今から釣りを始めたい人へ 〜初心者のロッド選び〜

スポンサーリンク




ファーストキャストの記事でも書きましたが、私のファーストロッドは8フィートのエギングロッドでした。

 

このロッド、非常に気に入っているのですが、中途半端っちゃ中途半端なロッド。

 

そもそも、長さやら硬さやら一切調べずに買ったから当然なんですけど(笑)

 

 

と、いうわけで

 

私の失敗(?)を他の方が繰り返さないよう、最初の1本を選ぶ時の私なりのアドバイスを。

 

 

 

 

まずは予算を決める

困ったもので、釣り具というものの値段は天井知らずです。

しかもタチの悪いことに、「あと3,000円出せば、もうワンランク上に手が届く…。」

という、いやらしい値段設定(;´Д`)

 

もう少し…もう少し…と思っているうちに高い釣具を手に取っていた

ということがよく起きます。

 

 

なので、まずは冷静な頭で予算の上限を決めましょう。

今回は、私が最初にロッドを探した時の予算1万円とします。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ノーブランド品は避ける

釣具屋さんやネットショッピングサイトには、謎の安物ロッドや、激安☆ロッド+リールセットが沢山売られています。

 

が、これらは買わない方がいいでしょう。

 

釣り具は「値段が青天井である」と同時に、「安物買いの銭失いになりやすい」傾向にあります。

なので、ノーブランド品の釣り具を買っても、すぐに使い物にならなくなると思います。

 

 

また、釣具問屋さんが展開しているブランドもありますが、こちらも最初の1本としては積極的にお勧めはしないかな…って感じ。

 

最初は私もこれで十分かなーーと思ってたんですけど、今になってまじまじと見てみると、リールシートやガイドなどの部品がやっぱり値段相応なんですよね。

 

というか、どこの部品を使っているか分からない

 

 

なので、最初の1本にはシマノ・ダイワといった釣り具メーカーの入門モデルをお勧めします。

 

 

 

 

ロッドの長さは?

ルアーロッド前提の話です。

 

ルアーロッドには、ルアーを投げる(キャスティング)ルアーを動かす(アクション)といった性能が求められるのですが、この二つの性能はトレードオフ関係にあります。

 

例:ロッドの長さが長いと・・・

○ ⇨ 飛距離が出る 

✕ ⇨ ロッドアクションをつけにくい

といった感じ。

 

また、長いロッドをフルキャストするには慣れが必要です。

 

そのあたりを考えると、個人的にお勧めの長さは9フィート前後ですね。

この辺が投げやすさ・アクションの付けやすさのバランスが取れています。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ロッドの硬さは?

さて、長さが決まれば次は硬さです。

 

ロッドの硬さには、L(ライト)、ML(ミディアムライト)、M(ミディアム)、MH(ミディアムヘビー)、H(ヘビー)といった硬さがあります。

 

また、ロッドの種類(シーバス、エギング、メバリングetc…)によって、硬さの基準が違います。

例:シーバスのM≠エギングのM

 

それを踏まえたうえで、私のお勧めはシーバスのML、もしくはエギングのMかな。

※適合ルアーウェイトが20g前後のもの。

 

 

 

 

シーバスロッドorエギングロッド???

さて、じゃあ、シーバスロッドにするか、エギングロッドにするかという話なんですが

 

個人的には・・・

 

・ミノーやワームといったルアーを巻いて、大物を含めていろんな魚(シーバス、サバ、サゴシ、ヒラメ)を狙ってみたい…って人、

シーバスロッド。

 

 

・エギやルアーをアクションさせて、ロッドの操作性を優先させたい人

エギングロッド

 

 

こんな感じで、自分のやりたい釣り方に合せてみたらいいかと。

 

 

ちなみに、エギングロッド(上側)とシーバスロッド(下側)では、グリップエンドの長さが写真のように違ってるわけです。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

じゃあ、今の自分なら何を選ぶか…

ここまで書いたことをもとに、今の私が最初の1本として何を買うかな…と考えたら。

 

9フィートのシーバスロッドかなぁ…

 

ミノー・シンペン・メタルジグ・ワームを使った巻きの釣りで魚を狙えるし、

ジグのシャクりのアクションも(とりあえず)付けられるし、

 

あとは、エサを使ったチョイ投げなんかにも十分に使えますし。

→参考:ルアーロッドのちょい投げ釣りのススメ

 

大物がかかった時にも、エギングロッドよりも安心感があるかと。

 

 

 

この辺の理由から、シーバスロッドをチョイスするかなーと思います。

 

 

 

 

最初の1本にいかが?

というわけで、お財布に優しく、かつ永く使えそうなロッドを幾つかピックアップしてみます。

 

メジャークラフト ファーストキャスト

まずはメジャクラのファーストキャストシリーズ

こちらのロッド、非常にリーズナブルですが、Fuji製のガイドを使うなど押さえるところはしっかり押さえてます。

 

初めての方でも安心して使えるんじゃないかな。

 

 

 

メジャークラフト ソルパラシリーズ

こちらもメジャークラフト。ソルパラシリーズ

こちらはファーストキャストが登場する以前からある入門モデルで、こちらもリーズナブルながら基本性能はしっかりと押さえられています。

 

ファーストキャストとどちらを選ぶかは…お好みで(笑)

 

このお値段だったら、見た目の好みで選ぶのもアリかと。

 

 

 

ダイワ リバティクラブシリーズ

続いてダイワ。リバティクラブシリーズ

こちらのロッド・・・持っておりません!(笑)

 

ただ、友人がこのシーバス・エギングロッドを使っているのですが、

ミノー・メタルジグ・メタルバイブ、ちょい投げ仕掛けなどなど、何でもぶん投げて楽しんでいますので、アリな選択だと思います。

 

 

 

スポンサードサーチ

【シマノ ソルティーアドバンス】

続いてシマノ。ソルティーアドバンスシリーズ

 

普通、シマノが最初に紹介されるもんなんでしょうが、まあ、メジャクラ好きなんで勘弁してください(笑)

 

で、こちらのロッドですが、全てのロッドにSiCトップガイドが採用されています

 

おそらく、コスパという点ではこのロッドが一番優れているんじゃないかな。

残念ながら、使っている人が近くに居ないため詳しい話ができませんが、非常に気になるロッドです。

 

2019年にモデルチェンジして、よりコスパの高いロッドになったかと。

 

 

 

というわけで、今回は私の経験をもとに、ロッド選びについて書いてみました。

今から釣りを始めるぜ!!って人の参考になると幸いです。

 

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク