太いラインで遠投できるベイトリールが気になる問題【20lb-100mはほしい】

スポンサーリンク




ベイトキャスティング面白い…

 

太いラインで、大遠投できるリールが欲しいなぁ…

ていう話。

 

 

 

きっかけはスコーピオンDC

ふわっと入札して、ふわっと落札した、スコーピオンDC(100HG)

こいつがすべていけないんだ

ベイトキャスティングの面白さを私に教えた罪は重いぞ。

 

と、スコーピオンDCは非常に満足しているリールなんですが、

糸巻量が少ないことが、ちょっと不満。

 

 

14lb-100mって、バス釣りで使うには良い感じなんでしょうけど、海釣りで使うとなると少々心もとない…。

メタルバイブやメタルジグを大遠投するには、

16lb-100m、いや、20lb-100mのキャパが欲しい

 

ということで、候補になりそうなリールを適当にピックアップ。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

20lb-100mのラインキャパが叶うベイトリールは

シマノ・アンタレスDCMD

※画像出典:シマノHP

 

まず思い浮かんだのはこれ。

20lb-100mのラインキャパ

DCブレーキ(4×8DC)でセッティングも楽

海水対応だから耐久性もある

 

最強なんだよなぁ…

ただ、最強ゆえに高いんだよなぁ…(;´・ω・)

 

アンタレス貯金する?

中古をぼちぼち探す?

 

 

 

ダイワ・ジリオン TW HD

※画像出典:ダイワHP

ダイワからは、ジリオン TW HD

 

ラインキャパは文句なし、

ボディもガッチガチで、巻取長91cmのエクストラハイギアも魅力的。

マグフォース(マグフォースZじゃない)の使い心地がどんな感じかは気になるところ。

アンタレスよりも、若干リーズナブルなのも悩ましいところ。

 

 

 

ダイワ・タトゥーラHDカスタム

※画像出典:ダイワHP

まだあった、ダイワのタフリール。

タトゥーラHDカスタム

 

ラインキャパは申し分なし。

ブレーキはマグフォースZで使いやすそう。

エクストラハイギアはないけど、ハイギアがあるからまあいいかな。

 

ただ、発売から少々時間が経ってるのが気になるかなぁ…

モデルチェンジしねぇかなぁ…

 

 

 

アブガルシア ロキサーニパワーシューター

※画像出典:ピュアフィッシングHP

アブにもあった、タフなリール。

 

高コスパリールで有名な、ロキサーニのパワーシューターというモデル

ラインキャパは20lb-100mと申し分なし。

ブレーキは遠心とマグネットを合わせたインフィニティブレーキ

ただ、個人的にはブレーキセッティングが面倒そうな気がするんだよなぁ。

 

しかし、魅力的なのはその価格

こういうタフなリールで1万円台半ばっていうのは、かなりリーズナブルなんじゃないかと。

やっぱコスパ高いなぁ、ロキサーニ。

 

 

 

 

もう少しラインキャパを減らしたら…

16lb-100mにしたら、もう少し選択肢が増えるんだけどなぁ。

 

スコーピオンMGL、バンタムMGL、クロナークMGL…

いろいろあるよね。

 

ただ、実際に使うとしたら…

 

 

 

ダイワ・タトゥーラTW

※画像出典:ダイワHP

19タトゥーラTW

これだろうなー。

 

デザインとかパーミング性とか、良さげなポイントはいくつかあるけど、

一番の理由はマグブレーキの扱いの楽さ

 

シマノのSVS∞も良いんだろうけど、

内部のブレーキシューの数×ダイヤル調整でブレーキ調整するのが面倒…(;´・ω・)

 

その点、ダイワのマグブレーキなら、1~20段階の目盛で調整するだけでOKだから、

現場での調整が楽かなーと思って。

 

16lb-100mでも十分なのかなー…。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

とは言いつつ、海でベイトリールを使うのにはまだ不安はあるので…

スコーピオンDCを使いつつ、悩んでみようと思います。

 

水洗いと簡単なメンテナンスで、トラブルを防げるかどうかも気になるし、

劣化の進み具合もまだ未知数なので。

 

 

あと、

金もないしな!!!

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク