ラテオ93MBとエクスセンスDCSSでサーフショアジギング→高切れ強制終了

スポンサーリンク




タイトルでオチを言うスタイル。

 

ただ、ベイトタックルがクッソ面白いぞ、と。

 

写真撮り忘れたから、文章ばっかりになるけどご勘弁を。

 

 

 

 

ベイトリール+PEラインに初挑戦

ベイトリールにPEライン…?

 

そんなの、バックラッシュしたら一撃終了だし、リスク高過ぎじゃね…???

 

 

と、思っていましたが、

友人(べらお氏)からの洗脳勧めを受けて、チャレンジしてみることにしました。

 

 

 

 

使用タックルは

・ロッド:ラテオ・R 93MB

・リール:エクスセンスDCSS(XG)

・ライン:スーパーXワイヤー4(2号)+ナイロンリーダー(30lb)

 

ラインキャパは2号-180mのはずだけど、2号-150m巻いたらパッツンパッツンになりました(笑)

 

 

 

 

ベイトリール+PEラインの使用感などは…

まあ、最初はビビりますよ。

 

なんせ、バックラッシュ&高切れしたら一撃終了だと思ってたからね。

 

 

ということで、最初はメカニカルを締め気味+ブレーキ3でスタート。

 

さすがに、これくらいのブレーキ設定だと、ノントラブルキャストが可能。

 

 

ほう…まだいけるな。

ということで、メカニカルゼロポジ+ブレーキ2→ブレーキ1へ調整。

 

 

ああ、これ飛びますわ。

全く問題なし

 

途中、ラインが浮き気味になっても自然に収束してくれたし、着水サミングさえしてやれば、ノントラブルで飛ばせます。

 

飛距離も、ざっと80mくらいは飛んでたかな。

 

 

 

 

バックラッシュもしたけど、対処法はリールを信じることだ

と、思っていたよりもノントラブルで飛ばせたわけですが、

やはりバックラッシュは数回しました(;´∀`)

 

 

…とはいえ、その原因は自分のキャスト方法にあったようで。

 

 

というのも、ロングリーダーを取っていた分、リーダーの結節部分がスプール部分にありまして、

キャストの時にその結び目(リーダーの切れ端部分)が指に当たって、クッソ痛かったんですよ。

 

そんで、痛いのを恐れるあまり、力の入れ具合とか、リリースポイントがずれていた様子。

 

 

 

ということで、結び目がスプールに入らない程度にリーダーを切断してやると、バックラッシュが見事に改善

 

 

あとはリールのブレーキ性能を信じてフルキャストすると、ほぼゼロバックラで快適にルアーを飛ばせました。

 

 

ただ、ロングリーダーを付けた方がバックラッシュし辛いという声も聞くので、

リーダーの結び方とか、キャスト時の指の置き方とか、別の解決方法も試してみないといけないかな、と

 

 

 

 

調子に乗ったら、突然の高切れで強制終了…

と、非常に調子よくキャストできていたので、

ブレーキ1+メカニカルの微調整でキャストを続けていたんですが、

 

 

バチン!!!!

 

という聞いたことのない音とともに、ルアーが本日最大の飛距離を記録

 

それも、回収できないほどの飛距離…

 

 

はい、終了でーす。

 

 

 

それまで調子よく飛ばせていただけに、突然の高切れに暫し茫然…。

 

何が困るって、高切れの原因が分からないことよ

 

2号ラインだったから大丈夫だろうと思ってましたが、甘かったですね。

 

 

 

 

ベイトリール+PEラインは、「アリ」だ

今までビビってて損したわ。

 

普通にトラブルレスでキャストできるし、飛距離も出る。

 

 

そして何より、バックラッシュも軽度で済むから、ナイロンよりもバックラッシュが怖くない。

 

どうやら、PEラインだと、ラインが浮いたら早々に絡んでロックしてしまうから、ナイロンよりもバックラッシュが軽度で済む様子。

 

ナイロンみたいに、奥の方の絡みを取る必要が無かったので、バックラッシュからの復帰は非常に早かったです。

 

 

ということで、引き続きエクスセンスDCSS+PEラインで釣りにチャレンジしてみたいと思います。

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク