夏の釣りは、マジで熱中症対策しないと危ないぞ

スポンサーリンク




釣りに熱中しちゃうとかいう、メンタル的な話じゃなくって、

ガチの熱中症。フィジカル面のお話ね。

 

 

前にも同じようなことを書きましたが…

夏の釣りの装備はワークマンで揃えよう

 

最近の夏の暑さは半端じゃないので、注意喚起がてら。

 

 

 

 

夏のデイゲームで、がっつり熱中症になりました

8月半ばの釣行…

15時過ぎくらいから釣りをしたら、がっつり熱中症になっちゃいましてね。

 

症状としては…

・滝のような汗が止まらない

・喉の渇き

・集中力がなくなる

・若干ふらつく

・体の芯から暑い+エアコンに当たっても体が熱い(深部体温が上がってた)

 

というもの。

ここからさらに進行したら、頭痛や吐き気、最悪の場合は意識障害といった重度の症状が出る可能性もあったので…

夕マズメを待たずして釣りを中断。

 

我ながら、適切な判断を下したと思ってます。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

夏の釣りは、熱中症対策をしっかりとしませう

夏の釣りは油断したらマジで命に関わるため、熱中症対策をしておきましょう。

ということで、最低限必要な装備のご説明を

 

 

 

帽子は必須

まずは、帽子

 

これが無いと、話になりません。

帽子があるだけで、頭に降りかかる熱がかなり遮られるんで、暑さがかなり和らぎます。

 

もし家に帽子を忘れたら、取りに帰るか近くのお店に買いに行きましょう。

釣具屋でもホームセンターでもスーパーでも百均でも、どこでもいいので買いましょう。

 

「忘れたけど、まあいっか」

と思って油断していたら、あっという間に強烈な日差しにやられますよ。

 

 

あと、普通の帽子でもいいですけど、写真にあるような首回りまでカバーしてくれる帽子だったら、なおよろしいかと。

影が増えますし、首~顔の日焼けも防げますんで。

 

 

 

ラッシュガードは、ぜひ着たいところ

暑い中長袖って、余計暑いんじゃね?

…と思うかもしれませんが、速乾性素材のラッシュガードを着ていると、肌がむき出しの状態よりも快適です。

 

汗が垂れたり、ベタベタしたりしないし

直射日光から防いでくれるし

いざとなったら、水をかけたら涼しいし

 

あと、ルアーのフックや道中に生えている草木から肌を守れるっていうのも良いですね。

 

 

何かとメリットの多いアパレルなんで、着用をお勧めします。

 

ちなみに、私はワークマンで買った980円のラッシュガードを愛用中。

ワークマンなどの作業着屋さんや、ホームセンターなどでは、安くて機能性の高いラッシュガードがあるかと思いますんで、覗いてみてはいかがでしょう。

 

 

 

飲み物は、思っている倍の量を

500mlのペットボトルとか、一瞬で無くなるぞ。

 

ということで、水分は大量に準備しておきましょう。

重さもあるし、かさばる荷物にはなりますが、持っていて損することはないと思うのでね。

 

まあ、必要な分だけクーラーに入れておいて、あとは停めてある車に保管…っていうのも大丈夫ですが、

夏の車内に放置した飲み物は、ものの見事にお湯になるので、その点はご注意を。

 

 

あと、準備する飲み物の中には、電解質を補えるスポーツドリンクを入れておきましょう。

 

私も、大汗をかいた時には必ずスポーツドリンクを飲んでます。

あとは、スポドリを飲み過ぎたら糖分が気になるんで、他には麦茶もよく飲んでるかな。

 

まあ、その辺はお好みで。

 

 

 

 

熱中症に注意して、楽しい釣りを

ここ数年の夏は、マジで暑さがおかしい。

 

ちょっと油断したら、あっという間に熱中症になってしまいそうなので、

十分な対策をしたうえで、楽しく釣りをしましょう。

 

 

これはヤバイ……

と思ったら、さっさと中断して、涼しい場所(例えば釣具屋)に逃げるんだぞ。

 

無理して続行しても、水温も高いから魚も逃げてるかもよ。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク