釣行 キャスティズムTでブッコミサビキのリベンジ→ロッドをへし折りかけて敗走

スポンサーリンク




いやはや、


マジでキャスティズムの穂先がが吹き飛んだと思った。





使用タックル

・ロッド:キャスティズムT 18-365

・リール:ショアキャストSS(4000)

・ライン:PEライン3号+ナイロンリーダー(50lb)





こういうチューブ式のジャミが、なんだかんだ便利よね。


ブドウの甘い香りはするけど、手に付いた香りが取れにくいのが難点っちゃ難点。





サビキでアジが釣れているらしいが…

今回行ったポイントでは、サビキでアジが結構釣れているとかなんとか。


ということで、釣り場へ行ってみたけど、





全日までの台風の影響か、まだ風が残っている…

しかも、潮も結構流れてるなコレ…。



まあ、釣りができないレベルの風じゃないんで、ブッコミサビキの仕掛けを準備。


胴突きタイプなので、底のオモリは15号をチョイス。


18号が最適なロッドなんで、カゴのエサとオモリで丁度いいか少し重いくらいかな。




この仕掛け(重さ)でも、キャストは特に問題ないけど、




まあ、釣れないことよ



ついでに言えば、油断したら根掛かりもしてしまい、あんまり快適とは言えない状況。


なんだかなぁ…

サビキで釣果が無かったら悲しいぞ。





明け方に、冷や汗ものの大トラブル発生

暗い間(~5時30分くらい)までは、全然アタリも無くて寂しい釣り。



じわじわと明るくなってきて、周りに釣り人も増えてきたし、チャンスタイムが来るかなーと思いながら投げた一投。



ヒュッ!…ガシャシャシャーーーン!!バチン!!!
という、もの凄く嫌な音



最後のバチン!でラインが切れたのは察したけど、

問題は途中のガシャガシャ音



よくよくロッドを見てみると、あるべき場所にガイドが無い…



これは…穂先から吹き飛んだか…

と、最悪な事態も想定したけど、よくよく見たら



穂先に全員集合して、前ならえしてた。




どうやら、キャスト中にライントラブルが起きて、もつれたラインにガイドが持って行かれてた様子。

いやぁ、穂先もガイドも吹き飛んでなくてよかった。





ライントラブルの原因を、少し考えてみる

いやはや、冷や汗もののトラブルだけど、とりあえずロッドが無事でよかった


…けど、原因を考えておかないと、いつ同じトラブルになるやら。



ということで、今回考えられる原因(トラブルの要因)は二つ。

・風の影響

・ショックリーダー結束部の処理不足




まず要因として考えられるのは、台風が残した


今回の風向きは、キャストする方向を正面としたら、右手から左手への風


風に煽られて、どこかにラインが絡んでしまったのかな、と。





次に考えられるのは、ショックリーダー結束部の処理不足



私は、キングノット(ダブルラインを使った結束)を使っているけど、
ナイロンラインの切断部分(切れ端)が長すぎたのかも。



ロングリーダーにしていたがゆえに、結束部がガイドの中を通ってたけど、

結束部が通った時に引っかかりが起きる
→ラインに一瞬たわみができる
→そこを起点にトラブル祭り

みたいな感じかと。





ただ、

ただ、先端~4番目のガイドが繋がるように絡み合うって、どんなトラブルよ…。




なにはともあれ、ロッドもガイドもとりあえず無事でよかった。


キャスティズムの頑丈な作りに感謝。





釣行メモ

・天候:晴れ

・釣行時間:4時30分~6時ごろ

・潮汐:中潮(2時30分干潮→8時満潮→14時20分干潮→21時満潮)


・釣行メモ:アタリ無し→遠投したがゆえに、流れにエサが流された?
根掛かり連発→サビキが立ってない?→流れが強い、浮力不足?



ちなみに、私がライントラブルを起こした直後から、周りの釣人は小アジを釣り上げ始めるというね。


なんつータイミングの悪さ。


この辺からも、私の釣り運の無さが分かるというかなんというか…




アディオス

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク