簡単にインプレ ストラディックCI4+ C2000S

スポンサーリンク




さて、久々に釣具のインプレでも書いてみようかと。

 

今回は、私がライトゲームで使っているストラディックCI4+について。

 

 

 

 

全体のデティールなど

ストラディックCI4+の全体像ですが…

 

ガンメタボディに、赤/黒のスプール。

写真では判りにくいですが、ボディには赤いラメが入ってます。

 

控えめに言って…めちゃくちゃカッコイイ。

 

 

 

反対側からも。

 

 

 

ベールはワンピースベールが採用されていて、通常のベールに比べてライントラブルも起きにくくなっている…と思います。

 

サハラやアルテグラのラインローラーでも、ラインの挟み込みトラブルは起きたことがないんで、性能差はよくわかりませんが…

 

見た目は綺麗よね(笑)

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ストラディックCI4+巻き心地など

残念ながら、私のリールは若ッッ干ジリジリジリ…という巻き心地ではありますが、実釣するうえでは何の問題もありません。

 

ヴァンキッシュやステラなどのMMギア採用機には敵いませんが、巻き心地は十二分にスムーズで快適。

 

 

 

マグナムライトローラーの効果も、ハッキリと感じ取れます。

 

無印ストラディックと比べて、巻く・止めるの動作がよりクイックです

 

ここは好みや用途も関係するところではありますが、ライトゲームをやるうえでは(私)は軽い巻き心地の方が好みですね。

 

 

 

 

ライトゲームで使ってる番手は

C2000Sです。

 

ライトゲームをやるうえでは、私は1000番よりもC2000番の方が好みですね。

0.4号までのPEラインや、4lbくらいのナイロンラインを巻いて、5g少々のルアーを投げたりするもんで、ラインキャパに余裕のあるC2000番を使ってます

 

 

 

 

スポンサードサーチ

どんな用途にオススメしたいか

ライトゲーム〜エギング…かな?

 

このリールの強みといえば、本体の軽量さと、巻きに軽さじゃないかと。

 

となると、1000番〜C3000番までのサイズを使う釣りが、このリールの長所を活かせるんじゃないかな。

 

 

軽いロッドに合わせるアジングやメバリング、また、ロッドをしゃくり続けるエギングにはドンピシャな感じがします。

 

逆に、ライトショアジギングで青物狙ってやるぜ!といったハード目の釣りには、あえてこのリールを使う必要はあるのかな…っとは、個人的に思います。

 

4000番台までラインナップされてますが、自分がショアジギやるんなら、ストラディックとか、ストラディックSWとか、HAGNEボディを採用した、強さに重点を置いたリールを選ぶかなって感じ。

 

もちろん、クイックレスポンスが好き、デザインが好き、軽いリールが好きっていう理由で、このリールの大きめの番手を選ぶのもありだとは思いますので、その辺はお好みで…。

 

 

 

 

とにかく、軽めの釣りにはオススメのリールです

クイックレスポンスシリーズの巻の軽さは、コアソリッドのそれとは全く異なります。

 

このリールを使ってみて、軽いリグを操作するうえで、巻く・止めるをキレ良くできるってのはメリットになると感じました。

ややお値段の張るリールではありますが、ライトゲームが好きな方は使ってみてはいかがでしょう。

 

 

「ヴァンキッシュ要らず」とまでは言いませんが、釣りをする上では必要十分以上の性能を秘めたリールだと思ってます。

 

 

 

ざっとした感じかつ、個人的な意見ではありますが、参考になれば幸いです。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク