釣り具インプレ 〜三代目クロステージCRX-962LSJ〜

スポンサーリンク




さて、夏も近づき、釣りが楽しい時期がやってきましたね。

 

 

というわけで、釣り具インプレ記事

 

 

 

今回は、メジャークラフト 三代目クロステージCRX-962LSJについて。

 

 

 

以前、アブガルシアのクロスフィールドの記事を書きましたが、あのロッド、長すぎ&硬すぎ&重すぎだったんで手放しちゃいましてね。

 

 

で、入れ替えで購入したのが今回のロッドというわけ。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

使用感

さすが専用設計ということもあり、堤防から小・中型青物を狙うショアジギング、いわゆるライトショアジギングにドンピシャです。

 

 

パワー的には、シーバスロッドのM+αくらいかな。

 

 

ただ、設計はあくまでショアジギングロッドで、メタルジグのキャスト&シャクリ動作に最適になるようになっています。

 

その辺はやっぱり、専用ロッドですから。

 

 

 

実際に降ってみたところ、ロッド自体の重さは(ショアジギロッドとしては)軽く、バット部分の剛性が高いため、キャスティング〜しゃくりが非常に快適( ´∀`)b

 

 

 

また、9.6フィートという長さも絶妙

 

飛距離としゃくりやすさを両立できる、ちょうどいい長さです。

 

 

長さで悩んだら、とりあえずこの長さ(9.6フィート)にしておいたら間違いないと思いますよ。

 

 

 

追記

使っていくうちに、何となく分かってきたことがあるので。

 

①全体的に硬め

バット〜ベリー〜ティップにかけて、全体的に硬めなのかな。

 

 

(私の技量だと)ジグをしゃくってる時にはティップの先端しか動きません

 

で、ティップも結構ハリがある感じ。

 

 

このおかげで、ジグにキビキビとしたアクションがつけられるんでしょうな。

 

 

 

ただ、その反面、マイナスの面もあるのかなーーと。

 

 

というのが、最近、長時間しゃくるのがしんどくってですね…(;´∀`)

 

 

ロッドは軽いのになんでだろうなーーと思ってたんですけど、最近、

「硬めのティップだけでジグにアクションを付けるから、まあまあ力を使ってるんじゃないかな」と勝手に思ってるわけですわ。

 

 

※N-ONEのSSJロッドが、しなやかめのティップが勝手にジグアクションをつけてくれてたんで、あっちの方が楽なのは楽だったかなーとか思ったり。

 

 

この辺は一長一短なのかな。

 

 

 

②バット〜ベリーの剛性は、やっぱり頼れる

別に大物を釣ったわけじゃないんですけどね(;´∀`)

 

 

バットの剛性感は、やっぱりショアジギロッドです。

 

 

不意の大物にも、しっかり対応してくれそう。

 

 

 

 

③ロッドの重さ

ロッドの重さを測ったところ、200グラムジャストでした。

 

やはりライトショアジギングロッド、ショアジギロッドにしては軽量ですな。

 

 

 

追記終わり。

 

 

 

 

使うジグは40グラムがジャスト。

 

ジグの重さが乗って、ロッドの反発を使って綺麗に飛んでいきます。

 

 

まだヤズしか釣れていませんが、バットがしっかりしているため青物の引きもしっかりと受け止めます。

 

3メーターくらいの堤防であればタモなしで引き抜くこともできました

 

 

 

 

あと、36センチほどのカマスがかかった時は(当然ながら)難なく釣り上げました。

というか、ファイトのファの字も無かった(苦笑)

 

 

 

ちなみに、LSJシリーズはあくまでライトなショアジギング向けロッドなので、地磯でブリやヒラマサ釣るんじゃ!!っていう人は、同じクロステージでもショアジギングモデルのMHやHを選びましょう。

 

 

 

 

シーバスロッドと比較しよう

ただただロッドを眺めても仕方ないので、同じクロステージシリーズのシーバスモデルと比べてみましょう。

 

 

比較するのは、三代目クロステージCRX-962ML

 

※シーバスモデルのインプレはこちら⇨シーバスモデルインプレ

 

 

 

まずは性能比較

当然ながら、それぞれ狙う魚に向けて専用設計されてますね。

 

ただ、シーバスモデルではシグパラマイクロを使ったスーパーライトショアジギングとかもできますし、汎用性の高さはシーバスモデルに軍配が上がるんじゃないかと。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ロッドの各部分を比較

まずはグリップ

 

画面上がシーバス、下がLSJモデル。リールシートの位置は同じにしています。

 

 

こう見ると、フロント・リアともにLSJモデルはグリップがかなり長いですね。

 

 

この長いグリップのおかげで、ロッドを小脇に挟んで(脇に当てながら)ジグをしゃくることができるようになってます。

 

 

 

 

リールシートはどちらもダブルナット仕様。

 

シャクりが多い釣りですが、シートの緩みは気になりません。

 

 

 

 

 

続いてガイド。上がシーバス、下がLSJです。

 

 

いずれも糸絡み防止を狙ったKガイドが採用されています。

 

 

が、LSJモデルは大物にも対応できるようダブルフットガイドになってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

LSJモデル単体で見るとこんな感じ。

 

リング部分はシーバスと同様にアルコナイトが採用されています。

 

 

ちなみに、トップガイドは細めではありますが、(細めの)スナップは無事に通りました

 

シーバスモデルはスナップが通らなくてテンション下がったので、ここは安心。

 

 

 

 

 

 

どこで製造されたんだい

シーバスモデルはMade in Chinaでしたが、LSJモデルはMade in Vietnamでした。

 

 

だからどうっていうわけでもないんですが、なんとなくメジャクラの自社工場製っていう方が安心(笑)

 

どうも、製品のグレードによって中国工場(委託)とベトナム(自社)で分けているみたいですね(たぶん)

 

 

 

 

 

トータルでどーなんだい?

すごく単純に、ライトショアジギングやりたいって人には非常にオススメです。

 

 

堤防からメタルジグをぶん投げて、小型〜中型青物を狙うには、これくらいのロッドがちょうど良いかと。

 

 

 

また、本格的にLSJをやってみたいなーっていう人は、クロステージ以上のグレードを選ぶことをお勧めします。

 

 

 

というのも、正直、私もロッドを選んでいる時は「ソルパラで十分かなー」って思ってたんですよ。

 

 

ところがどっこい、店で実物を持ち比べた時に、クロステージの方が圧倒的に軽かったし、ロッドのしっかり感(剛性感?)もクロステージの方が上でした。

 

 

 

他にも、Kガイドクロスフォースの採用などのアドバンテージを考えると、ソルパラに+3,000円払う価値はあるぞ、と。

 

 

デザインもかっこいいし(笑)

 

 

 

というわけで、青物釣ってみたいぞっていう方、三代目クロステージという選択はいかがでしょうか。

 

 

近くの堤防から大物っちゃいましょう(笑)

 

 

※私が使っているのは最もベーシックな962LSJですが、用途に合わせて902LSJ1002LSJも検討してみてもいいと思います。

 

 

 

また、「ロッドに1万オーバーはちょっと…」っていう人は、ソルパラのLSJやファーストキャストのシーバス・キャスティングモデルという選択肢もアリかなーと思いますので、ご自身の予算に合わせて考えてみてください。

※個人的にはクロステージが以上のLSJモデルをオススメしますが…。

 

 

 

ホントは、もっと釣果をあげてからインプレを書きたかったんですけどね(苦笑)

 

 

 

まあ、これからぼちぼち頑張りますよ。

 

 

 

ではでは、この記事を見てくれた人が良いロッドと出会えることを願っております。

 

 

ほな、アディオス(`・ω・´)ゞ

関連記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。