【スピニングタックル】キャスティングのちょっとしたコツ

スポンサーリンク




目下、キャスティングの練習中なんですが…

 

練習中に気づいた、キャスティングのコツについて書いてみようかと。

ただ、私も練習中の身なんで、あくまで参考程度に…

 

 

 

キャスティングに求められるものとは…

飛距離 & 正確さ

じゃないかと思うわけですよ。

 

飛距離が出せられたらそれだけ魚に出会えるチャンスは増えますし、

正確性が上がれば、魚が居そうな場所を狙ったキャスティングができるってことでね。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ポイントは親指だ

本当に簡単なポイントなんですが…

 

利き手(キャスティングする手)の親指を伸ばして、グリップに添わせる

※スピニングはツーフィンガー(中指と薬指の間でリールを挟む)が良いと思います。

 

これだけ。

 

 

それだけかい!

知っとるわ!!

って思った方、

 

すまん。これだけなんじゃ。

 

 

 

 

これだけで、結構変わるよ

まず、この持ち方をしてもらいまして…

 

 

 

テイクバックに入りまして

 

 

 

利き手の親指をぐいっと押し出すようにしてキャステイングします。

 

この持ち方&投げ方をするだけで、キャスティング時に力をロッドに伝えやすくなり、飛距離が伸びます

 

また、こうすることで、キャスティング時のロッドのブレが少なくなって、真っ直ぐ飛ぶようになります(飛びやすくなります)。

 

 

ちなみにこのポイント、短いロッドでも長いロッドでも、片手投げでも両手投げでも共通のポイントになるんで、いろんな釣りに活きてくると思いますよ。

 

 

本当に簡単なポイントではありますが、

キャスティングが上手くいかない…(;´Д`)

って方は、少し意識してみたらどうでしょうか。

 

 

私の場合、まだまだ練習中の身ではありますが、意識する前よりも真っ直ぐ飛ぶようになったなーと実感しています。

 

 

 

あとは魚を掛けるだけ。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク