15コルトスナイパーS906Mのファーストインプレを書いてみようかと

スポンサーリンク




なんとなく遠投ロッドが欲しいな…と思ったときに思い出した、いつぞや書いた記事…

初心者におすすめのライトショアジギングロッドを考える会

 

ここで、9.6フィートでMクラスのショアジギングロッドがいいぞって書いたんですが、

 

他人に勧めておきながら、自分が使わないのは如何なものか?

と思ったので、処分価格になっていた15コルトスナイパーを入手したわけです。

 

 

現行のXRとかSSにしなかった理由?

 

15コルトスナイパーの方がカッコよかったからだよ。

 

 

 

 

15コルトスナイパーの重さはいかほど…?

15コルトスナイパーS906Mの重さは、247g

対して、16コルトスナイパーBBの重さは、232g

 

…あれ、BBの方が軽い!?

 

って思ったんですが、これが余計な心配でして。

 

 

無印の方が重量バランスが良いのか、実際に持ってみると先重り感が少なく、重量自体も軽く感じました。

この辺、カタログスペックだけじゃ判断できないなーと思ったポイント。

 

 

ちなみに、最近出たコルトスナイパーSS(S96M)の重さは、225g

無印の後継機種であるコルトスナイパーXR(S96M)の重さは、275g

 

BBと無印の関係性を考えると、最新機種も実際に持ち比べた方がいいかもね。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

15コルトスナイパーS906Mで、いろんなルアーを投げてみました

Mクラスのショアジギロッドだと、どんなルアーが使えるのか?と思ったので、

軽いジグから、プラグまで投げてみました。

 

 

メタルジグ(コルトスナイパー・42g)

これくらいの重さが一番丁度いい感じ。

 

キャスト時にロッドがしっかりしなるので、「ロッドで飛ばしてる」感じがします。

 

なんなら、50gくらいの方が良い気もしますんで、50gのジグを入手したら投げてみます。

 

 

 

メタルジグ(ジグパラ・30g)

普通に飛ぶけど、40gと比べると、キャスト時のロッドのしなりは少なめ。

ロッドのパワーを持て余してる感じがします。

 

ただ、飛距離は十二分に出るので問題なし。

 

 

 

メタルジグ(ムーチョルチア・18g)

思ったよりも、めっちゃ飛んだ。

結構懐が深いぞ、このロッド。

 

ただし、30gよりもロッドのしなりが更に少なくなるため、リリースポイントが結構ズレます

 

40g投げた直後に18gを投げたら盛大にキャストミスしたので、急激にウェイトを変えた時は、注意がいるかも。

 

 

 

ショアラインシャイナーZ セットアッパー 125S-DR(22g)

飛ぶ飛ぶ。

 

ウェイト的には問題ないけど、重心移動システムを有効に使って投げる技術は必要。

下手に投げると、回転して飛距離が出ないぞ。

 

 

 

レアリスジャークベイト130SP(22g)

キャストの感覚は、セットアッパーと似た感じ。思ってたよりもしっかり飛ぶ。

 

ただ、リトリーブの時はティップの硬さが気になるかな。

海面から飛び出さないように気を付けないといけないかも。

 

…まあ、ショアジギングロッドだから硬いのは当然だけど。

 

 

他にも、コルトスナイパーロックポップ(23g)とか、ロックスライド120S(33g)といったプラグを投げたけど、いい感じに飛びますね。

 

 

ただ、プラグ類に関しては、スコーピオン2832RS-2と圧倒的な飛距離の差は感じなかった…気がする。

メタルジグは、長さの暴力って感じでよく飛んだ印象なんだけどなー。

 

 

キャストの技量の問題か…?

 

 

 

 

ジグアクションの付けやすさは…?

通常のシャクリ動作(ワンピッチジャークなど)に関しては、特にロッドのダルさは感じず。

ただ、ショアジギングロッドゆえの硬さはあるから、疲れるのは疲れるね(;´・ω・)

 

 

あと、トゥイッチなどの手首を使うアクション。

できるのはできるけど、長時間は無理(笑)

 

重いし長いし硬いし、握力鍛えないとキツイ。

グリップエンドが長いから動かしにくいし。

 

スコーピオンの感覚で動かそうとした私が間違っておりました(苦笑)

 

 

 

 

スポンサードサーチ

S906Mに合せるリールは…?

→C5000番がいいんじゃない?

 

適合ラインの上限がPEの2号なんで、2号-200mの4000番(4000XG)でもいいと思うけど、

いざとなったら2号を300m巻けるし、

もし後々硬いロッドを買っても、3号-200mに対応できるから、

 

より懐の深いC5000番が良いんじゃないかと。

 

C5000だと、ラウンド型のハンドルグリップが付く機種も多いしね。

 

 

 

ちなみに私は、スコーピオンに使っている4000XG+PE1.5号という組み合わせをそのまま流用。

 

替えスプールという手もあるけど、お金に余裕ができたら考えます(;´∀`)

 

 

あと、ギア比はXGが良いぞ。

ルアーを100mもブッ飛ばす釣りだから、XGじゃないと手返しが悪くてしょうがない。

 

 

 

 

とりあえず、こんな感じで堪えてください

いかんせん、魚を掛けてないもんでね。お恥ずかしい。

 

久々に使ったショアジギロッドは、Mクラスでもかなりたくましいなーと感じたので、

ぜひ青物とファイトしてみたし。

 

 

ちなみに、ここまで書いておいてなんですが、

15コルトスナイパー(無印コルトスナイパー)は既に廃盤になっております。

 

なので、無印の後継機種が欲しい人はコルトスナイパーXR

少々お値段を抑えたい人はコルトスナイパーSSをご検討ください。

 

 

 

お魚は秋に期待…かな。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク