ダイワ ジグキャスターライトMX 93MLのインプレ 〜実際に使ってみたよ〜

スポンサーリンク




トップの写真はイメージです(笑)

 

 

さて前回、ダイワ・ジグキャスターMXを買った記事を書いております。

ジグキャスターライトMX購入記事

 

で、今回は実際に使ってみた感じなどを書いてみようかと思います。

いつものごとく、私の独断と偏見に基づく感想なんで、まあ、あくまで参考程度に(;´∀`)

 

 

 

 

9.3フィートという絶妙な長さが素敵

私が購入したのは9.3MLのモデルなんで、その名のとおり長さは9.3フィートあります。

 

 

この長さは、どちらかと言えば振り抜きと取り回しの良さ重視っていう感じですかね。

 

(ショアジギロッドとしては)そこまで長くないため、キレの良いキャスティングができます。

「よいしょっ!!!」って言う感じにはならないというか。

 

 

キャスティング時のラインの垂らしもそこまで長くならないし、メタルジグのキャスティングに慣れていない方でも扱いやすいかと思います。

 

短めのロッドとはいえ、飛距離に関しても不満ありませんし。

※1.2号のPEラインを使ってます。

 

 

ただ、一点気になったとすれば、足回りに障害物がある場所(磯など)では、少し長さが足りないかな…っていうこと。

 

ロッドが短いと、魚の取り込みやジグの回収時に足回りの障害物を避けにくいため、少々不便を感じるかもしれません。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

一日中振り回せる軽さが素敵

こちらのロッドの重さは、メーカー公表値で165g

シーバスロッドと変わりません。

 

 

ショアジギングって、どんだけジグを投げるかが勝負みたいたところがあるんで、この軽さは長時間の釣りには軽さは大きな武器になります。

 

一日使ってても疲れないくらい軽いよ。

 

 

 

 

しゃくり動作→ロッドが仕事をしてくれるのがGood

メーカーHPに書いていますが、ティップは曲がりやすく戻りやすいセッティングになってます。

 

 

これが結構マジな話で、

ジグにアクションを加えるためにロッドを持ち上げると、ティップ部分がスイっと曲がります

 

そして、曲がったティップがスパッと元の位置に戻るので、非常に楽にジグアクションを付けられます。

戻った後のティップの動きも綺麗に収束するため、ロッドが暴れるような感じも受けません。

 

 

イメージ的には、人の力が必要になるのはロッドを曲げてやる部分で、

あとのジグを跳ね上げる動作は、ロッドが自動的にやってくれる……という感じかな。

 

 

 

あと、ショアジギングロッドって、基本的に全体的に張りが強くて、極端に言えば一本の棒のようなテイストだと思ってたんですが…

 

このジグキャスターライトMXは、もっと手元に近い部分から曲がってくれます。

具体的には、先端から6番目のガイドあたりが曲がりはじめのポイント……ですかね。

 

この点が、ロッドアクションが楽になっている要因になっていると感じました。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ただし、激しいジャークは苦手かも

と、このロッドは曲がりやすく戻りやすい性格がセールスポイントになっているわけですが、

それゆえに、ジャカジャカ巻きなどの激しいジャークはちょっと苦手なのかな…という印象。

 

激しいアクションをさせたら、ロッドの戻りが間に合っていないように感じました。

 

 

ということで、このロッドは、どちらかと言えばゆったり目のアクションの方が得意かも。

ショアスローにつかったら丁度いいかもね。

 

 

 

 

ジグキャスターライトMXに合わせるジグは

このロッドの適合ジグは、10〜40グラムとなってますが、気持ちよく使えるのは15〜30gかな。

 

個人的に特にドンピシャなのは20g台で、ロッドにジグの重さが適度に乗って、ロッドの反発力でキャスティングできます。

 

※40gも投げられるんですけど、ちょっと「よっこらしょ」感が出るんで、私は思い切ってフルキャストできません(;´∀`)

テスト段階でもっと思いジグをフルキャストしてるみたいなんで、40gでも余裕でフルキャストできるんでしょうけどね。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

軽いジグだとどうなる…?

逆に、15グラム程度のジグだと、キャスティング時にジグの重さはあんまり感じられません。

 

ただ、スパッとキレのあるキャスティングができるため、これはこれで気持ちいい。

 

もちろん、このくらいの軽量ジグでも飛距離が出ますんで、遠くの沖合の魚を狙うこともできます。

 

ちなみに、15gのジグパラマイクロなんかが丁度いいかと。

 

 

 

 

どんな使い方に向いてる?

足場の良い堤防での、(スーパー)ライトショアジギングでしょう。

 

・9.3フィートの長さでは、地磯など障害物の多い場所ではちょいと扱いにくい

・このロッドで投げられる範囲のジグだと、激流ポイントでボトムを取れない。

地磯で狙うようなヘビーな魚と戦うには、このロッドじゃ心もとない。

 

この辺を考えると、ある程度足場が整備された堤防で、ゆるりゆるりと小〜中型青物を狙うのがいいんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ジグキャスターライトMXは、どんな人にオススメ?

①ライトショアジギング初心者

9.3フィートで振り抜きも良いし、ロッドも軽いし、扱うジグも軽め。

 

となると、ショアジギングやってみたいな…っていう人には非常にとっつきやすいロッドじゃないかと。

 

ライトなセッティングとはいえ、十分にライトショアジギングの楽しさを味わえるでしょうし、作りもしっかりしたロッドなんで、最初の1本に選んでも末永く使うことができると思います。

 

 

 

②ガチのショアジギングにちょっと疲れた人(笑)

今までガチなショアジギングロッドを使ってたけど、ロッドは重いし、一日中使うのは疲れる…

っていう人は、サブロッド的に手にしてみるのもいいかもね。

 

 

ちなみに、(ライト)ショアジギングには慣れてるよーって人は、 93MLより長めの98MLをチョイスするのもアリかも。

 

ロッドが長くなる分飛距離が出るんで、魚と出会えるチャンスがより増えます。

 

 

 

はい、というわけで、1本のロッドについて長々長々と書いてきました。

 

魚をかけたインプレを書いてないということは、つまりそういうことです。

エソは釣れたんだけどな…

 

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク