小話 ロッドの番手の読み方(シマノ・ダイワ・メジャークラフト)

スポンサーリンク




写真は使い回し。

 

 

 

最近釣りにも行けてないんで、小話的な更新。

 

 

ロッド選びの際に(恐らく)必ず確認するのが、番手の表記ではないかと。

 

 

で、釣りを始めた頃にはこの番手の読み方が全く分からず、なんなら適当にロッドを買ったこともあったので、今回は初めてロッドを買う方に向けて、番手の読み方を書こうかと。

 

 

ちなみに、今回書くのは私が使ったことのあるシマノ・ダイワ・メジャークラフトに絞って書きます。

 

 

まあ、その他のメーカーも似たような読み方なんで、参考になればと。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

シマノの番手

シマノのロッドの場合、スピニング/ベイトの区別・長さ・硬さ・(機種によっては)チューブラー/ソリッドの区別順番で表記されてます。

 

 

例えば、

上のロッド(ソアレBBアジング)の場合、

 

S704LS

 

と書かれていますが、

 

 

Sスピニング)704(7.4フィート)L(ライト)S(ソリッド)

 

という意味になるわけで。

 

 

他に、ショアジギングロッドだと

 

S906MH

= S(スピニング)906(9.6フィート)MH(ミディアムヘビー)

 

があったりしますね。

 

 

 

 

 

ダイワの番手

続いてダイワ。

 

まあ、シマノとほぼ一緒なんですけどね。

 

基本的に、長さ・硬さ・(機種によって)チューブラー/ソリッドの区別の順に記載されてます。

 

 

写真のロッド(月下美人MX)の場合、74UL−Sは

 

74(7.4フィート)UL(ウルトラライト)-S(ソリッド)

となるわけで。

 

※すいません、最後の「K」はよくわかりません。

Kガイド搭載の意味かなーとは思いますが、確証がないので…(-_-;)

 

 

 

また、ライトショアジギングロッドの場合

 

93(9.3フィート)ML(ミディアムライト)

 

という、非常にシンプルな表記になります。

※このロッドの場合、全てチューブラーモデルのため、最後に-T/Sの表記はありません。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

メジャークラフトの場合

最後はメジャークラフト。

 

私が最初に買ったルアーロッドだったんですが、ホントに英数字の意味がわからなかった…。

 

 

メジャークラフトの場合、若干独特な表記が交じるんでちょっと小分けに書きます。

 

 

 

基本的には

モデル名・(機種によっては)チューブラー/ソリッドの区別・長さ・継ぎ数・硬さの順で記載されてます。

 

例えば、

上のファーストキャスト(メバリングモデル)FCS-T732Lの場合

 

FCS(ファーストキャスト)−T(チューブラー)73(7.3フィート)2(2本継ぎ)L(ライト)

 

 

という意味に。

 

 

 

また、

N-ONEのスーパーライトショアジギングロッドの場合

 

NSS(エヌワン)−90(9.0フィート)2(2本継ぎ)SSJ(スーパーライトショアジギング)

 

 

という意味になります。

 

 

 

 

メモ:モデル名の表記

先に書いたとおり、メジャークラフトのロッドの番手表記にはモデル名が入ります。

 

ということで、モデル名の一覧を書いておこうかと。

 

 

 

現行モデル

・N−ONE(現行) ⇨ NSS−

・トリプルクロス(現行) ⇨ TCX−

・クロステージ(現行) ⇨ CRX− ※クロスフォースのX?

・ソルパラ(現行) ⇨ SPX−

・ファーストキャスト ⇨ FCS−

・X−RIDE ⇨ XRS

 

 

 

旧モデル(廃盤モデル)

・クロステージ(初代) ⇨ CRS−

・クロステージ(二代目) ⇨ CRK− ※KガイドのK?

・ソルパラ(旧型) ⇨ SPS−

・スカイロード(廃盤) ⇨ SKR−

 

 

 

ざっっっとこんなもんでしょうか。

 

 

 

 

 

番外編:メジャークラフトのエギングロッドの番手

メジャクラの番外編。

 

メジャークラフトロッドのうち、エギングロッドは硬さがEL・E・EHの表記になってます。

 

 

最初はなんじゃこれ…って思ったんですけど、これは単純にEをMに読み替えたので大丈夫です。

 

E=ミディアム

EL=ML(ミディアムライト)

EH=MH(ミディアムヘビー)

 

な感じで。

※多分、EはエギのEじゃないかと。

 

 

 

 

 

ロッド選びの参考になれば…

ということで、ロッドの番手についてざっと書いてみました。

 

 

ごくごく簡単にまとめると、数字が長さ、アルファベットが硬さと覚えておけば大丈夫です(無責任)。

 

 

簡単にでも理解しておけば自分に適したロッドを選ぶことができるかと思いますので、読んでくれた方のロッド選びの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

では、アディオス(`・ω・´)ゞ

関連記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。