シーバスデイゲーム(昼間のルアー釣り)をやってみて、良かったなーと思ったこと

スポンサーリンク




釣果はないが、勉強になることもあった。

 

何事も、やってみることが大事だな、うん。

 

 

 

 

去年(2020年)は、シーバスのデイゲームに出かけることがちょこちょことありまして…

シーバスって狙ったことないよなーと思ったけど、一人で夜釣りにいくのも、なんか寂しいしアホらしい…

 

 

ということで、釣れたらラッキーという、非常に甘い考えで臨んだデイシーバス。

 

まともな釣果は得られていませんが、

「昼のルアーゲームもやってみるもんだな」と思えたことがあったので、ちょっとご紹介。

 

 

 

 

①:昼間には、ピンポイントキャストの練習をできる

キャストと言っても、沖合に向かって大遠投するわけじゃなくて…

 

防波堤と並行にキャストしたり、消波ブロックの近くを狙ってみたり…

 

いわゆる、ピンポイントキャストの練習ができるな、と。

 

 

魚って、魚が居る場所に仕掛け(ルアー)を落とさないといけない場面もあったりするんで、

キャストの技術があるに越したことはないよな、と思うわけです。

 

 

昼間であれば

・ポイントを目視できる

・ルアーの軌道が見える

・着水点も見える

・キャストミスに早く気付ける→フェザーリングで早期にラインを止められる

 

と、キャスト練習には良いことづくめだなーと感じました。

 

考えてみれば当たり前のことだけど、いざやってみると「確かに」と実感できたので、これがまず一点。

 

 

 

 

②:ポイントの環境を観察できる

夜って、海の状況が見えませんやん?

 

これが、明るい時間帯だと、驚くほど海の環境を観察できるんですよね。

当然だけど。

 

 

 

こういう風に岩がせり出してるんだなー、とか

消波ブロックがここに沈んでるんだなー、とか

海藻が生い茂ってるんだなー、とか

潮がこう流れるんだなー、とか

 

発見できることは無数にあります。

 

 

特に、干潮のタイミングでポイントに行ってみると、海底の様子がよく観察出来たりするんで、

釣れる気がしないようなタイミングであっても、ちょっと釣り場を覗いてみるだけで、次の釣りに繋がる情報を得られたりする…かもね。

 

 

あと、季節や時間帯を変えて同じポイントに通い続けてると、

・泳いでいる魚(ベイト)

・海藻の茂り具合

・潮の流れ方

などなど、環境の変化を身をもって経験することができると思います。

 

 

ネット上で季節によるベイトの変化を調べることはできますが、

自分の経験として観察すると、より具体的な情報として勉強になるんじゃないかな。

 

 

 

 

③:ルアーのアクションを観察できる

これが、デイゲームでの一番の収穫だと感じてます。

 

手元にあるルアーの泳ぎ方を、何となくでもイメージできます?

 

 

手持ちのルアーの動きを把握していないと、ルアーを投げて巻いていたとしても、今、どういう動きをしているのかをイメージできないから、闇雲な釣りになっちゃうんじゃないかな、と。

 

 

あと、ルアーの動きを知っておくこと=ルアーローテーションの(1つの)指標と思っていて、

今○○なルアーを使っているけど、次は○○を投げよう(例:ウォブリングが大きいルアーに反応が無いから、ローリング主体のルアーにしてみよう)

という判断をするためには、やっぱりルアーの動きを把握しておく必要があるよね、と思うわけ。

 

 

なので、デイゲームを通して、

・巻いている時の動き方(早巻き・遅巻きの変化も含めて)

・巻きを止めた時の動き方(浮き上がり方、沈み方、浮き沈みの速度など)

・キャスト時の飛び方と飛距離

 

など、ルアーごとの性格を知っておいたら、「釣れた」じゃなくて「釣った」と言える釣りに近づけるんじゃないかな。

 

 

もっと言えば、

 

ミノー、シンペン、バイブレーションってこんな風に泳ぐんだ、

シャッドテールとピンテールワームって、こういう違いがあるんだ

トゥイッチを入れたら、ルアーはこういうアクションをするんだ…など、

 

個別のルアーごとではなく、ルアーのカテゴリー別の動き方を知ることができるんで、

ルアー釣りを始めたばかりの人は、特に昼間にルアーを泳がせてみることをお勧めします。

 

 

ちなみに、私の経験上、初めて使うルアーをナイトゲームでいきなり投げても、

「本当に釣れるの?」「ちゃんと泳いでるの?」と、疑心暗鬼状態になる

→ルアーの泳がせ方が雑になる

→釣れない。永遠に釣れない。

→やっぱり、ルアーじゃ釣れないんじゃ…という疑心暗鬼になる

(+別のルアーなら釣れるかも…と思って、無駄にルアーを買う)

 

という、最悪のスパイラルに陥る危険性があるので、ご注意を。

 

 

 

 

釣果の無い人(=私)の話に、説得力はないだろうけど…

まあ、偉そうなことを言っておきながら、

シーバスなんかまともに釣れたことないんですけどね。

 

 

魚のいる釣り場・タイミングを見極めて、

魚のいる場所にキャストして、

ルアーローテーションしつつ、ルアーを信じて巻き続ける…

 

文字で書くと簡単だけど、やってみると難しい。

 

 

ただ、昼間に釣りをすることで、そのヒントになる情報を多少は得られたかな、と思えたので、

あとは、どう釣果に繋げるか…だな。

 

 

頑張りまーす

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク