東京モーターショー2019 気になる乗り物③ 〜スズキ GIXXER(ジクサー)250〜

スポンサーリンク




東京モーターショー。

 

 

他にも何か面白い乗り物は出てないかなーと思って、ゴゾゴゾと調べていたら…

 

 

 

ありました。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

スズキ ジクサー250

画像出典 スズキホームページ

 

へー、ジクサーも250cc出すんだー…

 

 

と思ってよくよく見てみると

 

 

 

あれ??これ、油冷エンジンじゃね!?

 

 

 

まさかの油冷エンジン復活に、思わずハフっという笑いが(笑)

 

 

 

 

 

まさか油冷エンジンが復活するとはね

油冷エンジンといえば、かつてGSX-R750から搭載されてきた、スズキ独自のエンジン。

 

 

ピストンヘッド(だったかな?)に強制的にオイルを吹き付けることで、冷却効果を出し、水冷エンジンよりも軽量・コンパクトを実現。

 

 

 

…でしたが、私がバイクに乗ってた頃(大学時代)にはほとんど衰退してしまい、GSR1400や、水冷化直前のバンディット1200が、そして謎バイクInazumaが残っていたくらいでしょうか。

 

 

そして、遂には油冷エンジン搭載車の生産終了や水冷化に伴い、油冷エンジンは途絶えた……

 

 

 

…はずでした。

 

 

 

再度書きますが、まさか新しい時代を迎えるとともに、油冷が復活するとは。

 

 

というか、スズキの技術者がまだまだ油冷エンジンの技術を磨き続けていたことに驚きですよ(笑)

 

 

こういうスズキの執念というか、プライドというか、最高にカッコイイわ。

 

 

 

 

 

バイク市場が元気になってきてるのかね

私がバイクを買った頃っていうのは、ちょうど排ガス規制が厳しくなった時期で、CB400SF/SBがインジェクション化したり、ゼファー、ZRX、XJR、インパルスといった名車が次々と絶滅していったりしました。

 

 

おかげで、普通免許で乗れる中型車の選択肢はガクンと減ってね。

 

 

新型車が出ても、二気筒や単気筒エンジンに一気に変わったり、デザインもストファイ系(ヨーロッパ系)になったりで。

 

 

まあ、バイクの世代が変わる過渡期というか、悪い言い方をしたら暗黒期とすら思ってたんですわ。

 

※今でこそ、単気筒や二気筒も楽しいよねーと思ってますが(むしろ、二気筒が好き(笑))、当時は四気筒こそ正義!っていう感じでしたし(笑)

 

 

 

それがここに来て、またバイク市場が楽しくなってそうだなーと。

 

 

 

前に書いたZX-25Rや、今回のジクサーなど、今の技術力で昔のバイクの味をリバイバルするのは、面白いなーと。

 

 

その一方、ホンダはモーター化に力入れるぜ!とか言ったり。

 

 

 

バイク市場が活発になる方向に動いているような感じがして、ワクワクしますな。

 

 

 

 

まあ、私はもうバイクに乗ることは無いでしょうけど…(;´∀`)

 

 

 

もうね、車乗り始めたらバイクに乗れなくなったよ。

 

 

体むき出しで、60km/hとか出せない(苦笑)

 

 

 

 

ジクサーの話からかなり逸れましたが、面白そうなバイクを見つけたってことで。

 

 

バイクの詳しい諸元などは、スズキのHPとかを見てください(笑)

 

 

 

以上、雑談でした。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

関連記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。