スーパーライトショアジギング(SSJ)が楽しい話

スポンサーリンク




最近、釣りの趣向がライト寄りになっております。

 

 

 

友人と釣りに行っても、アジングとかエギングのタックルを持っていくことがほとんど。

 

 

中でも今楽しいのが、スーパーライトショアジギング(以下SSJ)

 

 

というわけで、今日はSSJの楽しさについて。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

SSJとは?

色々と定義があるかもしれませんが、私の中では、「20グラム前後のメタルジグを使った釣り」としています。

 

 

 

 

使う道具は?

ロッド

一番良いのは、SSJ専用ロッド

 

 

メジャークラフトだけかと思っていましたが、ダイワからもSSJに適したロッド(ジグキャスターライト、ジグキャスターライトMX)が出てたみたいですね。

 

 

 

さて、この中でメジャクラのN-ONE902SSJを使ったことがあるのですが、さすが「専用」とされているだけのことはあります。

 

 

キャスティング、シャクリの動作ともに快適で、丸1日シャクり続けても疲れなさそうなロッドでした。

※詳しくはインプレ記事で⇨SSJロッドインプレ

 

 

【追記】

ジグキャスターライトMX買いました

ジグキャスターライトMXのインプレ

 

インプレその2

 

 

 

一方、「わざわざロッドを買い足すのもな…」って方は、お手持ちのルアーロッドでもOK。

 

オススメ①:エギングロッド

SSJは、ルアーをシャクってフォールで食わせることが多いため、エギをシャクるために設計されたエギングロッドはSSJにドンピシャです。

 

 

ちなみに、私も主にエギングロッドでSSJを楽しんでいます。

 

 

 

 

オススメ②:シーバスロッド

シーバスロッドでも、もちろんSSJを楽しむことができます。

 

9フィートのMLくらいがオススメですが、ルアーウェイトが合っていればとりあえず大丈夫かと。

 

 

 

ちなみに私は、エギングロッドの他に9.6フィートのシーバスロッド(ML)でもメタルジグをぶん投げてます。

シーバスロッドインプレ

 

 

シャクりのキレはエギングロッドに敵いませんが、それでも十分楽しめます。

 

 

 

 

リール・ライン

2500番のスピニングリールを使ってます。

 

私が使っているのは、シマノ・アルテグラです。⇨アルテグラのインプレ

 

 

 

ラインは、0.6号前後のPEラインを200m巻くのがいいかな。

 

 

私は0.8号のPEラインを150m巻いてるんですけど、20mほどラインが切れてしまってから、キャスト時のラインの長さがギリギリになってしまいました。

※キャスト後にスプールの地肌が露わになります。

 

 

というわけで、ラインは多少の余裕をもって200m巻くのが良いかと思います

※シマノの2500番(シャロースプール)だと、0.6号200mもしくは0.8号150mを丁度巻ききることができます。

 

 

まあ、エギングやシーバス用のリールがある方は、そのまま流用したのでOKなので、あまり難しく考えなくてもいいかな。

 

 

 

 

ルアー

ジグパラマイクロ(15g)がオススメ。

 

 

ま、定番ジグですな(笑)

 

 

ノーマルとスリムがありますが、万能ジグということでノーマルタイプを特にオススメします。

 

 

私の場合、リアル系カラー(イワシやシラスカラー)とアカキンを用意してます。

※+グロー系があってもいいかもね。

 

 

 

 

何が釣れるの?

⇨何でも釣れます

 

 

例えば、アジ・サバ・カマス・タイ・メッキなどなど

 

他には、カサゴやハタなどの根魚系

 

こんな小さい奴も、果敢にアタックしてきます(笑)

 

 

 

また、先日釣りに行った時はカマスをゲットしました。

 

 

他にも、ハタや小型のタイが掛かったんですが、あと一歩のところで目前逃亡(ㆀ˘・з・˘)

 

 

 

あとはコイツ

The外道。ESO

 

 

ただ、喰いっぷりは良い(笑)

腹からガッツリいってやがる。

 

 

ジグは傷だらけになったけどね(;´д`)…

 

※エソも、骨切りして低温でじっくり揚げて天ぷらにしたら、中々の美味でした。

 

 

 

ちなみに、この日のアタリカラーはアカキン

 

「ボトムを取る⇨ゆっくりめに7〜8回程度シャクり上げる⇨フォール」の誘いで食ってきました。

魚の食いは、いずれもフォール時です。

 

 

 

 

追記

青物も連れました。

 

45センチほどのシオ(カンパチの子ども)。

 

 

リールのドラグ調整さえしてやれば、エギングロッドでもなんとか釣れました。

 

 

ただ、抜き上げはできないため、タモは必須ですかね。

 

 

 

 

 

 

というわけで、SSJ楽しいですよ。

 

小型ジグを使った五目釣りって感じ。

 

 

ルアーロッドをお持ちの方は、ジグを1,2個買ってやってみたらどうでしょう。

 

 

 

では、今回はこの辺で。

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

関連記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。