シマノ製リールの製造年月の確認方法【リールの丸いシールの意味】

スポンサーリンク




シマノのリールに貼ってあるこの丸いシール

 

QK-Pと書いてある丸いやつ

 

そういえば、何なんこれ???って思ったので調べてみました。

 

 

 

 

製造年月と製造場所(国)がわかるらしいぞ

どうやら、このアルファベットは、リールの製造年月と製造国を表しているようです。

 

 

スポンサードサーチ

最初のアルファベットは

製造年を表します。

 

2002年をAとして、

2003年→B

2004→C

……

といった感じ。

写真の場合、「Q」→2018年製になりますね。

 

 

 

2つ目のアルファベットは

製造月を表します。

 

1月をAとして

2月→B

3月→C

……

12月→L

 

という感じ。

写真の場合は「K」→11月ということになります。

 

 

 

 

3つ目のアルファベットは

製造国を表します。

 

シマノの場合、国内工場(堺工場)と、マレーシア工場がありますので、これらの製造国ごとにアルファベットが振り分けられています。

 

S→国内工場

P→マレーシア工場

 

という感じ。

写真だと「Q」なので、マレーシア製ですね。

 

というか、C2000Sの下にMalaysiaって書いてますけどね(笑)

 

ちなみに、Made In JAPAN表記のツインパワーXDの場合、丸いシールの3つ目のアルファベットはやはり「S」でした。

 

 

ということで、シマノ製リールに関する小話でした。

 

あまり注意してみることのないシールだと思いますが、たまにはお手元のリールをまじまじと見てみてはいかがでしょう。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク