釣行 ワールドシャウラ2832RS-2の初陣→敗走

スポンサーリンク




まーた寝坊した。


なかなか起きられなくなったのは年のせい…?





使用タックル

・ロッド:ワールドシャウラ2832RS-2

・リール:20ツインパワー(4000XG)

・ライン:PEライン(1.2号)+ナイロンリーダー(30lb)




シマノ製品が値上げするらしいので(言い訳)、
えぇぇぇぇぇぇぇい!!!!と、ワールドシャウラを購入。



お帰りなさい、ワールドシャウラ。





釣果は聞かないで…

とりあえずシーバスを探してはみた。


探してはみたが…




見つからなかった。




今日はベイトの姿も見えたし、ボラとは違うバシュ!っという水柱も見えたし、
いつもの死の海とは少し雰囲気が違うかなーと思ったけど、


魚の姿は見えず。



アピール強めのミノーから、ワームまで一通り投げたんだけどなー。




ちなみに、近くの釣り人もみんな釣れてみたいだったので、よっぽど魚影が薄いのかね。





ワールドシャウラ2832RS-2の軽いインプレなど

吐きそうなほど高いけど、それに似合うだけの満足感。



スコーピオン2832RS-2に比べると明らかに軽く、

かつ、小型ルアーの飛距離と操作性がアップ(≒汎用性がより増した)…気がする。



30gクラスのルアーを投げた感じだと、ブランク力強さもワーシャの方が上かな、という感じ。




ディアルーナやブルカレに比べると、大口径ガイドの恩恵を感じる。

※ラインの抜けが明らかによく、ラインが擦れる音がしない。



やっぱり、ガイドは大きい方が好きだな。




今回使ったシーバス用ルアーは、2832でも飛距離・操作性ともに問題なし。


※最小ルアー:タイドミノー75 スプリント(11g)

※最大ルアー:ローリングスティック95H(35g)



タイドミノークラスのルアーは、フルキャストもピンスポット狙いのキャスト両方OK(ダブルハンドキャストだけど)。



35gのローリングスティックは、全く問題なくフルキャスト可能

むしろ、ベリー~バットにルアーの重さが乗るので、2832の本領発揮といったところ。




ただ、ジグヘッド(5g)+ワーム(3インチ)だと、飛距離は出しにくいかなーという印象だったので、ワーム中心の繊細な釣りをしたいのなら2831R-2をチョイスした方がいいのかな、と。





その他、ワーシャの使い勝手については、そのうち追記していきます。





釣行メモ

・天候:晴れ無風)

・釣行時間:6時~7時

・潮汐:中潮(5時40分干潮→12時満潮→18時干潮)

・海の様子:
外海側では小魚の群れの回遊あり(イナッコ?)
群れは散ることなく群れで回遊していたが、時々跳ねる個体もいた(海面の浮遊物をつついていた)
構造物(柱)付近で捕食音のような音がしたため、狙ってみたが釣果はなし。



なんだかなぁ…


干潮からの上げ潮で良いタイミングかと思ったけど、全然釣れねぇでやんの。



今度、エサ釣りででもチャレンジしてみるかな。





アディオス

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク