シマノ製リール C3000番と3000番の違いとは?

スポンサーリンク




以前、シマノリールのC3000番について書きましたが

シマノ製リールの話 〜C3000番とは何だ〜

 

今回はそれに関連して、C3000番と3000番の違いについて書いてみようかと。

 

 

 

シマノ製リールのC3000番とは?

前にも書きましたが…

2500番ボディ+2500番系ローター+3000番スプール(2500番系深溝)

=C3000番

ということ。

 

つまり、C3000番と言いつつも、ボディとローターは2500番なわけです。

それに伴って、ギアサイズも2500番と同じになります。

 

ちなみに、C3000番スプールは2500番スプールに比べると…

・ラインキャパが増える

・ドラグが強くなる

という差が出てきます。

 

なので、より太いラインを使って、大物に臨めるというわけです。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

シマノ製リールの3000番とは?

4000番ボディ+2500番系ローター+3000番スプール(2500番系深溝)

=3000番

となります。

 

つまり、4000番ボディに2500番のコンパクトなパーツを組み合わせたキメラ的番手なわけです。

 

 

 

 

3000番のメリットは?

強いボディ×強いギア×軽量

という、素敵な式が出来上がります。

 

・小~中型青物にも対応できるボディサイズ(4000番)になる

ボディ剛性が上がる

 

・ボディが4000番になるということは、ギアサイズも4000番になる

大きなギアでの力強い巻き上げが可能になる

 

・ローターとスプールは2500番系になる

⇒4000番に比べて、トータルの重量が軽くなる

 

という感じでしょうか。

 

 

 

参考:それぞれの番手の重量を比べてみよう

さて、それじゃあどれくらいの差ががあるのか、

19ストラディック、20ツインパワー、18ステラを例に比べてみましょう。

番手 19ストラ 20TP 18ステラ
C3000番 225g 215g 215g
3000番 245g 230g 230g
4000番 280g 255g 255g

 

と、3000番はC3000番と4000番のちょうど真ん中くらいの重量になってますね。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

2500番・C3000番・3000番は、スプールの互換性があるぞ

今まで書いたことからお察しかとは思いますが

2500番・C3000番・3000番は、スプールの互換性があります。

 

なので、どれか1つのリールをを持っておいたら、替えスプールがあれば幅広い釣りに対応できます。

2500S:PE0.6号が200m

C3000:PE2号が200m

3000M・C3000M:PE1号が190m

これらのスプールが使い回せますよ。

 

 

 

 

汎用性が高いのは…

どちらも使い勝手のいい番手なんですが、よりオールマイティなのはC3000番のようですね。

シマノのHPでも、「参考対象魚:バーサタイル」とされてますし。

 

 

逆に、3000番はシーバス特化型の番手って感じかな。

エクスセンスシリーズにもラインナップされてますし。

 

個人的には、3000番って結構面白い番手だと思うんですが…

8フィート台で軽量なシーバスロッドとかに合せると、良い感じにのバランスになる気もするんですけどね。

 

 

 

まあ、いろいろと書きましたが…

C3000番は2500番の流れ

3000番は4000番の流れ

にあるよってことが分かってもらえたらOK。

 

リール選びのご参考に。

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク