【タイヤ交換】アクセラスポーツ(15S Touring)の新しいタイヤに悩む

スポンサーリンク




いつの間に、タイヤは擦り減ってたんだろう…。

 

アクセラのタイヤ交換が近くなってきたので、候補になるタイヤ探し。

 

 

 

 

アクセラスポーツ(15S Touring)のタイヤを交換せねば

インチアップと同時にタイヤを新調して、早何年?

アクセラスポーツをインチアップ〜あえての17インチ化〜

 

 

先日の車検で、タイヤの溝が残り3.2mmというツッコミを受けたので、

そろそろタイヤ交換を考えようかなと。

 

そこでまず考えたのが、

 

今の17インチでいくのか、

 

 

それとも純正ホイール(16インチ)に戻すのかという点。

 

インチアップした当初は、あまりのハンドルインフォメーションの無さから、少しでも低扁平率のタイヤをと思って17インチ化したんですが、

 

よくよく考えたら、扁平率云々の前に、純正タイヤの銘柄(トランザ)が問題ということが濃厚になったわけです。

 

 

あと、純正タイヤが実家の倉庫の肥やしになっていたり、

17インチのホイールを売っ払って、少しでもタイヤ代の足しにしようかなーという考えも出てきたんで、

いっそ純正に戻す方向で考えようかと思います。

 

 

 

 

アクセラスポーツ(15S Touring)に合うタイヤは…

まず、アクセラの純正タイヤサイズは、

205/60/R16 92V

 

60扁平のくせに、速度記号がVなのね…

 

ということで、アクセラに合うサイズがあるタイヤの中で、

これ良いんじゃない…?と思うタイヤを、各メーカー(国産)から1本ずつチョイスしてみようかと。

 

 

 

 

ブリヂストン Playz (PXⅡ)

・ラベリング:転がり抵抗 A、ウェットグリップa

・ネット参考価格:60,000円前後(4本)

 

※画像出典:ブリヂストンHP

 

BSからは、Playz PX-Ⅱ

 

タイヤの外側は硬く、内側はしなやかに。

疲れにくいタイヤというキャッチコピーでお馴染みですが、私が気になるのはグリップ性能

 

というのも、車遊びをしていた頃から、

「Playzはハイグリップスポーツ」

という、半分冗談・半分本気の話をよく聞いてたんですよね。

 

なので、運動をなるべく落したくないアクセラ履かせてみたな、と。

 

ただ、ネックになるのはお値段かな…。

 

 

 

 

ダンロップ LE MANS(ルマン) V

・ラベリング:転がり抵抗 AA、ウェットグリップ b

・ネット参考価格:45,000円前後(4本)

 

若干消去法な選択になりましたが、

ダンロップからはLE MANS(ル・マン)V。

 

車遊びをしていた時は、比較的リーズナブルなディレッザシリーズにお世話になってましたが、

街乗り車に合わせるタイヤとなると、ル・マンかなー、と。

 

ビューロは高いし、エナセーブだとなんか物足りない。

 

特殊吸音スポンジがどれほど効果があるか気になるけど、うーん…。

 

 

ダンロップは好きだけど、今の私には、コレ!という突き刺さるポイントが薄いかもしれない。

 

 

 

 

トーヨータイヤ トランパスmpZ

・ラベリング:転がり抵抗 A、ウェットグリップ b

・ネット参考価格:35,000円前後(4本)

 

一応、ミニバン用タイヤとはなってるけど、別にミニバン以外が履いても問題ない。

 

というか、ネット上ではかなり評判が高いのよね、このタイヤ。

 

特に、ハンドリングレスポンスの良さを謳ったレビューが多いのがちょっと驚き。

 

 

 

私もDRB(廃盤品)に何回もお世話になってますが、特に不満もないし、トーヨー対しても結構良いイメージを持ってます。

 

そういえば、プロクセスR1R(通称:消しゴム)にもお世話になってたな。

 

 

お値段も安いし、性能もなかなか高いし、

トランパスmpZは、現段階で第二位希望選手になってます。

 

 

 

 

ヨコハマ BlueEarth-GT AE51

・ラベリング:転がり抵抗 AA、ウェットグリップa

・ネット参考価格:46,000円前後(4本)

 

第一位希望選手

 

GTって付くと、なんかカッコいいよね。

BlueEarth-Aの後継らしいけど、上手い名前を付けたもんだ。

 

 

というのは置いておいて、このタイヤがかなり気になる

 

 

そこそこのお値段で、転がり抵抗は低いし、ウェットグリップ性能も高い。

 

タイヤの幅を205→215に変えたら燃費が1割少々悪くなっちゃって、

「タイヤの影響力ってデカいよな」

と実感した身としては、やっぱり転がり抵抗が低い方がありがたい。

 

 

さらに、BlueEarth-GTって、ここに挙げたタイヤの中で唯一、205/60/R16の速度記号が「V」なんですね。

ここも気に入ったポイント。

※他のタイヤは、速度記号「H」

 

一応、純正タイヤと同じ「V」に合わせたいっていうのもあるから、この価格帯のタイヤで「V」になのはありがたい。

 

 

そこそこリーズナブルで、走りが楽しめそうで、燃費の向上が期待できそうで、ウェットグリップも高い。

あと、メーカーのCMキャラクターが深キョン

 

 

交換するならこのタイヤになる気がします。

 

 

 

 

タイヤは早めに交換しようと思います

今の溝の残量が3.2mmということは、猶予はあと1.6mm分。

 

たぶん、気づけばあっという間にすり減ると思うんで、早め早めに交換しようかと。

安全性を考えるなら、スリップサインが出る前に交換した方がいいしね。

 

 

ちなみに、交換はネット購入→持ち込み交換を検討中。

 

ヤフーショッピングとかだと、たまに割引クーポンが出たりするんで、

なるべくお得なタイミングを狙ってみます。

 

 

とりあえず純正タイヤに戻して、17インチをオークションサイトに出すかな。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク