半プラの嫌われ者・20ツインパワー(C5000XG)を買ったのでファーストインプレ

スポンサーリンク




ステラを買いなおそうかと思ったけど、

20ツインパワーに落ち着いた。

 

 

スペックオタクからの嫌われ者20ツインパワーを眺めたりクルクルしたりしたので、最初の印象を。

 

 

 

 

20ツインパワーを買った理由

金属ローターのリールが欲しかったから。

 

 

こちら、かつて使っていた18ステラ。

フラッグシップらしい性能・デザインで、文句の付けようのないリールだったんですが、

一番気に入っていたのは、金属ローターの頑丈さと巻き心地

 

 

コアソリッドシリーズでありながら、樹脂ローターよりも軽い巻き出し。

ただ、回り出したら延々と回り続ける。

 

金属ローターは、そんな不思議な巻き心地を味わわせてくれます。

 

 

 

常々、サンデーアングラーにはストラディックでも十分すぎると思っている私ですが、

この金属ローターだけは、ステラかツインパワーでしか手に入らない。

 

 

 

ということで、使用頻度の少ないタックルを売り払ってでもステラを買い戻そうかと思っていたんですが、

リールに6万って頭おかしい

という、冷静なもう一人の自分の意見もあり、ツインパワーに落ち着きました。

 

ただ、ツインパワーにしたのは大正解だったと思ってます。

 

 

 

 

20ツインパワーのデザインとか巻き心地とか

まだ実釣に行けてないので、室内でイジイジしただけの感想です。

とりあえず、私は好きです。このリール。

 

 

 

20ツインパワー(C5000XG)のデザインとディティール

まずはデザイン。

 

 

控えめなラメが入ったガンメタ塗装に、ブラック/ゴールドのスプール。

個人的にはカッコいいと思います。

 

鏡面仕上げの18ステラのデザインが至高と思っていましたが、

ツインパワーはツインパワーでまたよろし。

 

 

 

今回買ったのは、C5000XG

 

メインで合わせるロッドがスコーピオン2832RS-2なので、PEラインの1.5~2号を十分巻けるサイズにしました。

※今は2号を200m巻いてます

 

 

 

20ツインパワー一番のセールスポイント、金属ローター

 

 

 

これ、ステラと同じローターやからね。

 

さっきも書きましたが、コレが欲しいからツインパワーを買ったので、この機能は本当に嬉しい。

手で強めに押しても変形しない、ガッチガチのローターです。

 

 

 

続いてハンドルノブ。

 

C5000XGには、EVA製のラウンドノブが採用されています。

 

 

一点、EVAという素材が気になりましたが、

エクスセンスDCSSのEVA製ノブが思ったよりも快適だったので、まあ大丈夫かな、と。

 

 

 

 

アルミ&CI4+製のボディはどうなの…?

→めっちゃどうでもいい。

 

半プラというワード自体嫌いだし、なんか寒い。

 

 

ご存じの方も多いと思いますが、20ツインパワーのボディは、アルミとCI4+の合わせ技でできています。

写真の、ねじ止めしている部分がCI4+製のカバー。

 

 

 

リールの下側にも、パーティングラインが見えますね。

 

 

ネット上の口コミでは、この合わせ技に否定的なコメントを見かけますが…

 

・半プラになって強度が下がったんじゃ?

→リールフット側がガッチガチのアルミ製で、ボディ設計も一新されているから、15年モデルから強度が下がったとは考えにくい。

実際に剛性感が下がったという人もいるが、剛性「感」と言っている段階でプラシーボなんじゃない?まあ、それで満足度が下がったのなら残念でしたとしか…。

ただ、素材しか語らないスぺオタとシマノの設計者なら、私はシマノの設計者を信じる。

 

 

 

・半プラの影響で、巻き心地が若干カサカサ

個体差&プラシーボ効果じゃね?。私がそこまで繊細な感覚を持ち合わせていないだけという可能性もあるけど。

蓋が樹脂になっただけで何故ギアの巻き心地の変化が起きるんだ。意味わからん。

確かにローターから若干のシュルシュル音はするけど、それは18ステラも同じだった。

なんなら、個人的には20ツインパはステラに近い巻き心地だと感じた。

 

 

 

・合わせ面のネジ穴(デザイン)が気に入らない

→それは好みなので仕方ない。ただ、実釣時に目に入るわけでもないし、私は別に気にならない。

ということで、ボディ素材については全く気になりません。

まあ、まだ実釣に行けてない段階の話ではありますが、実際に使っても全然気にならないだろうな、と。

 

というか、フルメタルボディが欲しかったら、最初からステラ買うし

 

 

 

 

なんか可哀そうな20ツインパワー…

ステラと同じローターを搭載して、18ステラ以降に設計されたMMギア、ロングストロークスプール…などなど、最新の技術を乗っけて着実に進化したのに、

ボディの蓋がCI4+製というだけで、前作に劣る!くらいの勢いで文句を言われる20ツインパワー…

 

 

まあ、それだけ新作に対する期待値が高かったという証拠でもあるんでしょうけど、

可哀そうだね、20ツインパワー。

 

 

19ストラディックのインパクトが大きかったっていうのもあるだろうけど、

ストラディックとツインパワーの間には、結構大きい差があると思うわけですよ。

 

この価格で金属ローターを搭載したのって、凄いありがたいんだけどなぁ。

 

 

もし、ネット上の半プラバッシングで購入を躊躇している人がいたら、一度釣具屋さんで触ってみたらいいと思いますよ。

 

曇りなき眼で、見て触って、気にったら購入で大丈夫かと。

 

ツインパワーを良いリールだと感じてる人も、ここにちゃんと居ますので。

 

 

つーか、釣り行きたい…

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク