ダイソー 500円ランタン(税込み550円)のインプレ

スポンサーリンク




自分用に買ったわけじゃない。


けど、手にする機会があったので簡単にインプレ。





ダイソーのランタンを購入

別に、自分がアウトドアで使いたいとかいうわけじゃなく、


実家のじーちゃんが、
「納屋で作業する時の作業灯(懐中電灯)の調子が悪い」
と言っていたので、買ってみた次第。



さて、そんなダイソーの500円ランタン。

渡す前に、開封してイジイジしてみた感じだと、
アウトドア(趣味)用で買うのであれば、正直あんまりお勧めしない



そういう結論になった理由を絡めながら、レッツインプレッション。





ダイソー500円ランタンのディティールとか

まずは全体を眺めてみます。


箱から出した感じ、サイズ感はちょうどいいし、形状も綺麗。



ただ、全体が樹脂製なので、かなり安っぽい。

箱から出した瞬間、Oh,モロにプラスチックやんけ!!!と感じたほど。




特に、スイッチ部分はプラスチック感が満載で、残念ながら味があるとはいえない仕上がり。

あと、スイッチ部分の突起が小さいから、ちょっと回しにくい。




参考までに、こちらはキャプテンスタッグのLEDランタンのスイッチ。

こっちも樹脂製だけど、質感と操作性には差を感じる。




本体のサイズはこんな感じ。

大き過ぎずコンパクト過ぎず、ランタンとしては標準的なサイズかと。



取っ手部分は大きくてしっかりしてるので、ランタンハンガーなどに安定してぶら下げられそう。





ダイソーランタンを光らせてみる~明るさはどうだ?~

続いて、照射能力。


まず、このランタンは単三電池×3本を必要とするので、同じくダイソーで購入したアルカリ電池をセット。




本体には、COBチップタイプのLEDが3枚貼り付けられていて、商品名のとおり360度を照射することが可能。


…だけど、壊れた懐中電灯もCOBタイプのLEDだったんだよなー。

連続使用時間が短かったり、接触不良になったりしたので、安価なCOBチップはちょっと不安。





では、光らせてみようじゃないか


遮光カーテンを閉めた室内で光らせてみます。


まずはLowの状態。


テーブルの上とかで光らせるには十分すぎるほどの光量かと。
※フローリングの板幅が約18cmなので、参考までに。




続いて、High(光量Max)まで上げてみると…



明るいな、これ!

外に置いてフィールドを照らすのにも使えるし、これなら、納屋での作業も楽々だぜ!

最高にハイってやつさぁーーー!!!





ただ、白色の光っていうのは好みが分かれるポイントか。


正直、

私はキャプテンスタッグ(右側)の暖色系LEDの方が好み

両方とも光量Maxにしてみると、ダイソーランタンの方が明るいのは明るいけど、キャプテンスタッグの方が雰囲気は出るかな。




ちなみにダイソーには白色と暖色系(ゆらぎ機能付き)を切り替えられるランタン(調光ランタンBIG)も売られています。


ただ、そんなランタンを買ったらじーちゃんがパニックに陥るので、私はシンプルな白色LEDタイプを購入しました。

ダイソーで雰囲気重視のランタンを買いたいのなら、調光ランタンBIGの方をお勧めします。





ダイソーの500円ランタン、お勧めできる?

→個人的にはイマイチお勧めできない。


その理由は、

① イマイチ雰囲気が出ないから

② 耐久性とランニングコストに不安があるから

という二点。




① イマイチ雰囲気が出ないのは何故か?


・プラスチック感満載のボディ

・むき出しの白色LED


の影響かなー。




特にボディのチープさは顕著で、

キャプテンスタッグのランタン(金属製)と比べると、どうしても差を感じてしまう。


まあ、値段が4倍ほどするんで違いがあるのは当たり前っちゃ当たり前だけど、
趣味性のある形状のランタンを買うんだったら、少し奮発してキャプテンスタッグのやつを買うかな、と。


ちなみに、DCMグループのホームセンターでは、キャプテンスタッグと同じと思われるランタン(DCMブランド品)が980円で売られてました。

コストを抑えたい人はそちらをチョイスしてもいいかも。




② ダイソーランタンのランニングコストはちょっと不安


続いてのお勧めできないポイントは、ランニングコスト



このランタンの連続点灯時間は、約5時間


ただ、当然ながら5時間明るさが維持できるわけではなく、段々と暗くなっていく…と思うわけですよ。



そして、過去にLEDの作業灯を使ってきた経験上、

安価なLEDライトって、すぐ暗くなる

っていうのがあるので、夜のフィールドを連続で照らし続けるのにはちょっと不安があるかな、と。

※実際に連続点灯はさせてません。過去のライトの経験からの推測です。




それに加えて、電源が単三電池っていうのがね…


1~2回使ったら電池を使い捨てにすることになる気がするんで、ちょっと勿体ないかな、と。



まあ、この辺は充電電池を使うことで克服できるんで、考え方次第かな。

※自分用のランタンでは、エネループを使ってます。

※ダイソーにも、充電電池が110円/本で売られてます。もちろん充電器も。すごいぞダイソー。





これを買うのなら、もう少し奮発した方が良いと思うわ

ということで、ダイソーの500円ランタンの話でした。


繰り返しになるけど、個人的にはあんまりお勧めできないな…。


というか、
これを買うのなら、少し奮発してもうちょっといいランタンを買うかな



ただ、
ダイソーのアウトドアってとこが面白んだよ!
っていう人は、買ってみても良いかと。


普通に明るいし、使いやすいサイズ感なんで。




ただ、個人的なお勧めはこっち。




アディオス

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク