ワールドシャウラ2831からスコーピオン2832に乗り換えるから、二つのロッドを比較してみる

スポンサーリンク




鼻血出しそうになりながら買ったロッド。

ワールドシャウラ

 

を、手放すことにしました…

 

理由は、金銭的な事情です

※ヤバイ理由じゃないよ。個人的な懐事情です。

 

泣く泣くとはこのことを言うのかね…。

 

 

 

 

せっかくだから、ワールドシャウラとスコーピオンを比べてみる

まあ、代わりにスコーピオン2832RS-2を購入したんですが

※ワーシャを売る差額分でも結構な額になるので

 

せっかくなんで、この二つを比べてみようかと。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

グリップ周り~

上側がスコーピオン、下がワールドシャウラ。

 

見てのとおり、ワーシャはカーボンモノコックグリップになっているため、非常に軽いです。

※感度の差は、スコーピオンを使っていないため不明。

 

「Scorpion」の焼き印が入ったコルクグリップもカッコいんですが、

性能で言ったらカーボンモノコックが上でしょうね

 

ちなみに、リールシート~グリップエンドまでの長さは一緒です。

 

 

 

グリップは、見事に一緒ですね(笑)

青シャウラの設計で作ったブランクス+現行シャウラのグリップ

=スコーピオン

だから、そう考えたらスコーピオンってコスパの化けもんだわ。

 

 

ステッカー貼り替えただけやん(笑)

ちなみに、このグリップは感度が半端じゃないので、今後も使えると思うだけで嬉しいです。

 

 

 

 

ワールドシャウラ2831とスコーピオン2832、ブランクスの太さは?

バット部分の太さは、ほぼ一緒です。

2831を使っていた時から、バットの力が強いなーと思っていたんですが、これを見たら納得。

(設計が古いとはいえ)1番手上の2832とほぼ同じ太さを持たせているんだったら、そりゃ強いわな。

 

 

 

太さが変わり始めるのは、繋ぎ目以降くらいからかな。

とはいっても、2831が極端に細くなっていく印象は受けません。

表面の仕上げ(チタンコートと塗装)も違いますし、単純に太さの差を判断するのは難しいですけどね。

 

 

 

ティップ部も、そんなに極端に変わりはないですね。

1番と2番って、どこで違いが出てるんだ?(笑)

 

 

 

 

スポンサードサーチ

その他、コスメの違いは

ワールドシャウラは、チタンコートの虹色が美しい…

ワールドシャウラといえば、虹色に輝くチタンコート

見た目の美しさはもちろんのこと、薄くて強いコーティングのため、ブランクス全体が非常に軽量に感じます。

 

 

 

ガイドも違うぞ

1番根元のガイド。左がワーシャ、右がスコーピオン。

 

写真じゃ非常に判りにくいですが、トルザイトリングを採用するワーシャの方がガイドリングが薄いです。

これは、手で触ったらすぐに判ります。

また、ワーシャはガイドフレームもチタン製のため、全体的に軽量。

 

 

ちなみに、ガイド設定は村田基氏がめっちゃ飛ぶようにセッティングしているため、

両ロッドとも性能面は問題なし。

 

 

 

ブランクスの見た目も…

あと、1番(グリップ側)のブランクスも、よくよく見るとカーボンの感じが違います。

 

両方とも、一番根元の飾り糸から上でカーボンの見た目が変わるんですが、

ワーシャの方が織り模様が強く見えます

あと、グリップ~飾り糸までの長さは、ワーシャの方が若干長いです。

 

これは恐らく、ワーシャがバットからティップまでスパイラルX構造なのに比べて、

スコーピオンはバット部分のみスパイラルX構造になっているからかな。

 

 

ちなみに、ワーシャの特徴として、

先端~ベリーまでは低弾性カーボンを使って、バット部分には感度がキンキンの高弾性カーボンを使っているそうです。

※村田氏YouTubeより。

 

 

 

 

ワールドシャウラ2831とスコーピオン2832を振った感じは?

2831は実際に使って、2832は室内で軽く振っただけですが…

 

両方のロッドで違うのは、ティップ性格か…?

という印象を受けました。

 

 

というのも、2831と2832で思ったよりも違いが無かった(;´∀`)

 

両方を順番に振ってみて、違うかな?と感じたのは、ロッドの上1/3部分の動きで、

2831の方が食い込みが良いように感じました。

 

 

この辺は、実際にキャストしたり魚をかけてみないと分からない部分が多いですが、

今のところ、

2831は、1番パワーだけど思ってたよりも強かった。

2831の特徴はティップだ。

という感じで捉えてます。

 

まあ、

2831がR(レギュラーテーパー)、

2832がRS(レギュラースローテーパー)と、

テーパー自体も違いますしね。

 

 

 

 

雑談:2831のターゲットは…

またもや、村田氏のYouTubeからですが…

「2831のターゲットは、シーバスやサクラマスなど。」

「2832が強すぎる(シーバスがあっという間に寄って来る)という声から、

もう少し食い込みが良くて引きを楽しめるロッド(2831)を作った。」

 

という説明がありましたので、2831は2832をベースに作ってんのかなーと思ったり。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ワールドシャウラ2831とスコーピオン2832、合せるリールの番手は?

ワールドシャウラ2831

⇒C3000番(C3000、C3000XG)

実際に使っていた身としては、C3000番が重量バランス的にちょうどいいと思いました。

 

ターゲットとしても、シーバスがメイン(?)になるかと思うので、パワー的にもC3000番で大丈夫かと。

やっぱり、軽いロッドには軽いリールが合うね。

 

 

 

スコーピオン2832

⇒4000番~C5000番

 

これは、スコーピオンを振った感じの印象から。

 

スコーピオン2832は、ワーシャ2831に比べると先重り感があります

ですので、C3000番よりも重量のある4000番ボディのリールを合わせて、バランスをとった方がいいのかな、と思います。

 

あと、2832は小型青物もターゲットに入ってくるので、2号前後のPEラインを巻けるという意味でも、4000番~C5000番が良いのかな、と。

 

4000XG買うかぁ…。

 

 

 

 

ワールドシャウラとスコーピオン、どちらがおすすめ?

予算があればワールドシャウラ

 

だって、全てにおいてレベルが一段上だから。

 

ワールドシャウラって、どこがどう優れてるっていうか、

飛距離、強さ、感度…全てがどのロッドよりも上なんですよね…

なので、お金がある人はぜひ使ってみてほしい。

 

 

ただ、スコーピオンもコスパモンスターなわけで。

このクオリティのロッドがこの値段で手に入ることはあり得ないことだと思います。

 

私も、ある意味「スコーピオンで十分」と思って乗り換える部分もありますので、

スコーピオンでシマノのフリースタイルロッドの片鱗を味わうのもいいかもしれません。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ワーシャは本当に泣く泣く手放します

自分の懐事情のせいとはいえ、

さらば、ワーシャ…( ;∀;)

 

今のところ、某オークションでぼちぼちウォッチリストに入っているんで、誰かが買ってくれると思います。

 

まあ、しゃーない。

 

色は違えど、スコーピオンの系譜は私の手の中でも生き続けます

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク