17コンプレックスCI4+の超簡単なインプレ【海のライトゲーム用に導入】

スポンサーリンク




海釣り用に、17コンプレックスCI4+をBE MY BABYした

 

っていう話。

 

 

 

ステラの後釜として

オークションサイトで、ほぼ未使用品がお安めで出品されていたので、さらりと落札。

またストラディックCI4+にしようかなーと思っていた矢先、思わぬ伏兵として現れました。

 

まあ、ほぼ赤ストラディックと変わらないスペックのリールなんですけどね。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

17コンプレックスCI4+の特徴は…

ベースモデルは16ストラディックCI4+(以下、赤ストラ)。

これをバス用にチューニングしたのが、コンプレックスCI4+というわけです。

 

まだあんまり使ってないので、ストラディックCI4+とどこが差別化されているのかを、超簡単に書こうかと思います。

 

 

 

CI4+製ハンドルを採用

赤ストラが金属製ハンドルだったのに対し、

17コンプレックスCI4+は、CI4+製ハンドルを採用

 

 

この、もやもやーっとしたのが、カーボンが練りこまれた樹脂(=CI4+)の証拠。

軽量化にも貢献してるし、ヴァンキッシュみたいでなんかかっこいいよね。

 

 

 

 

ラピッドファイアドラグ採用

通常のドラグよりも、1クリックあたりの調整幅が大きい、ラピッドファイアドラグを採用。

ちなみに、ドラグ力は赤ストラと一緒です。

 

こちらのラピッドファイアドラグ、シーバスモデルのリールでも使われている機能ですが、

個人的にはすごく好き

ささっと緩められるのが良い感じ。

 

ドラグ緩めるような魚かけてないけど。

 

 

 

 

モノフィラメントライン向きの浅溝スプール

コンプレックスCI4+のスプールサイズってちょっと特殊で、

F4もしくはF6というサイズになっています。

 

これは、モノフィラメントライン(フロロカーボンライン)向けの浅溝スプールで、

F4=4lbフロロカーボンラインが100m

F6=6lbフロロカーボンラインが100m

巻けるだけのラインキャパがありますよって意味。

※F4はC2500番、F6は2500番です。

 

海のライトゲームでは3~4lbのナイロンラインを使っているんで、どちらでもいいかなー。

まあ、今回はたまたまF4が出品されていたのでF4になりましたが。

 

 

 

あとはデザインが違うくらいか?

赤ストラがこれで

 

コンプレックスがこれ

うーん…

どっちもかっちょいいけど、コンプレックスの方が渋いかな

 

 

まあ、この辺は好みですが…

イケイケな赤ストラの方が好きかも(笑)

 

 

と、なんとなく導入した17コンプレックスCI4+ですが…

ゾディアスと組み合わせて、海のライトゲームに使ってます。

 

見た目はバスタックル、中身は海釣り。

 

超軽量リグは少々苦手ですが、

専用のアジング・メバリングタックルよりも面白いかもしれない…

と思っているので、ぼちぼち使っていこうと思います。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク