釣りのお供?ハッカ油スプレーを作ってみた

スポンサーリンク




消臭効果に防虫・虫除け効果。

 

特に虫除け効果は、釣りにありがたい。

 

 

ということで、

 

作ってみました。

 

 

 

 

ハッカ油スプレー作りに必要なものは

100ccのスプレーを作る場合、

・ハッカ油(600円)

→5、6滴

・精製水(98円)

→90cc

・無水エタノール(1,680円)

→10cc

 

 

・スプレーボトル(100均で購入)

 

以上。

 

全て実店舗で、3,000円以内で調達することができました。

 

高いのか安いのかわからん。

 

 

 

 

ハッカ油スプレーの作り方は…

まあ、まぜるだけなんですが…

 

①無水エタノールに、ハッカ油を溶かす

まずは、無水エタノールとハッカ油を混ぜます。

 

ハッカ油は単体だと水と混ざらないため、無水エタノールに溶け込ませることで、最終的に水に溶けるようにしてやります。

 

 

分量は、100ccのスプレーを作る場合、

無水エタノール10ccに対して、ハッカ油5~6滴

 

今回は約200cc作るので、12滴少々使いました。

 

 

ちなみに、

ハッカ油の注ぎ口は写真のようになっていて、

下に向けるだけで1滴ずつ滴り落ちます。

 

ただし、最初は「ボタタタタ!!!」と、結構アグレッシブに落ちてきたので、

入れすぎにはご注意を。

 

 

 

②ハッカ油+無水エタノールに、精製水を注ぐ

無水エタノールとハッカ油を混ぜたら、あとは精製水で薄めるだけ。

 

ちなみに分量は90ccで丁度いいらしい。

 

再度分量をまとめると、

・水:90cc

・無水エタノール:10cc

・ハッカ油:5~6滴

→100ccのハッカ油スプレーが完成。

 

 

とりあえず、これで完成。

 

 

 

 

ハッカ油スプレーを作る時の注意点

・作る手順

・入れる容器の材質

 

 

くらいかな。

 

 

 

作る手順を間違えないように

さっきも書きましたが、

ハッカ油は水に溶けません

 

なので、最初にハッカ油を無水エタノールに溶かすのを忘れないように。

 

 

ちなみに、私が作ったスプレーをよく見ると、

ボトルの側面に油分がへばりついている様子。

 

もしかしたら、最初に溶かすのが甘かったのかも。

 

 

 

入れる容器の材質に要注意

ハッカ油スプレーを入れるスプレーボトルの材質ですが、

ポリエチレン(PE)製のものを使わないようにご注意を

 

というのも、ハッカ油ってポリエチレンを溶かす性質があるんで、ボトルを破損する可能性があります。

 

 

 

私は、100均でポリプロピレン製のボトルを購入したので、参考までに。

 

 

それにしても、

 

100均で売ってる、真空スプレーボトル(30cc)が便利。

 

コンパクトだし、どの角度でも噴射できるし、

かなり細かいミストが広範囲に噴射されるんで、スプレーとしての性能も高い。

 

あとは耐久性が気になるところかな。

 

 

 

 

ハッカ油の虫除け効果に期待したいところ

 

今回ハッカ油スプレーを作った主な目的は、虫除けスプレーとしての用途。

 

というのも、

今からの時期、釣り場の虫がクソうざい

 

蚊ならまだしも、ブヨなんかに噛まれたらかなり厄介。

 

 

ということで、

これをフローティングベストのポケットにでも入れておけばいいかな、と期待してます。

 

 

 

ただ、

 

このスプレーって、7~10日で効果が無くなっていくらしい…

 

 

まあ、家のゴミ箱とか、子どものオムツをブッコむバケツとかの消臭に使ってもいいんで、

ちょこちょこ作っては使ってみようかなと。

 

 

何がどう効くのかは知らんが、

さて、効果のほどはいかほどに…?

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク