サーフショアジギングに挑戦→ベイト祭りなのに魚に会えない

スポンサーリンク




あれだけの大チャンスを活かせないのは、

私の技術不足か、はたまた運の無さか。

 

 

 

 

サーフショアジギングに挑んだわけですわ

私の地元には、ドン深サーフが無くて、遠浅サーフしかない。

だから、サーフショアジギングは難しい…

 

 

と思っていましたが、これが間違いだったようで。

 

友人(べらお氏)と一緒に、サーフでの釣りへ。

 

私はルアーで、友人はアジの泳がせ釣りで挑戦。

 

 

 

 

夜明けと同時に、大量のベイトが押し寄せてきまして…

こんなベイトの塊、初めて見たぞ。

 

 

波打ち際まで大量のカタクチイワシが押し寄せてくるし、

 

 

 

遠くには鳥山。ボイルも見える。

 

 

これは、稀にみる大チャンスじゃないか…?

 

 

ということで、メタルジグをぶん投げ続けていたんですが…

 

 

 

何も釣れねぇ!!!

 

 

というか、周りの人もほとんど釣れてねぇ…。

 

みんな、夢破れてトボトボと帰っていくぞ。

 

 

私は私で、

「いやいや、みんな諦めるの早すぎるだろ…」

と思いながらキャストし続けましたが、釣果はゼロ…。

 

2時間以上ベイトが湧き続けていたのに、肝心のフィッシュイーターが現れないとは…。

 

 

 

こんな、マッチ・ザ・ベイト中のマッチ・ザ・ベイトなのに釣れないのか…。

 

 

まあ、青物なんかは回遊に当たるかどうかの博打みたいな釣りなんですけど、

これはさすがに悔しいぞ

 

 

 

 

一方、泳がせ釣りをしていた友人は…

同じくボウズだし、アジが酸欠で亡骸になるしで散々な様子でしたが、

 

 

打ち寄せられるイワシをウッキウキで拾っておりました

 

 

その姿は、さながら、ミレー作の名画「落穂ひろい」のごとし。

 

 

「ハマチと同レベルの男www」

 

とか笑いながら彼を見ていたんですけど、

 

彼が作った天ぷらの写真を見ると、

「拾えばよかったかも…」

と思ったり思わなかったり(笑)

 

 

イワシって美味いからね。

 

 

 

 

サーフショアジギングは「アリ」だった

思い込みって良くないね。

 

 

遠浅サーフではありますが、タイミングが合えばベイトもバッチリ寄ってきますし、

少ないとはいえ、今回ハマチを釣りあげていた人もいました。

 

 

むしろ遠浅サーフだと、水深が浅い分、棚を探る手間が少なくて済むし、入ってきた魚はエサを追い詰めて高活性な状態だと思うんで、回遊に当たりさえすれば、他の場所よりも釣りやすいんじゃないかな、と思ったり思わなかったり。

 

 

あと、浜にずり上げたのでいいから、タモが要らないっていうのも嬉しいよね。

 

 

近場で面白そうなポイントを見つけられたんで、また通ってみようかな。

 

 

 

 

釣行メモ

・天気:晴れ(ほぼ無風)

・釣行時間:6時~9時

・潮汐:小潮(8時干潮)

・足元水温:17℃

・海の様子:一面にベイト(カタクチイワシ)の群れ。海鳥が常に飛んでいるし、6時半くらいに鳥山ができたり、ボイルが起きていた(サーフ南方の方が鳥山が大きい)。

南に少し歩いたところor北の端くらいで、ハマチが釣れていた。

 

 

場所取りが悪かったのか、運が無かったのか、技術不足か…。

 

 

まあ、運まで含めての技術不足か。

 

前日のシーバス釣りといい、あと一歩なのになぁ…。

 

 

悔しいぞ!

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク