初心者がジムカーナを始めるにはどうしたらいいのかね

スポンサーリンク




モータースポーツやってみてぇな…

ジムカーナやってみてぇな…

 

って思っても、どうやって始めたらいいのか分からないんじゃないかな。

 

ってことで、

どうやってジムカーナの輪に入ればいいんだよ!

 

っていう方へ、きっかけ作りのヒントになれば。

 

 

 

 

最寄りの地区選手権を見に行って、きっかけを作ろう

とりあえず、ジムカーナがどんな競技かをよく知るために、実際の大会を見に行ってみましょうかね。

 

 

地区戦って、たいてい無料で見れますし(サーキットの入場料がかかる可能性はあるけど)、誰でも見学OKな感じなんで、さらっと会場に入ってみましょう

 

 

 

そして、実はここがジムカーナへのきっかけが作りやすい場所だったりします。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

大会のオフィシャル(スタッフ)に声をかけてみる

 

じゃあ、どうやってきっかけを作るかと言いますと、

 

単純に、大会のオフィシャル(スタッフ)に、声をかけてみてください。

 

 

「自分もジムカーナやってみたいんですけど、どうやったらできますか?」

「大会って、どうやったら出れるんですが?」

「練習会とかってあるんですか?」

「初心者には難しいですか?」

 

なんでもいいです。

 

とにかく、「ジムカーナに興味がある」ということを伝えてみてください。

 

 

きっと、声を掛けてもらったスタッフが、主催クラブの責任者に繋いでくれるはずです。

 

 

ちなみに、話しかけるタイミングとしては、

・昼休み(昼のコースオープンのタイミング)

・大会が終わった後(片付け中)

 

が、いいかと思います。

 

 

 

 

思い切って声をかけた後は…

恐らく、主催者さんの方からいろいろと案内してもらえるはずです。

 

なんせ、モータースポーツ人口ってどんどん減ってますからね…。

 

 

「一度お店に来てみます?」

「連絡先教えてもらえたら、練習会の時に声かけますよ」

「ていうか、来月練習会があるから来てみます?」

「なんなら、大会の後に練習会あるから、見学してみます?同乗してみます?」

「ちなみに、どんな車乗ってるんですか?」

「未経験?ノーマル車??AT車??? 全然OK!

 

などなど、嬉々として話してくれるはずなので、あとは流れに任せてください(笑)

 

 

 

 

スポンサードサーチ

余談:公式戦できっかけを作るのをお勧めするもう一つの理由は…

→ボロいショップに捉まるリスクが低いから

っていうのもある。

 

ぶっちゃけ、車のショップ(モータースポーツ系)って玉石混交で、

 

お客さんをモータースポーツの道に正しく導いてくれるお店もあれば、

利益優先で、とにかくパーツを売りつける店もあったりするわけです。

 

 

その点、公式戦を主催しているショップ(=JAF公認・準公認クラブ)だと、ボロい店の確率は低いんじゃないかな、と思うわけです。

※確率がゼロとは言い切れませんが…。

 

 

また、ジムカーナってちょっと特殊な競技で、

運転技術然り、車のセッティング然り、ジムカーナの専門知識をもった人がいるショップに通った方が、速くなれるんですよね。

 

 

なおかつ、公式戦(JAF戦、JMRC戦)に出る場合は、JAFの車両規則に合わせた車づくりをしないといけないんで、

JMRC戦を主催しているショップに出入りした方が、「ルールに沿って、かつ速い」車づくりを手伝ってくれるわけです。

 

 

ちなみに、自分の経験として、

・ジムカーナがしたいのに、高速コースに合わせたセッティングを勝手にする。

・ジムカーナをやってる学生(私と友人)相手に、ジムカーナを小バカにするような発言をする。

・学生にもローンをホイホイ組ませて、高いパーツを売りつける。

 

という、絵に描いたようなクソショップがありました。

※学生時代、県外に住んでいた時のお話ですけど。

 

ですので、これからモータースポーツ(ジムカーナ)に足を突っ込もうとする人は、そんなクソショップにカモにされないよう、十分注意してください。

 

 

基本的に、

・自分のやりたい競技を否定する

・予算の相談に応じない(分割で良いよ~、とか言っちゃう)

こんなお店は、付き合いを止めた方がいいですよ。

 

 

 

 

最初の一歩は勇気がいるけど…

最後、ちょっと話がそれましたが…

 

大会で、オフィシャル(スタッフ)に声をかけるっているのは、結構勇気がいると思います。

 

ただ、一言声をかけたら、あとは向こうが嬉々として話を進めてくれるはずなので、

最初の一歩だけ、勇気をもって踏み込んでみてください。

 

 

私も、オフィシャルの手伝いをやってたりしますけど、

もしそうやって声を掛けてもらえたら嬉しいですし(笑)

 

 

多少のヒントにはなったかな…?

 

 

よいジムカーナライフを。

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク