釣行 久々に長いロッドでキャスティング練習

スポンサーリンク




青物シーズンはまだだが、

 

とりあえず海へ。

 

 

 

 

釣れない前提ではありますが、釣りへ…

なんでしょうね、

週に1回は釣りに行かないと、翌週の仕事のイライラが倍増するんですよね(笑)

 

ということで、釣れない前提ではありますが、近場へ釣りへ…

 

 

本当は、単独遠征しようかとも思ってたんですが、午後から用事ができたもんで、近場での釣行(というかキャスト練習)に切り替え。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

使用タックルは

・ロッド:15コルトスナイパー(S906M)

・リール:18ステラ(4000XG)

・ライン:スーパーXワイヤー(1.5号)+ナイロンリーダー(25.5lb)

 

モデルチェンジに伴い、15コルトスナイパーが処分価格だったので。

 

 

SSの方がコスパが高いのは重々承知なんだよ。

承知なんだけど…

 

 

無印の方がカッコいいんだよ!

 

カッコいいって大事。

 

 

 

 

今日の海の様子は…

濁りは結構強め。

岸の近くには、流木やゴミが結構浮いている状態。

 

前日までこの辺で雨が降った記憶はないけど、どこかで降った雨が川から流れてきたんでしょうか。

 

 

 

釣りに行った時間が満潮1時間前くらいだったんですが、流れは結構強め。

 

いろんな方向の流れが入り乱れて、海面がかなりざわついてたかな。

あと、潮目もかなりくっきり出てくるので、キャスティングの目印に。

 

 

ベイトは、いつも泳いでいる5cm程度の小型魚に加えて、

ダツの子ども、イナッコの群れなど、20cm級の魚が増えたように感じました。

近くでサビキ釣りをしていたおじさんも、アジを釣っていたようですし。

 

なんとなく、季節の移ろいを感じますね。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

コルトスナイパーS906Mでキャスティング練習

久々に使った、長くて硬いロッド。

 

Mとはいえ、ショアジギングロッドは硬い(笑)

 

40gのメタルジグをキャストしたけど、まだまだロッドを曲げて投げられていないな、と。

 

 

ただ、さすがに9.6フィートもあると、スコーピオン2832よりも飛距離は出ますね。

キャスト後のライン残量を見たら、やはりコルトスナイパーの方が飛距離が出ているようでした。

 

 

あと、しゃくった感じも久々の硬さ(笑)

 

ロッド全体が硬いので、スコーピオンで20g程度のジグをしゃくるよりも少々力が要ります。

 

ただ、ロッドのパワフルさはかなり頼もしい(笑)

あれなら、少々大きい青物でも安心してやりとりできそう。

 

 

 

ちなみに、今回投げたメタルジグもコルトスナイパー

こちらも、モデルチェンジに伴う在庫処分価格だったので、42gと21gを購入しておきました。

 

ただ巻でもテールを大きく振って綺麗に泳ぐ様子が見えたので、頼れるジグだと思います。

 

 

 

 

釣行メモ

・天候:晴れ(ほぼ無風)

・釣行時間:11時~13時

・潮汐:中潮(12時満潮)

・足元水温:水温計忘れた…

・海の様子:濁り・ベイトっ気あり。潮の流れ、潮目もはっきり。

 

 

 

コロナの影響で秋の用事が次々中止になったので、今年は秋に釣りに行ける時間が増えそうなんですよ。

 

だから、秋は少々遠出してでも青物を釣ってやりたいな、と。

 

 

というか、今年ってまだ青物見てないんですよ。

 

 

せめて年1匹は…。

 

 

釣りたい

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク