ロッドガイドの話2 〜SiCリング?アルコナイト?Oリング?〜

スポンサーリンク




前回の続きです。

 

⇨前回ロッドガイドの話 〜Kガイドとはなんぞな〜

 

 

今回は、SiCやらアルコナイトやらの話を簡単に書こうかと。

 

 

 

ということで、スタート。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

SiCとは?アルコナイトとは?Oリングとは?

ガイドリングの素材のこと。

 

 

ガイドリングというのは、ガイドの輪っかの部分のこと。

 

上の写真でいうと、輪っかの黒い部分のことです。

 

 

この部分に使われている素材が、SiCであったり、アルコナイトであったり、Oリング(ハードガイド)であったり。

 

 

 

で、これらの素材を性能順で並べると

 

SiC > アルコナイト > Oリング

 

となります。

 

 

 

 

つーか、ガイドリングの性能ってなんだよ

じゃあ、ガイドリングの性能とはなんぞやと言われたら、主に

 

・硬さ

 

・滑りやすさ

 

・放熱性

 

 

の違いでしょうか。

 

 

 

素材の硬さについて

ラインとガイドって常に接触していて、ラインを巻いている間はズルズルと擦れ続けています。

 

 

しかもラインには、乾いた塩分の結晶や細かい砂などが付着していて、極端に言えばヤスリのような状態になっているわけです。

 

 

 

ということは、そんなラインと接触しているガイドは、少しづつガリガリガリガリと削られているわけで。

 

 

こんな環境にさらされるガイドリングなんで、硬い素材の方が向いているというわけです。

 

 

 

 

滑りやすさと放熱性

想像してみてください。

 

 

右手で釣りのラインを握って、左手でそのラインをギュン!!!と引っ張ったら、

 

右手におっそろしいほどの摩擦が起きると思います。

 

 

こんな感じの摩擦が、ガイドリングとラインの接触部分で起きているわけです。

 

 

しかも、投げて巻くを繰り返したらその都度その都度摩擦にさらされるわけですから、ラインにはダメージが蓄積されていく…。

 

 

 

ということで、滑りやすくて放熱性の高い素材を使った方がラインへのダメージが軽減されて、ライン切れなどのリスクが下がるというわけです。

 

 

 

 

 

ちなみに、よく聞く「SiC」とは

シリコン(Si)炭素(C)の化合物で、Silicon Carbideの略。

 

今あるガイドリングの中では、最上級と言えるような素材です。

 

 

硬さは天然ダイヤモンドに次ぐレベル

 

放熱性はハードガイド(Oリング)の約5.7倍

 

そんな素材を鏡面仕上げで磨き上げてるから、滑りやすさも抜群だぜ

※いずれも、富士工業のHPから

 

 

という、ガイドリングに求められる性能を突き詰めたようなハイスペック野郎なわけです。

 

海でPEラインを使うんであれば、SiCガイドが使われているのが安心ではありますね。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

アルコナイトとは?

SiCとOリングの間の素材で、ハードガイドの一部(ハイグレード品?)になるんでしょうか。

 

すんません、富士工業のホームページとかを探しても、情報を見つけきれませんでした(;´Д`)

 

 

ちなみにですが、先端のガイドだけSiC(いわゆるトップSiC)、その他のガイドはアルコナイトという使われ方が多い印象です。

 

 

あと、海外(アメリカなど)では結構メジャーな素材だそうで、近年国内モデルでも使われることが多くなってますね。

 

 

メリットはというと…

 

そこそこハイグレードだけどSiCよりも部品単価が低い

⇨結果的にロッドのお値段が下がる

良いブランクスを使ったロッドがよりお手頃なお値段で手に入るようになる

 

っていうのがメリットといえばメリット(笑)

 

 

 

 

Oリングとは

ハードガイドとも言うのでしょうか。

 

アルミナオキサイド製のセラミックをリングに加工したもの…らしい。

 

 

基本的に、入門グレードのロッドに使われていることが多いですね。

 

 

SiCなどに比べると、硬度や放熱性で劣ったりしますが、まあ、一般的に流通している素材ですからね。

 

決してダメダメな素材というわけではないです。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ロッドのお値段とガイドの関連性

さて、先程書いたとおり、ガイドリングの性能は

 

SiC > アルコナイト > Oリング

 

となるわけですが、

 

概ね

〜1万円のロッド ⇨ Oリング

 

1万〜1万5,000円くらいのロッド ⇨ トップガイド(先端のガイド)がSiC、残りはアルコナイト

 

1万5,000円〜 ⇨ 全ガイドSiC

 

 

が使われているイメージ。

 

例えば、実売1万3,000円くらいのクロステージだと、GUIDE:Fuji ALCONITE RING K-series-FRAME

 

要は、「Kガイドフレーム+アルコナイトリング」

 

 

 

 

実売2万円ほどのN-ONEシリーズだと、Guide:Fuji KR-frame Fuji SiC ring

 

要は、「KRガイドフレーム + SiCリング」の組み合わせということです。

※KRガイドフレームは、Kガイドの一種(派生)モデルと思ってください。

 

 

 

人によっては、

「ガイドはSiC以外認めない!!!」

「アルコナイトを使うなんて、コストカット甚だしい!!!」

というスペックオタク全開な意見もありますが、個人的には

 

 

「トップガイドがSiCだったら安心かな〜」

 

 

くらいで考えてるんで、ロッド選びの参考にしていただけたら。

 

 

 

 

 

というわけで、ガイドのお話でした

2回にわたってガイドのお話をしましたが、ややこしいガイドの種類について少しでも理解いただけたら幸いです。

 

 

 

以上!

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

関連記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。