シマノの新しいジグヘッドを買ってみた ~ソアレ・カケガミ~

スポンサーリンク




釣り友達(べらお氏)が教えてくれた、新しいジグヘッド。

 

を、買ってみました。

 

 

 

 

ソアレ・カケガミというジグヘッドだぞ

シマノが発売した、アジ専用ジグヘッド(らしい)。

 

お値段、2本入りで480円+税

 

 

~釣具屋にて~

友:「これこれ。ワーム真っすぐ刺せるし、ツインフックで素敵」

 

私:「でも、2本で480円って高くねーかい?」

 

友:「違うんだよ。これはフックが交換できるんだよ。」

「だから、替えフックを買えばずっと使えるし、いろんなフックを組み合わせられるんだよ。」

 

私:「気に入ったーーー!!!」

 

 

…という流れで購入したんですが、実際に開封して使い勝手などを確かめてみました。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ジグヘッドの特徴&開封後の見た目からチェック

ジグヘッドの特徴は、パッケージ裏面に説明を任せます(笑)

 

フックの可動域が大きいから、アジの口にもフッキングしやすいし、

ワームキーパーもしっかりしてるぜってことで、よろしく。

 

 

 

実際に取り出したのがこちら。

 

まあ、かなり特殊な形状してますね(笑)

 

説明のとおり、ツインフックの可動域はかなり大きくて、ワームに食いついた魚の口元に絡み付きそうな印象は受けます。

 

 

ワームの取り付けもかなりイージー。

真っすぐなワイヤーに刺すだけなので、簡単にワームをセットすることができるかと。

 

 

普通のジグヘッドの場合、針先を抜く場所をミスったら、ワームが曲がってセットされたりしますよね。

 

カケガミだと、その難易度はかなり下がりそう。

 

 

 

 

カケガミのフック交換は簡単?

カケガミのアシストフックは、曲げられたワイヤーの隙間にフックの溶接リングを通すだけ。

 

スプリットリングなどを介していないから、工具なしで簡単に取り替えられる…

………

……

…と思ってました。

 

 

いやね、これが実際にやってみると、ワイヤーの隙間を通すのが思ったよりも遥かに硬い(苦笑)

 

素手だと、なっかなかフックが外れないし、

下手したらフックが手に刺さりそう。

 

 

これは危ないということで、スプリットリングオープナーでワイヤーの隙間を少しだけ広げてやると、無事にフック交換ができました。

 

ということで、カケガミのフックを交換する時には、工具の使用を推奨します

 

 

 

 

ちなみに、手元にあったスプーン用のフックを付けたらこんな感じ。

 

純正アシストフックの他にも、他社のフックや、小型プラグ用フック、スプーン用フックなど、

いろんなフックを試せそうなんで、仕掛けの幅が広がりそうですな。

 

ちなみに、スプーン用フックアイの向きが丁度いいから、使ってみたら面白い…かもしれない(笑)

 

 

 

 

スポンサードサーチ

メバリングシーズンにも使ってみようと思います

アジング専用とか書いてますが、メバリングにも普通に使えると思うんで、

秋のアジ~冬・春のメバリングまで、いろいろと使ってみようと思います。

 

 

ま、アジやメバルが食いついてきたら、の話やけどね。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク