シマノ製リールの話 〜C3000番とは何だ〜

スポンサーリンク




 

コンパクトボディ(C)の3000番。

 

 

ということで、シマノリールの話します。

 

 

 

 

 

シマノリールのサイズ展開とC3000番

シマノのリールにはいろいろとサイズがあって、小さいのは500番、大きいのになると4000、5000、ひいては30000番とか意味わからんサイズもあるわけです。

 

 

その中で、C3000番っていうサイズがどういう意味なのかと言いますと…

 

 

 

 

コンパクトボディ(2500番)に、

 

 

 

3000番のスプール(2500番系の深溝スプール)を組み合わせてますよっていう意味です。

 

 

なので、C3000番のリールには、2500番系のスプールがポン付けできるんです。

※一応、互換表を確認してください。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

C3000の何が良いのか

さて、超汎用な番手だと言われるC3000番なんですが…

 

 

2500番C3000番との違いは…

・糸巻き量が違う

サイズ展開が豊富な17セドナを例に出すと…

 

 

・2500→PE1号が320m巻ける。

・C3000→PE1号が400m巻ける

※2500S(浅溝)→PE0.6号が200m巻ける。参考までに…。

 

 

 

 

ということで、スプールが大きい分、C3000番は2500番よりも糸巻き量が多くなります。

 

ということは…

 

 

 

2500番よりも太糸を使えるようになるわけですな。

※2500のラインナップは少なくて、ほとんどのリールでは2500Sしかないみたい。

 

なので、2500番ボディで1号以上のPEラインを巻きたかったら、C3000番を選ぶようになるかな。

 

 

 

 

ドラグが強くなる

ドラグって、強いっていう表現で合ってんのかね。

 

また17セドナで比較しますと…

 

・2500番→実用ドラグ2.5kg・最大ドラグ4.0kg

・C3000番→実用ドラグ3.5kg・最大ドラグ9.0kg

 

 

と、ドラグが強くなってます。

 

これも、スプールが大きくなったことに伴ってドラグワッシャーが大きくなったことが関係してんのかな。

 

 

※19ストラディックC3000番のドラグ部分。

 

 

 

 

 

C3000番はどんな釣りに使えるの

→何にでも。

 

汎用モデルなんで、使える場面は多いです。

 

シーバス、エギング、SSJ(スーパーライトショアジギング)、ちょい投げ…

 

なんでもござれ(笑)

 

 

また、2500番系とスプールの互換があるため、2500や2500Sの替えスプールも持っていたら、1台のリールで太いラインや細いラインを使い分けることも可能。

例:普段はPE1号を巻いたC3000でシーバス、今日はPE0.6号の替えスプール(2500S)にチェンジしてエギングじゃ!など。

 

 

さすがにガチガチの青物狙いはしんどいですが、C3000番があればいろんな釣りができるかな、と思います。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

シマノリールのサイズ展開は…

余談的になりますが、シマノ製リールのサイズについて簡単に書いておこうかと。

 

ここでは、シマノ社のHPから情報を得られた19ストラディックを例に出します。

 

・1000番ボディ→1000S、C2000S(HGも)

・2500番ボディ→2500S(HG)、C3000(HG、XG)

・4000番ボディ→4000(XG、MHG)、C5000XG

 

 

 

さて、ここで気付いた方もいるかと思いますが…

 

 

各ボディサイズに、C○○番という番手があるかと思います。

※C2000、C3000、C5000ね。

 

 

つまり、C3000番以外にも、ボディとスプールの組み合わせ次第で、C○○番というサイズができているわけですな。

 

 

リールのサイズっていっぱいあんのに、ボディサイズって案外少ないよね。

 

 

 

……分かったかな?

 

 

まあ、C3000番が汎用性のあるサイズってことが分かってもらえだらOK(笑)

 

 

セドナは入門用にいいぞ。

 

 

 

アディオス

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク