドが設計のベースになってる感じでしょうか。

 

 

お値段的には、セフィアSS Rや、ディアルーナ相当くらい?

 

完全に予想だけど(笑)

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

個人的に、このロッドは「買い」なのか

こちらのフリーゲームXT、非常に良いロッドだと思うんですが

 

 

 

今回は飛びつかずにステイかなー。

 

 

その理由は

 

① ラインナップと被るロッドをもう持ってる。

 

② スコーピオンのラインナップの様子を見たい。

 

 

の2点かな。

 

①については、エメラルダスとジグキャスターMXで、とりあえず事足りてるかな、と。

 

106M相当のレングスについては、ボーダレスのキャスティングモデル(370HH-TK)があるし。

 

 

 

で、②ですが、どっちかっつーとこっちの方が理由として大きかったり(笑)

 

 

 

すでに19スコーピオン(5ピースモデル)のベイトモデルを1本持ってるんですが、このロッドがかなり良くてですね。

 

同じシリーズのスピニングモデルが欲しいわけなんですが、現状では6.5フィートモデルしかないわけで。

 

 

で、恐らく(ワールドシャウラと同様に)7フィートや8フィート台のモデル(あわよくば5ピースモデル)が追加で出るんじゃないかと期待して、シマノの動向を伺っているわけです。

 

 

 

 

 

というわけで、①と②の合わせ技で、フリーゲームXTはしばらく様子見ということで。

 

 

 

 

 

パックロッドが増えるのは嬉しい

ボーダレスショートスペックを使い始めてからかな。

 

パックロッドの便利さに気づいてしまいまして。

 

 

引っ越して生活環境が変わったってのもありますが、収納や持ち運びが楽っていうのが本当にありがたい。

 

 

しかも、使い心地も2ピースロッドと遜色ないですからね。

 

 

こういう、お気軽に使えるロッドが増えたら、道具選びも楽しくなりそうですな。

 

 

 

誘惑が増えるとも言いますが(笑)

 

 

 

 

 

では、アディオス(`・ω・´)ゞ

関連記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。