釣行 スコーピオン2832でSSJ→スーパー小さい魚が釣れた

スポンサーリンク




久々に、魚は釣れた(白目)

 

バーブレスフックでよかったと、改めて実感。

 

 

 

 

今日の使用タックル

・ロッド:スコーピオン2832RS-2

・リール:18ステラ(4000XG)

・ライン:スーパーXワイヤー4(1.5号)+ナイロンリーダー(25.5lb)

 

15~30gくらいまでのメタルジグをぶん投げるには、このタックルが丁度良い。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

まずは、スコーピオンでシーバス調査

今日は、朝は起きられなかったし、夕方前から用事もあるので、

お昼過ぎからちょっとだけ釣行。

 

 

しかーーし、潮汐表を見たら干潮ド真ん中。

 

釣場へ着いたら、足元のテトラがむき出しで、気を付けないと根掛かりの予感…

 

 

とりあえず、シーバスでも寄ってきてないかなーと思いつつ、

メタルジグ&バルト4インチ&レアリスジャークベイト120Fをキャスト。

 

・メタルジグテトラの餌食

・バルト→テトラ際、防波堤際をリトリーブするけどバイトなし。底を擦るくらい沈めたけど、やっぱりバイトなし。

・レアリスジャークベイト→相変わらずよく泳ぐけどバイトなし。

 

さみしい話だ…

 

 

 

 

シーバス→SSJ(スーパーライトショアジギング)にチェンジ

やっぱり、手前側は根掛かりのリスクが高過ぎるので、少しでも遠投できるように、ルアーをメタルジグにチェンジ。

 

あんまり時間も無いし、すぐ帰ろうかなーと思ってはいたんですが、

 

 

 

ここでお魚の登場とは。

 

小さい(15cmないくらい)のカマスが、しっかり口にフッキングした状態で上がってきました。

 

このサイズで、ダイソージグ(ジグロック)の18gに食いついてくるとは、

カマスって結構獰猛な魚なのね。

 

 

まあ、小さいし1匹持って帰ってもアレなんで、

ささっと海に帰ってもらいました。

 

バーブレスにしといてよかったぜ…。

 

 

ちなみに、カマスはルアーの回収中(リトリーブ中)に、テトラ際(沖側)で食いついてきたみたい。

リアフックが口におもっくそ掛かってたんで、追いかけて食ってきたのかね。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

釣行メモ

・天気:晴れ/曇り(弱い向かい風)

・釣行時間:12時~13時

・潮汐:若潮(5時満潮→11時50分干潮→19時満潮)

・海の様子:やや濁りあり。潮の流れは弱いが、風のためか波の飛沫は多い。

イナッコ(?)の群れが回遊しているが、その他の魚は目視できない。

・足元水温:25℃

・ヒットルアー:ダイソー・ジグロック(18g・シルバー)

 

 

ジグロックで釣れたけど、

確かに、リトリーブでもよく泳いでたなー。

 

ダイソージグの新製品も出たけど、ジグロックも使えるぞ。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク