リールのインプレ 〜シマノ・17アルテグラ2500HGS〜

スポンサーリンク




メイド・イン・ヘヴンマレーシア

 

 

今日、リールが届きました。

購入したのは、シマノ・アルテグラ2500HGS

 

シーバスロッド用に買いました。

 

 

なんか知りませんが、このリール、ネット上でえらく叩かれてますね(笑)

 

叩いている(がっかりしている)方のほとんどが、モデルチェンジ前の12アルテグラと比べての意見を発しているようですが……

 

 

前モデルを知らない私としてはその辺あんまり関係ないので、素直に思ったままレビューを書こうと思います。

 

 

 

 

全体のデザイン

他のシマノリールにはない、上品な色使いだと思います。

 

この価格帯のリールは黒・金ベースが多いのですが、この色、めちゃくちゃ渋くてカッコいい。

 

ちなみに、ラインはシマノの「PIT BULL」の0.8号を150メートル巻いてます。

 

「PIT BULL」については、そのうち別途書きます(たぶん)

⇛書きましたピットブルのインプレ

 

 

 

 

ドラグはこんな感じ。

 

最近のシマノリールに採用されているものですな。

大きくてつまみやすい。ちょこちょこ触る部分なので、この操作感は助かります。

 

 

 

あと、全体のデザインもシンプルな感じで好みです。ダイワのオレンジゴールドをポイントに入れたデザインも好きですが、今回はシマノの渋いデザインに惚れました(笑)

 

 

実物は写真よりも高級感があるので、お店で見て、触ってみることをおすすめします。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

重さは

自重は240グラム(メーカー公表値)と、重くはないけど極端に軽くもなく(笑)

 

ナスキーよりも10グラム軽いみたいですね。

防水箇所が増えつつ軽量化しているけど、どこが変わってるんですかね。

 

 

ただ、最近はダイワ18フリームスなど、200グラム少々の軽量なモデルも出てきてますので、軽さを気にする方はそちらもよくチェックしてみてはいかがでしょうか。(私もフリームスは非常に迷いました。)

※リールは軽けりゃ良いってもんでもないですが。

 

追記:フリームス買いました18フリームスインプレ

 

 

 

 

巻き心地は

ネット上のレビューでは、17アルテグラになってから巻きが重くなったとの意見をよく見受けます。

 

確かに、17アルテグラはコアソリッドシリーズになったため、クイックレスポンスシリーズだった12モデルに比べると軽やかさが薄れたのかもね。

 

 

が、17モデルしか知らない私からしたら、十分軽やかに回ると感じました(笑)

 

回転もしっとりとしてスムーズでしたし。

だから、みんなそんなに叩かなくても・・・

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ベールについて

ベールもよく叩かれているポイントみたいですね。

 

アルテグラのベールは、下のグレード(ナスキー、サハラなど)と同様の、至って普通のベールです。

 

「なんでワンピースベールじゃないんだ」という声もありますし、実際私もワンピースベールがいいなぁ・・・って思ってました。

 

 

そう、実物を見るまでは。

 

いや、実物を見たら、「別にこれでもよくない?」って思っちゃったんですよね〜。

 

機能面はまだわかりませんが、少なくとも(私は)見た目で気になることはありません。

4ヶ月ほど使ってますが、PEラインの噛み込みは一度も起きていませんし、むしろ、噛み込む気すらしません。

 

ちなみに、ラインローラーには最初から防錆ベアリングが入っていますので、耐久性も良好かと。

 

 

 

 

ナスキーとの比較

よく比較される話ですね(笑)私も散々悩みました。

写真はサハラです。ナスキーとデザインが近いので、なんとなくイメージしやすいかと…。

 

デザイン面で言えば、ナスキーが黒/金なので、印象は結構違います。

どちらが好みかはあなた次第(笑)

 

 

 

中身で言えば、アルテグラは

ラインローラー部分に防水が施してあったり、

ねじ込み式ハンドルだったり、

ベアリングが多かったり、

防錆ベアリングが使われてたり…

結構違いますね(笑)

ねじ込み式になってるのは一番大きい違いかな。

 

あと気になるのは、ナスキーとアルテグラとである部品の価格が違うこと。

 

その部品は、ドライブギアピニオンギア

どちらもリールの要になる部品のはずですが…

・ナスキー:ドライブギア組900円 ピニオンギア900円

・アルテグラ:ドライブギア組2,000円 ピニオンギア1,100円

 

この価格差は何なのか・・・。

 

ナスキーもアルテグラもHAGANEギアを搭載しているはずですが、その中でもグレードが違うんでしょうね。

 

それとも、ねじ込み式ハンドルだから作りが違うとか???

 

詳細は判りませんが(;´∀`)

もしギアのグレードが違ったら、それこそ耐久性に差が出そうですね。

※ちなみに、アルテグラとストラディックはギア価格が同じでした。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

私なりの総評

何かと批判を受けているアルテグラでですが…

スムーズな巻き心地、上品なデザイン、程々に軽い、しっかりした作り。

なかなかいいじゃないですか。

 

ただ、ナスキーとの比較については、好みが分かれそうですね。

 

ナスキーに

防水・防錆機能

ラインローラーベアリング

ねじ込み式ハンドル

に、3,000円を出す価値を見いだせたら、アルテグラを選べばいいですし、

ナスキーで十分っていう人はナスキーを買えばいいと思います。

 

ちなみに私は、この記事をリライトしている段階で、リールのラインローラーにベアリング入れたら、リーリングが非常に快適になることに気づき、BB化カスタムをするようになりました。

 

となると、最初からラインローラーにベアリングが入っているアルテグラが結局お得なんじゃね?と。

 

さらに、ねじ込み式ハンドルなんかは後からカスタムできない部分ですし、そう考えるとナスキーアルテグラとは結構差別化できてるんじゃないかなーと思います。

 

 

 

 

何かと批判の多いモデルだけど…

さて、最初の方にも書きましたが、17アルテグラは結構批判の的になってます。

 

批判をしている方が、前モデルからのアルテグラファンやシマノファンの方だと思うんで、「新モデルにがっかりした」という意見もよくわかります。

 

確かに、お手軽なクイックレスポンスシリーズとしてのポジションを失った17アルテグラは、尖った部分のないリールになったかもしれない。

 

ただ、釣りが好きになって、「もう少ししっかりしたリールが欲しいな・・・」と思った人(つまり私)の心を掴んだことを考えると、アルテグラというリールは、入門・もしくはステップアップモデルとしてしっかりした魅力を持った商品であると言えるんじゃないでしょうか?

 

 

もし、このリールが気になる人(特に、私みたいに前モデルを知らない人)がいたら、一度まっさらな気持ちでこのリールを見てみるといいんじゃないかな。

 

そして、もし気に入って、予算内に収まるのであれば買っちゃえばいいじゃないですか(笑)

 

趣味の道具なんですから、自分の使いたいものを使いましょうよ(笑)

 

 

以上、珍しくアルテグラを褒めるレビューでした(笑)

 

 

ではでは、アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク