今更ながら、17セドナがなんか面白い~このラインナップの幅広さよ~

スポンサーリンク




過去記事のリライト中に気づいた。

 

17セドナのお話。

 

 

 

 

17セドナがなんか面白い

昔、一瞬だけ使ってた17セドナのことを、ふと調べ直したんですが…

 

このバリュープライスリールがなかなか面白いリールだなと思いまして。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

圧倒的コストパフォーマンス

このリール、安いですよね(笑)

 

買うお店によっては、(サイズによるけど)アンダー5,000円で買えたりします

 

 

そのくせ、HAGANEギアやGフリーボディ、大型ドラグノブなど、最近のシマノの基幹となる技術がしっかりと詰め込まれています。

※X-SHIPは使われてないけどね。

 

しかも、巻き心地もなかなか良好

自分で使った期間は短いですが、同じシマノのFXやシエナよりも一段上のスムーズさがあります。

 

むしろ、サハラやナスキーとほぼ同じ巻き心地

ローターの重さ(慣性)を感じる、しっとり系の巻き心地なんで、ルアーを巻き続ける釣りに向いてるのかな。

 

 

最近、次々に現れる、ダイワのLTコンセプトモデル(レガリスやレブロス)に埋もれがちになってしまってましたが、改めてセドナのコスパの高さに関心しました

 

 

 

 

セドナのサイズラインナップが半端じゃない

一番面白いと思ったのがここ。

 

参考までに、

・17アルテグラ⇒1000番~C5000番の12種類

・16ナスキー⇒500番~C5000番の12種類

・17サハラ⇒500番~C5000番の12種類

 

 

対して…

・17セドナ⇒500番~8000番の15種類

※PEライン付きモデル(2500S PE)をカウントしたら、16種類

 

多いな!

 

ていうか、8000番て!

 

 

サハラ~アルテグラは最大でもC5000までとなってますが、

セドナはC5000XGの上に、6000番と8000番がラインナップされています。

 

もはやSWモデルの領域。

なぜセドナでこのサイズを出したのか…。

 

おとなしいカラーリングで真面目なフリして、急にぶっ飛んできたな(笑)

 

 

 

 

スポンサードサーチ

セドナ8000番で何を釣る…?

8000番って、PE4号を300m巻けんのよ?

他のモデルではSWモデルの対青物仕様のリールくらいしか思いつかないんですが…

 

 

セドナでメーターオーバーの青物でも狙う?

…いや、さすがにすぐ壊れるんじゃない…?

 

シマノの技術力を疑うわけじゃないですが、さすがにこのクラスのリールで巨大青物に挑むのはちょっと怖いかな…。

 

 

…と思ってましたが、Amazonのレビューを見る限り、結構青物狙いで使ってるみたいですね(笑)

 

意外といけるもんなのかな…?

 

 

 

 

セドナはこれからも面白いリールであってほしい

17セドナがなんか面白いという話でした。

 

ただのハイコスパ廉価リールかと思いきや、妙なところでキャラを立ててきましたね

 

ところで、そんな17セドナも、もうモデル末期でしょうか。

来年くらいには、サハラと一緒にモデルチェンジ…かな?

 

もしモデルチェンジしても、現行と同じような幅広~いラインナップで、多くの釣り人を支えてほしいと思います。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク