キャスティングタイラバを作ろうとしたら、よくわからんルアーができた

スポンサーリンク




これは正解なのか…

 

ただ、面白いものはできた。

 

 

 

 

カラーおもりを購入したわけです

先日購入したカラーおもりという商品

釣具屋で見つけた「カラーおもり」の話

 

一つはオモックにしたわけですが、

 

そもそもはキャスティングタイラバを作りたくておもりを探していたので、なんとかキャスラバに近い物を作りたい…

 

と思ったので、自作にチャレンジしてみました。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

キャスティングタイラバの自作に挑戦

用意したのはこのパーツたち。

・カラーおもり

・回転スイベル

・スピナーベイト用のラバースカート

・(写ってないけど)メタルジグ用フック

 

さて、無事に作れるのやら…

 

 

 

①スイベルにラバースカートを巻き付ける

まずは、スカート部分から。

 

ラバースカートの中心あたりにスイベルを持ってきて、スカートで挟むようにセッティング

 

ちなみに、今回買ったスカートだと、1パック使い切るくらいじゃないとボリューム感が出ませんでした。

 

 

続いて、リールに巻いてあったPEラインを少し拝借して、スカートをスイベルに巻き付けます。

 

巻き付ける時は、糸の端を口に咥えて、糸にテンションをかけながら反対の端をクルクルクル…と巻き付けると、作業がやりやすかったです。

※必殺仕事人、「三味線屋の勇次」のイメージで。

 

 

さて、自分でやっていながら、「これで形になるのか…?」と思っていましたが、

 

 

思ってたよりもそれっぽくなりました

※PEラインの部分に、接着剤を付けた方がいいかも。

 

さて、次の工程だ。

 

 

 

②フックを取り付ける

続いて、フックの取り付け。

とはいっても、スイベルの下側(スカートが被さっている側)に、スプリットリングで付けるだけなんですけどね。

 

 

取り付けるフックも悩みましたが、手持ちの中で一番長いものをチョイス。

 

 

 

それっぽくなりましたが、

タイラバ用のフックを使った方が、よりそれっぽくなるかもしれません(笑)

 

 

 

 

③完成したフックを、おもりに取り付ける

こちらも、スプリットリングで取り付けるだけ。

 

プライヤーでカチャカチャと作業したら…

 

 

完成!

 

なんだこれ!!!

 

 

 

 

これはこれで、面白いルアーかもしれない

Q.これはキャスラバですか?

A.たぶん違うと思います。

 

まあ、なんか面白い仕掛けができたので、これはこれで良しとしましょう。

思ったよりも綺麗にできたし。

 

 

…ただ、作りながら思ったんですよね。

 

 

ジグラバースルーの替えフック買った方が、早いし安上がりだな、と。

 

 

まあ、私も最初はジグラバースルーの替えフックを使おうと思ってたんですけど、

釣具屋回っても、タイラバタイプの替えフックが売ってなかったんですよ

 

オフセットフックタイプはあったんですけど、オフセットフックの気分じゃなかったんで、今回は自作に臨んでみました。

 

 

まあ、加工自体は思ったよりも結構綺麗にできたんで、同じようなことを考える変わり者方の参考になれば幸いです。

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク