【ジムカーナ】ノーマル車でジムカーナはできるのかって話

スポンサーリンク




できるよ。

 

 

ということで、ひっさびさのジムカーナ話。

 

今回は、「(初心者が)ノーマル車でジムカーナはできるのか」ということについて、独断と偏見を大いに交えながら書こうと思います。

 

あくまで参考程度に…。

 

 

 

 

基本的にはできるよ

と、私は思ってます。

 

現に、ノーマルのアクセラでジムカーナ走行会行ってますし。

 

ただ、実際走るにあたっては注意すべき点がいくつかあるので、今回はそこに重点を置きながら書いてみようかと。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

背の高い車はNG

最近流行りの背の高い軽四ミニバンなど、車自体の高さや車高が高い車走るのは止めときましょう。

 

コケるから

 

車って、結構簡単にコケます。

特に、サーキットジムカーナ(サーキット走行)で縁石を踏んだりしたらゴロンと転びます。

 

まあ、ゆっくり走ってたらある程度は大丈夫なんですけど、走ってるうちに熱くなって(調子に乗って)しまうと、ついつい激しく走り始めてしまって…

 

あ!!!

と思った瞬間にはコケてます。

 

実際に、私が学生の頃、後輩がスズキのKei(ノーマル)でサイドターンしようとして、華麗にZ軸での270度ターン(=横転)を決めてましたし。

 

 

 

 

やっぱりタイヤは傷むぞ

これもタイヤの種類にもよるんでしょうが…

 

基本的に、1日走ったくらいだと、ノーマルタイヤはそこまで削れません。

↑実際に一日走ったタイヤ(TOYO DRB)

 

この日はそんなに暑くない日の走行会だったんで、そこまで激しい削れ方はしませんでした。

※帰り道のロードノイズは大きくなってたけど(;´∀`)

 

ただ、これが夏だと、もっと表面が溶けたり削れたりして、タイヤにダメージが入ってたかと思います。

 

あと、もっとブロックの小さいタイヤ(いわゆるエコタイヤ)だと、

ブロックの一部がちぎれたり

最悪の場合、タイヤの一部が一周ベロンと剥がれたりするリスクが高くなります。

 

ですので、こういったタイヤを履いている場合はあんまり激しい走りはしないようにしましょう。

 

 

実際、エナセーブで一日サーキットを走った結果、ブロックが大きく消し飛んだ人を見たことがありますし、

私も学生の頃にエコスのブロックを消し飛ばしたことがあります。

 

 

ぶっちゃけ、欲を言えば駆動輪だけでもいいので走る用のタイヤを用意した方が安心です。

※それはもうノーマルちゃうやんというツッコミは勘弁してください(-_-;)

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ハイグリップタイヤはいらない

ノーマルの足回りの場合、(フラッグシップの)ハイグリップタイヤは要りません

 

個人的に、ノーマル車にハイグリップタイヤはただの無駄だと思ってますんで。

 

 

 

ハイグリップタイヤは硬い足回りだからこそ真価を発揮する

超・超・超手っ取り早く言うと…

 

ノーマルの柔らかい足回りだと、タイヤを押さえつける力が弱いため、ハイグリップタイヤの力を発揮しきれません。

 

足回りとグリップ力のバランスが悪すぎます。

ハッキリ言って、高いタイヤを買うだけ金の無駄

 

 

ハイグリップタイヤ(RE-71R等)を履きたかったら、その前にちゃんとした車高調を入れましょう。

↑ガチ車高調+ハイグリップタイヤの(懐かしの)デミオさん

 

 

 

セカンドグレードのスポーツタイヤぐらいがちょうどいいかな?

じゃあどんなタイヤが良いのかといえば、セカンドグレードのスポーツタイヤぐらいでしょうか。

※車にもよります。

 

RE-004とか、DZ102、ADVAN FLEVA…等々

 

まあ、今回はノーマル車がテーマですし、「無理に履き替える必要はないよ」としておきますか。

 

 

 

 

改造車に乗った人の走りを真似しようとしない

サイドターンなど、ジムカーナ特有の華々しい動きは、足回りなどをがっつり改造している+運転技術があるからこそできるわけであって…

 

初めて走る人がノーマルの車で見よう見まねでやっても、おいそれとできるものではありません。

むしろ、横転や故障のリスクが高くなるので、いきなりこのような運転(技)を真似するのはオススメできません。

 

というか、ノーマル車にはノーマル車の走り方というのがあって、それはそれでスムーズで速くてカッコイイもんなんですわ。

 

ノーマル車でジムカーナをする時は、その車で最速で走るための走り方(ライン取りなど)を研究して極めた方が楽しいしカッコイイと思ってます。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

まずはノーマル車でジムカーナへGO

と、いろいろと注意点を書きましたが、無茶な走り方をしない限り(←重要)ノーマル車でもジムカーナは楽しめます。

 

いや、ノーマル車なりの楽しみ方がある、と言った方が正しいかな。

なので、ノーマル車だけどジムカーナに興味あるなーって方は、まずは今の車でチャレンジしてみればいかがでしょう?

 

コレでも十分に楽しい!って思ったらそのまま楽しめばいいし、もっと速さを極めたい!!って思ったら、少しずつ改造に手を伸ばしても良いでしょうし。

※泥沼に片足を突っ込むことにはなりますが…(;´∀`)

 

 

楽しみ方は人それぞれなんで、まずはレッツチャレンジ!ということで。

 

 

 

 

ちなみに…

ここまで書いておいてなんですが…

 

ジムカーナも良いですが、ノーマル車+初心者ということでしたら、オートテストに出るのも良いと思いますよ。

ヘルメットやグローブも要らないし、コースもシンプルだし、速度域も低いし、ジムカーナよりもだいぶハードルが下がります。

 

オートテストも思ったよりモータスポーツしてますからね(笑)

オートテストに参加してきた話

 

 

オートテストもめちゃ楽しいので、興味がある方はぜひ。

 

 

 

写真すっくねぇ記事だこと。

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク