釣り用ナイフの紹介でも 〜ダイワ フィッシュナイフⅡ型〜

スポンサーリンク




釣り繋がりで、こいつはいい!って思った、釣りで使う小物でも紹介しようかと。

 

 

ダイワ フィッシュナイフⅡ型

ダイワのバタフライナイフ。

 

まず、折りたたんだ状態ではこんな感じ⇩

こいつが

 

 

 

こうなって

 

 

 

こう開いて

 

 

 

持ち手になって

 

 

 

ロックして完成。

 

 

魚を〆たりする時に使うナイフですね。

 

ライトショアジギングを始めた時に購入しました。

ということで…

 

 

 

スポンサードサーチ

ダイワフィッシュナイフⅡ型の◯なところ!

持ち手部分が折り畳み式になっており、携帯時も安全。

⇨かなりコンパクトになりますし、ロックがかかるため安全性も高いです。

 

 

 

刃が動かないため、使用時に安定感がある。

⇨刃が折り畳まれるタイプとは異なり、持ち手を広げてしまえば普通のナイフと同じように使えます。

刃の根本が動かないため、安定感がありますよ。

 

 

 

よく切れる

⇨魚を〆るのはもちろんですが、魚を捌くこともできます。

メジロを釣った時には、このナイフを使って現地である程度まで魚を捌きました。背骨の隙間に刃の先端を当ててやれば、頭を落とすこともできましたよ。

 

 

 

サビにくい

⇨ステンレス製のため、サビに強いです。

私は毎回使った後に真水で洗ってますが、最低限の手入れさえすれば、永く使うことができると思います。

 

 

 

 

ダイワフィッシュナイフⅡ型の✕なところ!

安定感では、シースナイフに負ける

⇨刃が折り畳まれる(収納される)タイプに比べると格段に安定感がありますが、安定感で言えばやはりシースナイフには勝てません。

 

取手部分も強く握るとロックが外れかけるため、確実な使い心地を求めているのであれば、シースナイフ(鞘に入ったナイフ)を買うことをお勧めします。

 

 

 

折り畳み機構部分に血などの汚れが溜まる

折り畳みの軸部分に隙間があるのですが、ここに魚の血などの汚れが溜まりがちです。

水で流しただけでは取れにくいので、古い歯ブラシなどで洗ってやる必要があるかと。

 

放っておくと折り畳みの動きが悪くなったり、不衛生になったりもするので、たまにはしっかりと洗ってやりましょう。

 

 

 

…というわけで、今回は釣りで使うナイフのご紹介でした。

 

大きい魚になると、血抜きをするかどうかで味に大きな違いが出るため、釣りに行くときはナイフを携帯することをお勧めします。

※持ち帰って食べるのであれば、一撃で〆た方が魚が苦しむ時間も短くなりますしね。

 

 

あと、ヒップバッグの時にも書きましたが、釣り用具はできるだけ専用品を使った方が良いと思います

使い勝手や防錆性能が違うため、結果的に末永く愛用することができますよ。

 

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク