オモックを自作するのに便利なもん見つけた

スポンサーリンク




オモックが話題になってから、かれこれ1年…?

 

 

さて、オモックは以前も作ったわけですが

※オモックの作り方⇒オモックが面白そうだから作ってみた

この時は、100均のステンレス針金とスイベルを使いました。

 

ところが今回、オモックを作るのに便利そうなもの見つけたのでご紹介。

 

 

 

 

デコイ(DECOY)ストレートスイベルを使ったら楽じゃね?

あ、これいけるわ。

 

 

 

なんか、いろんな仕掛けに使えるみたい。

アイデア次第!らしいんで、オモックに使ってみます。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

さて、オモックを作ろう

作っていきまーす。

 

 

 

①:ナツメオモリとストレートスイベルを準備する

今回は8号のオモリを使用。

スイベルは少々長めかな?

 

ちなみに、スイベルの頭は回転するようになってますので、釣りで使ってもラインがヨレるのを防いでくれます。

※スイベルだから当たり前か(笑)

 

 

 

②:オモリにスイベルを通す

ナツメオモリの穴に、ストレートスイベルを通します。

これは特に難しい作業じゃないかと(笑)

 

 

 

③:ストレートスイベルを曲げる

やはり長かったか…

本来なら余った部分をカットするんですが、手元に釣り用のプライヤーしかないため、今度ペンチでカットしようかな。

 

ちなみに、100均のステンレス針金に比べて、このワイヤーはかなり張りがあって固め。

頑張って曲げてください(苦笑)

 

 

 

④:適当なフックをつけて、完成!

今回は、ジグパラアシストフック(M)を使用。

オモリの下端まで届くくらいの長さなんで、魚のバイトも拾いやすいかな。

 

とにかく、完成でございます

早い!!!

 

 

 

ストレートスイベルを使うと、作業が圧倒的に楽だったぞ

実際にストレートスイベルを使ってオモックを作ったところ、針金を使うよりも楽でした。

通して曲げてフックを付けるだけなんで、10分もあれば作れるかと思います。

 

ただし、スイベルのワイヤーは結構強めなんで、工作用のプライヤーで作った方がいいかも。

※釣り用プライヤーで作ると、プライヤーが傷む気がします。

 

どのみち、余ったワイヤーをカットする必要があるんで、ペンチ(ラジオペンチ)を用意した方がいいよ。

※余ったワイヤーが長すぎると、根掛かりの原因になります。

 

 

 

ということで、未だにオモックを作っている話でした。

 

針金+スイベルで作るよりも少々コストは増えるかもしれませんが、

作業はすごく楽になったので、オモックを作りたい人は試してみてはいかがでしょう。

 

ちなみに、ストレートスイベルはルアーフック売り場に置いてあったんで、お店で探してみてください。

 

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク