車/バイクの改造をする前に読んで欲しい本がある【カスタム虎の穴】

スポンサーリンク




黙れ!ナンシーおじさん。

 

と、今でこそ車にしか乗ってない私ですが、

学生の頃はバイクにも乗ってましたし、社会人になっても暫くはバイクを所有してました。

※ZRX-Ⅱ⇒CB1300SB⇒NC700Sに乗ってました。

 

 

さて、そんな私は、車もバイクも純正至上主義

今回は、そんな私がお勧めする本のお話をば…。

 

 

 

 

「カスタム虎の穴」という本があってだな

バイク好きなウサギ、トマトと(プロレスマニアの)虎オヤジという、シュールな3人(?)が 、

あーだーこーだと言いながらバイクパーツの役割、カスタムの意義をマンガで解説してくれます。

 

「バイクは弄ってナンボだぜ!」なトマト

「よくわかんないっす~」なウサギ

に、解説&説教する虎オヤジ

の掛け合いと、絶妙なギャグに、思わず「フフッ…w」という笑いがこみ上げます。

 

しかし、ただ面白いだけじゃなくて、説明が非常に解かりやすくてかなり勉強になります

 

この本を読むことで、

純正パーツの凄さや、

カスタム以前のメンテナンスの重要性が、

よーーーくわかりますよ。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

各巻でテーマが分かれてるよ

カスタム虎の穴

・1巻:マフラー、ライポジ編

・2巻:タイヤ・チェーン編

・3巻:ブレーキ編

・4巻:サスペンション(構造編)

・5巻:サスペンション(調律編)

 

 

カスタム虎の穴Ⅱ

・ていねい整備編Vol.1、2

 

 

サスペンションの話だけで2巻も使っている衝撃(笑)

 

ちなみに、私は4巻までしか読んだことありません。

というのも、大学の部室に置いてあったのを読んでただけなんでね…。

卒業してからは自分で手にすることなかったんで(;´∀`)

 

あと、巻が進むにつれて、文章の説明の割合が高くなっていきますが、その辺はご愛嬌(笑)

 

 

 

 

カスタムについて考えるのもアリじゃないかと思う

この本は、「いかに純正が良くできているか」という話が多いんですが、

決してカスタムを否定する内容じゃないので、改造好きな方も一読の価値はあるかと思います。

 

車にしてもバイクにしても、なんなら釣り具にしても、改造って適材適所とバランスだと思うんですよね。

 

見た目重視の改造が好きって人もいるでしょうが、私はあんまり好みじゃないかな。

 

ギラギラのチタンマフラー付けて、アーシングケーブルぐるぐる巻きにして、

チタン製肩パット付きの革ジャケットバイパスを爆走するナンシーおじさんとか、すごい苦手(苦笑)

※他人のバイクを見つけては、「それ何cc?」と聞いてくるおじさん。

「ナナハンか?」と聞いてくる「ナナハンおじさん」もいるよ。

 

どちらかというと、私は純正に近い改造の方が渋くて好きです。

 

 

まあ、好き好きあるとは思いますが、

バイクについてもっと知りたいって人は、読んでみてはいかがでしょう。

 

 

…最後に余計な悪口を飛ばしてしまった。

 

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク