ベイトリール初心者が使うラインは、徳用ナイロンラインで十分だぞ

スポンサーリンク




ベイトリール初心者…

 

俺のことやんけ!

今回は、ラインの話。

 

 

 

やっぱり、バックラッシュからは逃れられない

私も、最近本腰を入れてベイトリールを使い始めたんですが、

やっぱりバックラッシュからは逃れられんね。

 

サミングをミスしたり、

勢いよくキャストし過ぎて、初速が乗りすぎたり、

キャストする時に指が滑ったり…

 

なんなら、メカニカルが緩んでるのに気づかずにクラッチを切って、

ルアーが足元に着水してバックラッシュしたこともありますからね(笑)

 

 

となると、ベイトキャスティングに慣れない間は、必然的にライントラブルが起きるリスクは高いわけで。

 

解けるレベルのバックラッシュで済んだらまだ良いけど、

複雑怪奇なバックラッシュになったら、ラインをごっそり切らないといけないことも…(;´・ω・)

 

高いライン巻いて、一撃でバックラッシュを起こしたら、やっぱり凹むやん?

だから、ベイトキャスティングに慣れるまでは、お安い徳用ナイロンラインを使った方がいいと思うわけですわ。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

私が使っているラインは…

ちなみに、私が今使っているラインは、

ダイワのバスX(14lb)

お値段は300m巻きで800円少々。

私が使っているスコーピオンDCの場合、14lb-100mのラインキャパがあるんで、

3回は巻き替えることができます。

 

 

ただ、このラインもこの間使い果たしてしまったため、新しいラインを購入

サンヨーナイロンアプロードAプライム(16lb)

こちらは、500m巻きで880円+税だったので、バスXよりもさらにリーズナブル。

まあ、サンヨー製品なので大丈夫でしょう。

 

 

 

ちなみに、フロロ派の人にお勧めなのは…

デュエル カーボナイロン

高コスパラインとしてかなり有名なラインかと。

私も一回使ったことがありますが、高切れなどのトラブルもないし、普通に使えると思いました。

 

ただ、個人的にフロロカーボンのゴワゴワした感じが好みじゃないんで、

今はナイロンばっかり使ってます。

 

 

 

 

まずはお安いラインでキャスティングを練習しよう

と、自分に言い聞かせる。

 

幸いにも、DCブレーキのおかげで致命的なバックラッシュには見舞われていませんが、

バックラッシュから逃れることはできないと感じているので、

まずはお安い徳用ナイロンラインで、バックラッシュを恐れずにキャスティングの練習をしようと思います。

 

慣れてきたら、PEラインも使ってみたいね。

 

 

釣り行きてぇ…。

キャスティングしてぇ…。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク