フロアジャッキはケチると後悔するぞ【コンパクトジャッキはやめておけ】

スポンサーリンク




さて、自宅や走行会などでタイヤ交換をする際には、フロアジャッキが必要になりますね。

 

今回は、私が安いジャッキを買って後悔したお話をば…。

 

 

 

 

安いジャッキを買ったら、危ないし不便だしで後悔した

私が最初に買ったジャッキは…

↑のようなコンパクトタイプのやつでした。

 

これはこれで持ち運びには便利だったんですが、それ以外は不便すぎて…(;´Д`)

 

 

 

 

スポンサードサーチ

不便ポイント①:リフト量が足りない

こういうジャッキだと、アームの部分が短いため、そもそもリフト量が足りません

 

リフト量限界まで使って、なんとかって感じ。

フィットのリアを上げる時とか、ジャッキの上にスペーサー噛ませて、限界まで持ち上げて…

 

それでもなんとかウマが掛けられるかな、っていうレベルでしたからね(苦笑)

 

今考えたら、結構デンジャラスなことしてました(-_-;)

 

 

 

 

アームとハンドルが短いから、車を持ち上げにくい

最近の車ってのは、ジャッキアップポイントが結構奥の方にあります。

 

FF車だと、エンジンやミッションの下くらいになるのかな。

 

となると、こういう短いジャッキだと、奥のほーーーーうまで押し込んで、

車の下に腕を伸ばしてジャッキを操作するようになるんですわ。

 

しかも、地面と車の間が狭いから、かなり細かいジャッキ操作を余儀なくされて、持ち上げるのもしんどいという…(;´Д`)

 

作業効率悪いね。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

油圧バルブがピーキーで危ない

一番の問題はこれかな。

 

小さいジャッキの場合、ジャッキを下ろす時の油圧バルブがかなりピーキーでした。

 

バルブをゆーーーーーくり操作しても、

問答無用でガタンッ!!!とジャッキが下ります。

 

となると、ウマの上に車がガタンッ!!!と落ちます。

 

車にも悪いし、心臓にも悪い。

下手したら、怪我の危険性もあるからね。

 

これは毎回ヒヤヒヤしながら使ってました。

 

 

 

 

思い切って大きいジャッキ買ったら、全部解決したぞ

そんなモヤモヤを抱えて、

 

ええい、大きいジャッキ買ってやれ!!!!

と思って買ったのがこちら。

 

 

アストロプロダクツの2トンジャッキ(ローダウン対応品)

これ、リーズナブルだけどしっかり使えるからオススメ。

 

さて、そんなジャッキの素敵ポイントをば…。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

アームが長いのが素敵

真上から見てみると、コンパクトジャッキに比べて結構アームが長いのがわかるかと。

 

 

 

リフト量もかなり違います。

 

このおかげで、ジャッキにスペーサーを噛ませたりしなくても、車を楽々持ち上げることができるようになりました。

 

小さいジャッキをマックスまで上げるのって、結構怖かったからね…(;´∀`)

余裕って大事。

 

 

 

 

ハンドルが長いのが素敵

アームの長さもそうですが…

ハンドルがかなり長いです。

だいたい、110cmといったところかな。

 

ジャッキのハンドルとアームが長くなることで、車の奥にあるジャッキアップポイントにもアクセスしやすくなりました。

車の奥まで入れても、ハンドルが車の下から出てくるので、ジャッキアップ操作も楽々。

 

ちなみに、ハンドルの下の方(バンパーに当たるところ)にはスポンジが巻かれているので、バンパーに傷が付きにくくなってます。

嬉しい気遣い(笑)

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ジャッキの安定感が素敵

2トンジャッキになると、コンパクトジャッキに比べるとかなりどっしりした安定感があります。

 

※同じ写真貼ります

ジャッキ自体が大きいし、車輪の幅も大きくなるので、かなり安定感が増します。

 

 

 

車を載せる皿の部分が大きくなるので、持ち上げた車の安定感も段違い。

 

コンパクトジャッキの皿が凹型になっている(縁で支えるような構造)になっていたのに比べて…

2トンジャッキは皿にゴムが敷かれていて、車をしっかりと面で支えられるようになっているのも大きな違いです。

 

安全で快適な作業に一役買ってくれました。

 

 

 

 

バルブをゆっくり操作できるのが素敵

この2トンジャッキは、ハンドルを反時計回りに回す(捻る)ことで、油圧バルブを緩められるのですが、

コンパクトジャッキに比べて、かなり細かくバルブ操作ができます。

 

このジャッキに変えてからは、車がガタンッ!!!と落ちることはなくなったかな。

 

車にも心臓にも優しくなりました(笑)

 

 

 

 

ジャッキはケチらない方がいいぞ

・自宅で車の整備をする

・サーキットなどで自分でタイヤ交換をする

・ジャッキの保管場所が確保できる

 

っていう人は、ぜひ大きいジャッキを買った方がいいと思います。

 

コンパクトジャッキに比べてお値段はしますし、持ち運びはやや不便になりますが、

作業の効率と安全性は圧倒的にあがります。

 

コストパフォーマンスを考えたら、私は大きいジャッキのほうが満足度が高いと感じました。

 

ちなみに、デミオのトランクに押し込んで持ち運びもしてたんで、出先での使用も問題ないと思います。

※サーキット行ったら、ほとんどの人が大きめのジャッキ使ってますしね。

 

 

ちなみに、アストロプロダクツの2トンジャッキは19,000円少々しましたが、

セールのタイミングでお店をに覗いたら、更に3,000円ほど安くなってたかと思います(チクショウ!)。

 

 

急ぎでない方は、セールのタイミングを狙ってみるのもいいかと思います。

 

 

あと、ジャッキ使う時はちゃんとウマ(ジャッキスタンド・リジットラック)を使いましょう。

これ使わないと、下手したら死ぬぞ。

 

 

ご安全に。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク