【インプレ】結局、これがお勧め。シマノ・アドバンスドプライヤーRH

スポンサーリンク




一周回って、結局これが一番使いやすい。

 

…と思う、おススメプライヤーのお話。

 

 

 

 

シマノ・アドバンスドプライヤーRH

シマノのアドバンスドプライヤーの、先端がスプリットリングオープナーになっているタイプ。

 

さらに言えば、私のやつはフッ素コーティングされたやつです。

 

 

お値段は約3,000円と、少々しましたが、錆に強いならとこちらをチョイス。

 

ちなみに、普通のステンレスタイプなら2,300円ほどだったと思います。

 

 

 

 

アドバンスドプライヤーのサイズ感などは…

サイズ感としては、手にすっぽりと収まるくらいなんで、結構コンパクト。

 

魚のフックを外す時は

「もう少し長さがあればなぁ…」

と思うこともありますが、特に不満に感じるほどでもなく、使いやすいサイズ感だと思います。

 

グリップ部分にラバー(樹脂?)があるおかげで、冬でも冷たくならないし。

 

 

 

ちなみに、真ん中にスプリングが付いているので、手を離すと自動的に開いてくれます

 

私的にはこの方が使いやすいので、この機構はGood。

 

また、ロック機構も付いているので、バッグやフローティングベストに収納する時は、閉じたままにすることも可能ですよ。

 

 

 

 

特にお勧めしたいポイント:スプリットリングオープナーが使いやすい

RHタイプは、先端がスプリットオープナーになっているんですが、

 

適応サイズは、#1~3

 

 

実際に使ってみると、

 

#1のリングでも、

 

 

#3のリングでも、楽々開けられます。

 

 

そして、これが単に開けやすいだけではなくて…

 

 

リングを開けた時に、リングがしっかり真横を向いてくれるのが、(個人的に)嬉しいんですよね。

 

このおかげで、ルアーフックの交換がとてもやり易くなりました。

 

…意味がわからない?

 

 

じゃあ、他のプライヤーと比較してみますよ。

 

 

 

 

ダイワ・プライヤーV 150Hと比較してみる

比較対象として、ダイワ・プライヤーV 150Hを出してみます。

 

こちらのプライヤー、サイズはほぼ同じで

 

 

#1のリングも、

 

 

#3のリングも、問題なく開けられます。

 

 

ただ、シマノのプライヤーと比較すると…

 

開いた時のリングの角度が若干違うんですよね(両方とも#3のリング)。

 

シマノの方が、真横近くまでリングを起こせられるのに比べて、

ダイワの方は、リングが斜めになっているのがわかるでしょうか。

 

 

シマノもダイワも、手で補助してリングを起こしてはいるんですけど、

それでも、結構な角度の差ができるわけで。

 

そして、このリングの傾きの差が、フック交換のやり易さを左右したように感じました。

 

 

 

恐らく、リングオープナーの爪の形状がこの差を生んでいるんでしょうけど、

 

ここはシマノの方が使いやすかったかなー。

 

 

ただ、

 

ダイワのプライヤーは、堅牢な作りが素敵

 

 

リングオープナーの形状と、自動で開く機構の二点で、私はシマノのプライヤーを使うようにしましたが、

ダイワのプライヤーもモノは良いからね。

 

その辺はお好みで。

 

 

 

 

ちょっといいプライヤーが欲しいなら、アリだと思います。

・スプリットリングオープナーが使いやすい

・スプリングで自動で開く(ロック機構付き)

・コンパクトなサイズ感(良し悪しはあるけど)

・樹脂グリップで、冷たくないし滑らない

・大体の釣具屋で売っている

・2,000円台で買える

 

この辺から考えると、かなり良いプライヤーじゃないかと。

 

2,000円くらいのノーブランド品を買うなら、シマノのプライヤーの方が使いやすいと思うし。

 

 

あと、シーバスルアー用のトレブルフックやジグヘッドを処分する時に、このプライヤーを使ってフックを曲げたんですけど、

力を入れて握っても、捻じれるような方向に誤って力が入っても、プライヤーにガタが出ることは無かったので、強度も十分だと思います。

 

 

このプライヤー、コスパ良いと思うぞ。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク