【1stインプレ】シーバスハンターZが、リーズナブルで使いやすくて素敵

スポンサーリンク




もう、シーバスハンターがあればミノーは事足りるんじゃないか。

 

って、結構マジで思えるくらい使いやすい。

 

95と120と、揃えたくなるルアーです。

 

 

 

 

シーバスハンターZを買ってみて、使ってみて…

2021年にリニューアルした、シーバスハンターZ

 

シーバスハンター、Ⅱ、Ⅲと続いてのモデルチェンジ。

 

まず驚きなのが、アンダー1,000円(お店による)で買える手軽さ。

 

シーバスミノーって、1,500円~2,000円という、狂った値段設定の物が多い中、

アンダー1,000円というのは非常にありがたい。

 

 

 

なんか、シーバスハンターⅢに比べると、今っぽいデザインになったような。

 

 

 

特に、バーティスみいな形状のリップは特徴的かと。

 

 

リップは短めだけど、結構幅が広め。

水噛みがどんなもんなのか気になるところ。

 

 

 

 

シーバスハンターZを実際に使って、「いいな」と思ったポイント

そんなシーバスハンターZですが、早速実際に使ってみました。

 

 

ちなみに、メインで使ったのは95F

 

ドリフトの練習をしたかったので、フローティングをメインで使いました。

 

 

そして、そこまで使い込んでないまでも、いいなーと思ったポイントは、この二つ。

・飛距離(飛行姿勢)

・期待以上に泳ぐ(普通に泳ぐ)

 

どう良いと感じたかというと…。

 

 

 

 

シーバスハンターZは「よく飛ぶ」

ルアーのインプレでよく聞く、「よく飛ぶ」というワードですが、

シーバスハンターZはよく飛びます(笑)

 

というか、飛び姿勢が安定してるのがイイ

 

 

シーバスハンターZには、重心移動システムが入ってるんですが、

※ルアーを振ると、カラカラと音がします。

 

このおかげで、飛行中にルアーがバタつかず、直線的にルアーが飛んでいきます

誤解を恐れずに言えば、サイレントアサシンと同じような飛び方。

 

 

なので、飛距離を稼げるし、多少風が吹いていても安定して飛びそうだし、狙ったところにキャストしやすいかと。

 

あと、(たぶん)シンプルな重心移動システムになってるんで、

キャストに慣れていない人が投げても、安定して飛ばすことができるかと思います。

※スプリングやマグネット式のように、キャストの初速を上げなくても良さそうだったから。

 

 

正直、廉価グレードの重心移動システムって、

下手したらただのラトルになる

と思ってたんですが、ここはさすが大手メーカー。

しっかりと重心移動システムの役割りを果たしてきます。

 

 

 

シーバスハンターZの泳ぎは期待以上。普通に泳ぐ。

よく飛ぶのが分かったら、次は泳ぎ。

 

泳ぎに関しては、ローリング主体かなーといった感じ。

※メーカーの説明にある、タイトウォブンロールという表現がピッタリ。

 

 

ラパラ・カウントダウンやジャークソニックのように、ブリンブリンにウォブリングするルアーとは、ちょっと性格が違うかと。

 

 

あと、早巻きでもちゃんと泳ぐけど、スローに巻くと、少し泳ぎが弱いかな。

ゆらゆらとしたローリングはするけど、ウォブリングはさらに弱まります。

 

 

まあ、強く泳げばいいってもんでもないんで、その辺は臨機応変で。

 

 

ちなみに、95よりも120の方がローリングが強めだと感じたけど、

この辺はさらに使って観察しようかな。

 

 

 

 

リーズナブルで使いやすいから、釣り初心者にもおススメできそう

ろくな釣果もないから、あんまり偉そうなことは言えないけど…

 

・安い(アンダー1,000円)

・飛ばしやすい

・普通に泳ぐ

・サイズ展開が豊富(2サイズ×F・S)

・カラー展開も豊富(ベイトカラー、チャート、レッドヘッド)

・入手難易度低め(実店舗で結構見かける)

 

この辺の条件を考えたら、ルアー釣り初心者の人にもおススメしやすいかと。

 

 

というか、シーバスハンターZの95Fと120Fがあれば、ミノーには困らないんじゃ…

とすら思ってます。

 

 

廉価グレードだから、若干の不安もあったけど、

そんな心配を吹き飛ばしてくれた高コスパルアー。

 

 

 

 

暫くはコイツに頼ることが多くなりそうです。

 

 

シーバス釣りたい…

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク