三代目クロステージ(CRX-962LSJ)の、ざっとしたインプレ

スポンサーリンク




釣れない男の、釣り具インプレ記事

 

今回は、メジャークラフト 三代目クロステージCRX-962LSJについて。

 

 

以前持っていたアブガルシアのクロスフィールドが、長すぎ&硬すぎ&重すぎだったんで手放しちゃいましてね。

 

それと入れ替えで、新しいロッドを購入しました。

 

 

 

 

クロステージ・962LSJ使用感

さすが専用設計ということもあり、堤防から小・中型青物を狙うショアジギング、いわゆるライトショアジギングにドンピシャです。

 

パワー的には、シーバスロッドのM+αくらいかな。

 

ショアジギングロッドとしては軽量(実測で200g)で、かつ、シーバスロッドよりも全体的に硬く張りのあるテイストになってます。

 

ただ、全体的に硬いテイストゆえに、シャクリの動作は結構疲れるかも…

強いバットとベリーは頼りになるんですが、

ロッドをしゃくっても、ティップ部分しか動かない感じなんで、ロッド全体でジグを跳ね上げるような感覚になります…。

 

ジグをしゃくり続ける体力にどうしても自信の無い方は、クロステージのSSJシリーズを検討してみてもいいかも。

 

あと、9.6フィートという長さも絶妙

飛距離としゃくりやすさを両立できる、ちょうどいい長さです

 

 

 

 

スポンサードサーチ

LSJシリーズの強さはいかほど?

まずはキャスティング

 

LSJシリーズのロッドに合せるのは、40gが丁度いい感じです。

メジャクラの動画でも40gをメインで使ってますし、このウェイトに照準を合わせて作ってるんじゃないかと勝手に思ってます。

 

 

続いて、魚とのやりとり。

まだ40cm少々のヤズしか釣れていませんが、バットがしっかりしているため青物の引きにも余裕をもって対応できました。

 

3メーターくらいの堤防であればタモなしで引き抜くこともできましたよ。

※無理はしないでね。

 

 

あと、36センチほどのカマスがかかった時は(当然ながら)難なく釣り上げました(笑)

というか、ファイトのファの字も無かった(苦笑)

 

 

 

シーバスロッドと比較しよう

参考までに、同じクロステージシリーズのシーバスモデルと比べてみましょう。

 

比較するのは、三代目クロステージCRX-962ML

※シーバスモデルのインプレはこちら⇨シーバスモデルインプレ

 

 

 

まずは性能比較

当然ながら、それぞれ狙う魚に向けて専用設計されてますね。

 

ただ、シーバスモデルではシグパラマイクロを使ったスーパーライトショアジギングとかもできますし、汎用性の高さはシーバスモデルに軍配が上がるんじゃないかと。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ロッドの各部分を比較

まずはグリップ

※画面上がシーバス、下がLSJモデル。

 

こう見ると、フロント・リアともにLSJモデルはグリップがかなり長いですね。

 

この長いグリップのおかげで、ロッドを小脇に挟んで(脇に当てながら)ジグをしゃくることができるようになってます。

 

 

 

 

リールシートはどちらもダブルナット仕様。

 

シャクりが多い釣りですが、シートの緩みは気になりません。

 

 

 

続いてガイド。上がシーバス、下がLSJ。

 

いずれも糸絡み防止を狙ったKガイド+アルコナイトリングが採用されています。

 

 

 

ちなみに、LSJモデルは大物にも対応できるようダブルフットガイド仕様。

 

 

アルコナイトリング。

見た目じゃわからん。

 

 

ちなみに、トップガイドは細めですが、(細めの)スナップは無事に通りました

シーバスモデルはスナップが通らなくてテンション下がったので、ここは安心。

 

 

 

 

LSJモデルは、MADE IN ベトナム

シーバスモデルはMade in Chinaでしたが、LSJモデルはMade in Vietnamでした。

 

だからどうっていうわけでもないんですが、なんとなくメジャクラの自社工場製っていう方が安心(笑)

製品のグレードによって中国工場(委託)とベトナム(自社)で分かれてるのかな。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

トータルでどーなんだい?

すごく単純に、ライトショアジギングやりたいって人には非常にオススメです。

堤防からメタルジグをぶん投げて、小型〜中型青物を狙うには、これくらいのロッドがちょうど良いかと。

 

 

あと、本格的にLSJをやってみたいなーっていう人は、クロステージ以上のグレードを選ぶことをお勧めします。

 

というのも、正直、私もロッドを選んでいる時は「ソルパラで十分かなー」って思ってたんですよ。

 

 

ところがどっこい、店で実物を持ち比べた時に、クロステージの方が圧倒的に軽かったし、ロッドのしっかり感(剛性感?)もクロステージの方が上でした。

 

他にも、Kガイドクロスフォースの採用などのアドバンテージを考えると、ソルパラに+3,000円払う価値はあるぞ、と。

 

デザインもかっこいいし(笑)

 

 

 

というわけで、青物釣ってみたいぞっていう方、三代目クロステージという選択はいかがでしょうか。

近くの堤防から大物っちゃいましょう。

 

 

 

また、「ロッドに1万オーバーはちょっと…」っていう人は、ソルパラのLSJやファーストキャストといった選択肢もアリかなーと思いますので、ご自身の予算に合わせて考えてみてください。

 

 

 

ホントは、もっと釣果をあげてからインプレを書きたかったんですけどね(苦笑)

 

まあ、これからぼちぼち頑張りますよ。

 

 

 

ほな、アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク