18ディアルーナ(S96ML)に合うリールを考える

スポンサーリンク




ろくに釣れてないから、

あくまで、使い勝手上の話ね。

 

 

 

 

私が18ディアルーナ(S96ML)に合わせているリールは

さて、最近よく使っている18ディアルーナ(S96ML)。

 

 

私はこのロッドに20ツインパワー(4000XG)を合わせていて、

堅牢なボディ、メタルローター特有の巻き心地に大満足しているわけです。

 

…が、正直言って、このリールだと手元がちょっと重い

 

 

いや、十分軽いんだけど、

 

 

 

 

試しに、小さい番手のリール(ヴァンフォードC3000HG)を合わせた時に、

 

軽量リールってこんなに楽なの!?

って驚いたことがあったので、

 

軽量をウリにしたリールもいいもんなんだな、と思っているわけです。

 

 

 

 

18ディアルーナの良さを活かすには、軽量リールをお勧めしたい

18ディアルーナの良さと言えば、軽さ

 

96ML(9.6フィート)で、僅か135g

しかも、ブランクが軽さからくる、先重りしづらい重量バランスもGood

※エンカウンターS96MLと持ち比べたら、先重り感がかなり違いました。

 

 

となると、18ディアルーナの良さをさらに活かすには、

軽量リールを合わせた方がいいんだろうな、と思った次第です。

 

 

 

実際に、ツインパワーとヴァンフォードを付け比べてみると、

・長時間使った時の疲労感

・ロッドアクションのやりやすさ

・キャスト時のスイングスピードの向上

 

といった部分で、違いを感じられた(軽量リールのメリットを感じた)ので、

個人的には、18ディアルーナには軽量リールを合わせることをお勧めします。

 

 

 

 

18ディアルーナにお勧めのリールは?

20ヴァンフォード(4000XG)

※写真は4000MHG

 

 

4000番ボディ+大きいギア

でも軽量(215g)

ゆとりのあるラインキャパ、

そしてカッコいい。

 

 

価格帯的にも、ディアルーナに丁度いいかと。

 

というか、「シーバス狙いに使うならこれでしょ」っていうくらい好き。

 

 

ちなみに、シーバス用としては3000MHGという選択肢もあるけど、

PE1号-190mのラインキャパが不満なので、個人的にはチョイスしないかな。

 

 

 

 

ツインパワーも、もちろんいいリールなんだぞ

使えば使うほど、「ヴァンフォードってすげぇなぁ…」って思ってしまうけど、

ツインパワーも凄いんだぞ。

 

 

なんせ、堅牢さからくる安心感はツインパワーの方が圧倒的に大きい。

だから好きですツインパワー。

 

私の場合、釣り具を極力増やしたくないので、

シーバスから青物狙いの釣りまで一つのリールでこなせるように、20ツインパワーを愛用してるわけです。

 

 

 

軽量さと堅牢さ、どっちを取るかっていうのは好みの問題になるけど、

 

・シーバス狙いで

・軽量ロッド(18ディアルーナ)に合わせる

という条件なら、20ヴァンフォードがお勧めだよってことでよろしく。

 

 

 

 

…まあ、シーバス用リールで真の最強は、

軽量×ハガネボディの19ヴァンキッシュやけどね。

 

 

 

ヴァンキッシュたっけぇ…。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク