釣りはお金がかかる趣味だけど、他の趣味に比べたらまだマシかもという言い訳

スポンサーリンク




もっとお金のかかる趣味はいっぱいある(言い訳)

 

 

釣りに幾らお金を掛けたんだろう…

考えただけでぞっとするわ。

 

ロッド・リール・ルアー・その他諸々…

 

基本的に、新しい釣り具を買う時は、何かを手放して(売って)資金の一部を確保しているんですが、

それでもお金は出ていく…

 

 

ただ、それでも釣りってある意味ではお金のかからない趣味なのかも…とも思ったりしまして。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

思えば、モータースポーツの方が金かかってたよな…

遥か昔になりますが、ジムカーナという競技をかじっていたことがありました。

 

モータースポーツをやってた頃って、

タイヤ代、オイル代、その他消耗品費、サーキット走行代、交通費(高速代)、車の修理代…等々、

かなりお金を使ってたな、と。

 

 

特にタイヤなんて、ステラと同額くらいのタイヤを、数か月で消し炭にするという、

今考えたらゾッとするようなことをやってましたし。

 

 

そう考えると、消耗品に数万も掛けるモータースポーツに比べて、

形として残って、数年間使える道具にお金を掛ける釣りの方が、お財布へのダメージは少ないのかな。

 

 

 

 

釣りは、フラッグシップモデルの道具に手が届きやすい

もう一つ思った、釣り(というか釣具)の特徴として、

他の趣味に比べて、フラッグシップモデルに手が届きやすいっていうのがあるよな、と思いまして。

 

 

リールで言えば、ステラにしろ、イグジストにしろ、一桁万円で買える。

ロッドにしても、ワールドシャウラでも一桁万円。

 

アンダー10万円でフラッグシップモデルが買えるって、他の趣味ではなかなか無いんじゃないかな。

※鮎竿とかはウン十万するみたいだけど。鮎釣り師すごい…。

 

 

極端なことを言えば、ステラやイグジストって、NSXやレジェンド、CBR-1000RRやゴールドウィングみたいなもんじゃないですか。

 

 

車やバイクを趣味にしていたら、フラッグシップモデルなんかそうそう買えないけど、

釣り具って、フラッグシップモデルに頑張れば手が届くんですよね。

 

 

そういう意味でも、釣りってのは比較的お金のかからない趣味…なのかもしれない。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

とはいえ、お金をぶっこむのはほどほどに(戒め)

と、他の趣味に比べて(まだ)お金が掛かりにくいとはいうものの、

知らず知らずのうちにお金を掛けているのが、釣りの怖いところ。

 

ステラだって、1台だと一桁万円だけど、複数台買えば…ね。

 

趣味にお金を落としまくるのはほどほどに。

 

 

 

とはいえ、一台くらいはフラッグシップをね。

 

 

うん。

 

 

 

 

うん???

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク